【Mrs. GREEN APPLE】『In the Morn
ing Tour』2016年12月7日 at TOKYO
DOME CITY HALL

撮影:上飯坂 一/取材:宮本英夫

 3階建てのバルコニー席が取り囲む、最大キャパ3,200人のTOKYO DOME CITY HALL。ミセスにとって初の大ホール公演のはずだが、まるでそんな気がしないのは、5人があまりにも堂々としていたから。1曲目「VIP」から明るくアッパーな曲を畳み掛け、大森元貴(Vo&Gu)がハンドマイクで駆け回る。スクリーンに映るメンバーはみんな笑顔。オーディエンスも笑顔で、クラップ、ワイパー、ジャンプ、体いっぱいに使って大はしゃぎ。6曲目「L.P」からシリアスな曲調へ徐々に移行し、若井滉斗(Gu)が猛烈にエモいソロをぶちかます「ツキマシテハ」は、もはや鋼鉄のへヴィロック。と思いきや、次は元貴の弾き語りで未発表曲「光の詩」を、オーディエンスがかざすスマホのライトの中で幻想的に。鮮やかなこの落差、これぞミセス。1月11日にリリースされるニューアルバム『Mrs. GREEN APPLE』からの「Just a Friend」は、ロックアンセム系ミドルチューンで、続く未発表曲「REVERSE」は骨太なダンスロック。途中、若井によく似たラッパー、MC.WKの乱入があったものの、気を取り直して後半へ。最新シングル「In the Morning」はポップでアップでとことんキャッチー、ライヴで輝く新たな代表曲になることは確実だ。山中綾華(Dr)と髙野清宗(Ba)のパワフルなリズム隊もパーフェクト。さらにタオル回しの「リスキーゲーム」など鉄板曲を並べ、「愛情と矛先」の大合唱で本編は終了するが、鳴りやまないコールに応えて「我逢人」と、藤澤涼架(Key)がフルートを吹く「庶幾の唄」のダブルアンコールでハッピーエンド。曲の良さにライヴが追い付いて、大ブレイク待ったなし。2017年はすごいことになるぞ。

セットリスト

  1. VIP
  2. キコリ時計
  3. アンゼンパイ
  4. Speaking
  5. Oz
  6. L.P
  7. ツキマシテハ
  8. 光の詩
  9. Just a Friend
  10. REVERSE
  11. うブ
  12. In the Morning
  13. リスキーゲーム
  14. StaRt
  15. サママ・フェスティバル!
  16. 愛情と矛先
  17. <ENCORE1>
  18. 我逢人
  19. <ENCORE2>
  20. 庶幾の唄
Mrs. GREEN APPLE プロフィール

ミセス・グリーンアップル:2013年4月結成の5人組バンド。作詞、作曲、編曲の全てをヴォーカル&ギターの大森元貴が手掛けており、15年7月にミニアルバム『Variety』でメジャーデビュー。18年4月に発表した3rdアルバム『ENSEMBLE』はオリコン初登場3位を記録。アルバムを提げてのワンマンツアーはファイナルの幕張メッセ国際展示場2デイズまで全公演即日完売。シングルと同時発売で最終公演の模様を収めたDVD&Blu-ray『ENSEMBLE TOUR 〜ソワレ・ドゥ・ラ・ブリュ〜』をリリースする。Mrs. GREEN APPLE オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着