【lyrical school】『lyrical schoo
l tour 2016 “guidebook”』2016年
12月29日 at Zepp Tokyo

撮影:沼田 学/取材:土屋恵介

 アルバム『guidebook』を引っ提げての全国ツアーファイナルがZepp Tokyoにおいて開催された。ツアー中に初期メンバーのayaka、ami、meiが2月末で卒業し、その後はminan、himeが中心となって新体制で活動していくという驚きの発表があったが、5人は不安要素を吹き飛ばすようなライヴを観せてくれた。

 ライヴはアルバムの世界観を軸に、「GOLDEN」からパワフルにスタート。ダンサーを交えた「brand new day」や、「FRESH!!!」「サマーファンデーション」などのサマーチューンで会場の熱気をさらに上げると、「マジックアワー」「ひとりぼっちのラビリンス」といったスローチューンで切ないムードを醸し出す。楽曲のカラーをブロックごとに分け、物語が進んでいくように展開するステージングに、観客もグイグイと引き込まれていく。「おいでよ」「プチャヘンザ!」で観客をさらにヒートアップさせると、アルバムの最後を飾る「RUN and RUN」、初期の名曲「photograph」で本編が終了。

 そして、アンコール。リーダーのayakaが卒業の話題に触れ、2月26日に新宿BLAZEに現メンバーでのラストライヴを行なうことを告げる。minanが“これからも私たちにいっぱい会いに来てください!”と声にすると、会場は大歓声に包まれた。「PARADE」「ワンダーグラウンド」を力いっぱいパフォーマンスしライヴはフィニッシュとなったが、そこには悲しいムードは一切ない。リリスクのライヴ巧者ぶりを存分に発揮した、5MCの気合の詰まったライヴだったと言える。

セットリスト

  1. GOLDEN
  2. プレイルーム
  3. 流れるときのように
  4. おしえて
  5. DO IT NOW!
  6. Maybe Love
  7. brand new day
  8. そりゃ夏だ!
  9. FRESH!!!
  10. サマーファンデーション
  11. wow♪okadada remix
  12. Avec Summer
  13. マジックアワー
  14. ひとりぼっちのラビリンス
  15. P.S.
  16. リリシスト
  17. もし
  18. 恋わずわず
  19. おいでよ
  20. プチャヘンザ!
  21. ラストソング
  22. RUN an RUN
  23. photograph
  24. <ENCORE>
  25. わらって.net album version
  26. リボンをきゅっと
  27. PARADE
  28. ワンダーグラウンド
lyrical school プロフィール

リリカルスクール:2010年に結成された、ガールズラップのパイオニアグループ。結成当初は清純派ヒップホップアイドルユニット“tengal6”として活動し、ネットニュースを賑わす存在に。12年にタワーレコードのアイドルレーベル・T-Palette Recordsに移籍し、それを機にユニット名を“lyrical school”に改名。16年4月にシングル「RUN and RUN」でメジャーデビューを果たすと、同年5月には初主演映画『リリカルスクールの未知との遭遇』を劇場公開した。lyrical school オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着