【BUCK-TICK】『TOUR アトム 未来派
No.9』2016年12月29日 at 日本武道

撮影:田中聖太郎/取材:帆苅智之

 ステージ中央後方に設置されたオブジェにプロジェクションマッピング的に映像が映し出されてライヴはスタート。無国籍感漂うミディアムグルーブの「cum uh sol nu -フラスコの別種-」から、スピーディかつパンキッシュな「PINOA ICCHIO - 躍るアトム」、4つ打ちダンスチューン「美 NEO Universe」と畳み掛けていく。オープニングから繰り広げられる圧倒的な音世界。樋口豊(Ba)&ヤガミ・トール(Dr)のリズム隊がボトムを支え、今井寿(Gu)&星野英彦(Gu)のツインギターがサウンドを彩り、その上に櫻井敦司(Vo)のヴォーカルが鎮座する。スタイルこそ真っ当なロックバンドのそれだが、いざ音が出ると、我々が知るロックバンドのどれにも似ていない、“BUCK-TICK”としか言いようがない世界が広がっていく。

 以降、過去の楽曲は「Baby, I want you.」「MY FUCKIN' VALENTINE」「メランコリア-ELECTRIA-」の3曲のみで、鳴らされるのは最新アルバム『アトム 未来派 No.9』収録曲。ラストでは「Cuba Libre」「曼珠沙華 manjusaka」「愛の葬列」とタイプは異なる楽曲を連ねながらも、会場全体を妖艶な色に包んでいく様子はまさに圧巻だった。17年連続の同日開催となった恒例の12月29日の日本武道館公演。代表曲を散りばめたイベント色の強いライヴになったとしても不思議ではない。しかし、彼らはあくまでも新作の世界を構築することを貫いた。そのロックバンドとしての矜持に敬意を表したい。回顧も懐古もなく、結成からここまでの間、常にアップデートし続けてきたからこそのBUCK-TICKである。それを痛感させられた夜だった。

セットリスト

  1. cum uh sol nu -フラスコの別種-
  2. PINOA ICCHIO - 躍るアトム -
  3. 美 NEO Universe
  4. Baby, I want you.
  5. MY FUCKIN’ VALENTINE
  6. El Dorado
  7. 樹海
  8. メランコリア -ELECTRIA-
  9. DEVIL’S WINGS
  10. BOY septem peccata mortalia
  11. FUTURE SONG -未来が通る-
  12. THE SEASIDE STORY
  13. Cuba Libre
  14. 曼珠沙華 manjusaka
  15. 愛の葬列
  16. <ENCORE1>
  17. キラメキの中で…
  18. 見えない物を見ようとする誤解 全て誤解だ
  19. 無題
  20. <ENCORE2>
  21. 天使は誰だ
  22. 形而上 流星
  23. ROMANCE
  24. NEW WORLD - beginning -
BUCK-TICK プロフィール

バクチク:1987年にメジャーデビューを果たし、以降メンバーチェンジすることなく、日本のロックシーンの第一線で活躍し続ける。不動であり孤高であるその姿は、後続するアーティスト達にも多大な影響を及ぼしてきた。89年にリリースされた3rdアルバム『TABOO』でチャート第一位を獲得、デビュー後わずか2年の間に日本武道館、東京ドームと席巻し、名実共にトップアーティストの仲間入りを果たす。その後も独特なポップセンスとダークな世界観を深く掘り下げていく一方で常にその時代の先鋭的な要素を積極的に取り入れ、まさにBUCK-TICKでしか成し得ない独自の音楽性を提示しながらも、今なお進化し続けている。BUCK-TICK オフィシャルHP
Lingua Sounda LABEL SITE
BUCK-TICK オフィシャルYouTubeチャンネル
BUCK-TICK 35周年ティザーサイト

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』

新着