【SPYAIR】『SPYAIR ARENA TOUR 201
6-2017「真冬の大サーカス」』2017年
1月21日 at 国立代々木競技場 第一体
育館

撮影:鳥居洋介、中島未来/取材:榑林史章

 ホーンセクションを交えた軽快なジャズテイストのテーマソング「C!RCUS」で幕を開けた『真冬の大サーカス』。花道にはピエロ風の衣装を着たダンサーがずらりと並び、IKE(Vo)はシルクハットに蝶ネクタイで、サーカス団長といった雰囲気。「OVERLOAD」ではIKEとUZ(Gu)がフライングで登場してファンを湧かせたほか、恒例となったIKEとUZの歌い手VSラップの対決では、パンダVSオオカミの対決に置き換えて盛り上げる。さらに、SPYAIRの楽曲をアコースティックカバーするユニット“キャンプファイヤー”も登場。MOMIKEN(Ba)による芸人のサンシャイン池崎の全力モノマネも炸裂して会場は大爆笑になった。この日は新曲を2曲披露。“新曲の中で一番派手で、ファイナルに相応しい曲。ドカンドカンやって、イエーって無条件で身体が動いて楽しめる。上手く説明できないから、聴いてもらうのが一番”と、まずはひとつ目の新曲を。パワフルでストレートな楽曲で、落ちサビからの高揚感が抜群。SPYAIRらしさ全開のナンバーに、観客も手を挙げて盛り上がった。もう1曲の新曲「Be with」は、ピアノのイントロで始まる、スケールの大きなバラードナンバー。“みなさんとともに切り拓いて行く未来のために作った”とIKE。ともに歩み続けることの意味を歌った歌詞と、ビリビリと響く声が心を鷲掴みする。力強く真っ直ぐな音に、観客は静かに聴き入っていた。魅せて聴かせて楽しませる、SPYAIR流のショーアップされたステージ。次はどんなものを観せてくれるのか? 夏の富士急に期待が高まるものになった。

セットリスト

  1. C!RCUS
  2. EZ Going♬
  3. アイム・ア・ビリーバー
  4. Last Moment
  5. 現状ディストラクション
  6. Rock’n Roll
  7. JUST ONE LIFE
  8. 新曲
  9. サクラミツツキ
  10. Be with
  11. WENDY〜It’s You〜(キャンプファイヤー)
  12. OVERLOAD
  13. Trust your anthem
  14. Supersonic
  15. 4 LIFE
  16. ファイアスターター
  17. RAGE OF DUST
  18. ジャパニケーション
  19. イマジネーション
  20. THIS IS HOW WE ROCK
  21. <ENCORE>
  22. サムライハート(Some Like It Hot!!)
SPYAIR プロフィール

スパイエアー:2005年結成。10年8月にシングル「LIAR」でメジャーデビュー。東京ドームでのステージをバンドの次なる目標に掲げ、新たなるフィールドに挑んでいく、いわば“戦への狼煙上げ”となる第一弾シングル「THIS IS HOW WE ROCK」を16年7月にリリース。同年11月に発表した“戦い”をテーマにした「RAGE OF DUST」はTVアニメ『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』第2期OPテーマとして大きな話題を呼び、ロングセールスを記録。17年8月にはオトナの土ドラ『ウツボカズラの夢』主題歌でもある「MIDNIGHT」をリリースした。SPYAIR オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』

新着