【米津玄師】『米津玄師 2016 TOUR
/ はうる』2016年12月8日 at Zepp T
okyo

撮影:中野敬久/取材:森 朋之

 全国ツアー『米津玄師 2016 TOUR / はうる』最終日となるZepp Tokyo公演。映画『何者』の主題歌「NANIMONO (feat. 米津玄師)」の歌唱、自身初の単行本『かいじゅうずかん』の発売など活動の幅を大きく広げ続けている米津は、ライヴにおいても格段の進化を遂げていることを証明してみせた。

 スタートは最新シングルの収録曲「ナンバーナイン」。シンセベース、打ち込みのリズム、生のドラム、ギターを融合させたサウンドの中で彼は、コンテンポラリーダンスのような動きを見せながら、シャープかつエモーショナルな歌を響かせる。その後もエレクトロテイストのダンスチューン「アンビリーバーズ」、ダークな心象風景を描き出す「KARMA CITY」、神聖なイメージのサウンドスケープと祈りにも似たヴォーカルがひとつになった「amen」など、明確な世界観を持つ楽曲を次々と披露。的確なライティングも含め、どこかシアトリカルなステージが繰り広げられる。最前列の観客と握手を交わすなど、直接的なコミュニケーションを図ろうとする姿も印象的だった。シングル曲「LOSER」からライヴは後半へ。「Neon Sign」「ゴーゴー幽霊船」といったエッジの効いたギターロックチューンを連発し、フロアーとの一体感を生み出す。演出やMCに頼らず、優れた楽曲と肉体的なステージングによって観客とつながる。音楽の力を信じることで生まれる、純度の高いエネルギーの交歓が確かにそこには存在していた。2017年、2月15日にニューシングル「orion」(テレビアニメ『3月のライオン』新エンディングテーマ)のリリースの発表もあり、さらなる飛躍を果たすことになりそうだ。

セットリスト

  1. ナンバーナイン
  2. アンビリーバーズ
  3. ミラージュソング
  4. メランコリーキッチン
  5. 駄菓子屋商売
  6. Undercover
  7. KARMA CITY
  8. amen
  9. Black Sheep
  10. love
  11. アイネクライネ
  12. LOSER
  13. Neon Sign
  14. ゴーゴー幽霊船
  15. パンダヒーロー
  16. ドーナツホール
  17. <ENCORE>
  18. 花に嵐
  19. ホープランド

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着