【Suara】『うたわれるもの SUPER L
IVE 2016』2016年12月19日 at 川崎
CLUB CITTA'

撮影:福富雅士/取材:清水素子

 2002年のPCゲームに始まり、アニメ化やシリーズ作の制作が重ねられてきた『うたわれるもの』。その15年近くに及ぶ歴史の中で生まれた楽曲を全て披露するという文字通りの“スーパーライヴ”が実現したのは、2006年のTVアニメ以降、大半の主題歌や挿入歌を担ってきたSuaraの存在あってこそだろう。通常のバンド編成にバイオリン、和太鼓、篠笛まで加えたサウンドをベースに、原始的で神秘的な物語世界を何より忠実に具現化するのは、Suaraのふくよかにして透明感ある歌声。彼女の新境地を拓いた勢い満点のナンバー「不安定な神様」での幕開けからフロアを熱狂させる一方、やさしく儚いバラードの聴き応えも十二分で、Suaraの歌もまた『うたわれるもの』の歴史を作り上げてきた一要素なのだと思い知らされる。

 和太鼓が重々しく鳴り響きストリングスと篠笛が哭き叫ぶ「永久に2016」の荘厳な響きが場内を震わせると、中盤ではヒロイン・エルルゥを演じる柚木涼香とクロウ役の小山剛志もゲストとして登場。それぞれの持ち歌を披露した他、柚木&Suaraで上原れなの「夢のつづき」をデュエットでカバーして“かわいい”と“麗しい”の相乗効果を爆発させたり、シリーズ唯一のコミックソングとも言える「真・うたわれるもののテーマ」を3人とフロアでコール&レスポンスする場面も! 合間のMCで小山がお決まりの左乳首を出したり、とんでもないセクハラトークが飛び出したのもご愛敬か(笑)。しかし、和やかムードも重厚な「ヌエドリ」から一転。雄大かつ繊細、優美かつ剛健な幻想世界に観る者をグイグイと惹き込み、拳振り上がるアッパーチューンで一体感を高め、本編ラストの「キミガタメ2016」では愛する人への永久の祈りを気高く詠唱して、場内を完全なる『うたわれるもの』ワールドに染め変えてしまう。アンコールではシングルにもなった人気のアニメオープニング曲を疾走感たっぷりに届け、最終章を発表したばかりのシリーズのフィナーレを華やかに演出。最後に再び歌われた「不安定な神様」での“また会えるその日まで”という約束が、いつの日か叶うことを心待ちにしたい。

セットリスト

  1. 不安定な神様
  2. 君だけの旅路
  3. adamant faith
  4. まどろみの輪廻
  5. 夢想歌 2016
  6. 恋夢
  7. 永久に 2016
  8. 麗しき世界
  9. 運命-SADAME-/柚木涼香
  10. 夢のつづき/柚木涼香&Suara
  11. 僕だけの旅路/小山剛志
  12. 真・うたわれるもののテーマ/小山剛志with柚木涼香&Suara
  13. ヌエドリ
  14. 星降る空仰ぎ見て
  15. ユメカウツツカ
  16. 星灯
  17. 夢想歌
  18. キミガタメ 2016
  19. <ENCORE>
  20. 天かける星
  21. 不安定な神様
Suara プロフィール

スアラ:学生時代からバンド/ユニットを組み、精力的にライヴ活動を行なう。2005年9月に「睡蓮-あまねく花-」でデビュー。TVアニメ『ToHeart2』のエンディングテーマ「トモシビ」、同じくTVアニメ『うたわれるもの』のオープニングテーマ「夢想歌」を歌うなど、その歌声がアニメ・ゲームファンをはじめとする広い層に届き、注目を集める。10年から香港・韓国などでライヴを行ない、韓国や台湾でもCDを発売するなど、ワールドワイドな広がりをみせている。“Suara”とはインドネシア語で“声”を意味する。Suara オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。