【Shout it Out】『Shout it Out EP
リリース記念ワンマンライブ~これか
ら~』2016年12月26日 at 新宿LOFT

撮影:木場ヨシヒト/取材:山口智男

 EP『これからと夢』のリリース記念ワンマンライヴは、山内彰馬(Vo&Gu)と細川千弘(Dr)の新体制になったShout it Outが、“それでも前に進むんだ”という決意を改めてファンにアピールする絶好の機会となった。ライヴは、そんな思いを込めた『これからと夢』収録の「DAYS」でスタート。そこから間髪入れずに「あなたと、」につなげると、サポートのふたりも含め、全員でシンガロングを重ね、演奏は一気に白熱。山内が声を振り絞るように歌う言葉を必死に受け止めようとぎゅうぎゅう詰めのフロアーから無数の手が伸びる。細川が破顔一笑。ライヴを観るたび、どんどん良くなっている。以前よりも演奏を前に飛ばせるようになったせいか、曲の魅力、演奏技術がさらに際立ってきた。若干の粗は気になるが、20歳になったばかりの若いバンド。そこは長い目で見てあげたい。序盤、アップテンポかつアンセミックなロックナンバーで飛ばしたあとは、「花になる」などじっくりと聴かせる曲を多めに演奏して、ただがむしゃらなだけのバンドでないことと、ダンサブルな「星降る夜に」をはじめ、実はいろいろな曲を書けることをアピール。そんなセットリストも観るどころのひとつだった。目標と言うよりも夢だったという念願の新宿LOFTでの初ワンマンがこのタイミングでソールドアウトになった意味は大きい。アンコールでは3月8日に1stフルアルバム『青年の主張』のリリースと全国ツアーを行なうことを発表。そして、『青年の主張』からその表題曲を、早速この日バンドの再出発を祝福するために足を運んだファンに初披露。ダメ押しで盛り上げた。

セットリスト

  1. DAYS
  2. あなたと、
  3. 生きている
  4. 影と光
  5. 風を待っている
  6. 雨哀
  7. 列車
  8. 君はまた夢を見る
  9. ハナウタ
  10. 星降る夜に
  11. 花になる
  12. トワイライト
  13. 新曲(タイトル未定)
  14. これからのこと
  15. 若者たち
  16. 逆光
  17. 17歳
  18. 青春のすべて
  19. <ENCORE>
  20. 青年の主張
  21. 光の唄
Shout it Out プロフィール

シャウト・イット・アウト:2012年4月、高校の軽音楽部のメンバーで結成。地元である大阪府堺市を拠点に活動中。15年の『未確認フェスティバル2015』では3,254組の中からグランプリを獲得。16年7月にシングル「青春のすべて」でメジャーデビュー。同年9月にメンバーの脱退があり、山内と細川のふたり体制に。18年7月から8月にかけて行なう初のワンマンツアーをもって解散することを発表している。Shout it Out オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』

新着