【LUNKHEAD】『LUNKHEAD ONEMAN TOU
R 2016「アリアル」』2016年12月9日
at 赤坂BLITZ

撮影:高田真希子/取材:竹内美保

 高い熱でパンパンに膨れ上がった魂が、炸裂しながら疾走する。そして、その熱の伝導のスピードは息継ぎする間もないくらいに速い。赤坂BLITZで迎えたツアーファイナルは、まさに“全身全霊”という言葉が相応しいエナジーの塊のようなライヴだった。

 切れ味が良く、しかも踊れるナンバーである「月明かりに踊る君を僕はただ見ていた」で幕を開けた瞬間から、ステージとフロアーをつなぐ空気がピンと引き締まり、ギュッと濃縮されていく。LUNKHEADの核を研ぎ澄ませた「空白」と「存在?」に到るまでの前半戦…そう、メンバーはみんな、自らと闘っているようだった…で、すでにワンステージ分のエネルギーを燃焼させたのではないと思うほど、高揚感が凄まじい。そして、三連でやわらかなタッチの音を奏で、テンポチェンジからゆっくりとスケールを広げていく「いつか知らない誰かを愛しても」や、小高芳太朗(Vo&Gu)の弾き語りから始まる「空中線」の滲みながら浸透していくサウンドからは、このバンドのもうひとつの真髄である温かみのあるやさしも真っ直ぐに伝わってきた。

 桜井雄一(Dr)の刻むビートが導き、山下 壮(Gu)と合田 悟(Ba)の掛け合いで再びフロアーをヒートアップさせた「潮騒」からの後半戦は、「うぇいうぇいうぇい」「スターマイン」のお祭りディスコロックの二連発でバンドもオーディエンスもフルスロットルで果てなく突き抜けていく。熱情がほとばしり、生命力が漲るパフォーマンスを見せた「アルピニスタ」での完全燃焼で完結…と思いきや、タフネスぶりを発揮してアンコールはダブル! このライヴのツアーの最後に披露されたのは、デビュー曲の「白い声」。“アリアル=在り、在る”の原点をも感じさせるような、凛とした締め括りだった。

セットリスト

  1. 月明かりに踊る君を僕はただ見ていた
  2. 闇を暴け
  3. 葉桜ファイター
  4. プリズム
  5. id
  6. 空白
  7. 存在?
  8. いつか知らない誰かを愛しても
  9. 木漏れ陽
  10. 空中線
  11. 陽のあたる道
  12. 潮騒
  13. 木曜日
  14. ユキシズク
  15. 優しくしたい人がいる
  16. うぇいうぇいうぇい
  17. スターマイン
  18. アルピニスタ
  19. <ENCORE1>
  20. スモールワールド
  21. <ENCORE2>
  22. 白い声
LUNKHEAD プロフィール

ランクヘッド:1999年に愛媛県で結成され、04年1月にシングル「白い声」でメジャーデビュー。10年4月にオリジナルメンバーの石川 龍(Dr)が脱退するも、桜井雄一(ex.ART SCHOOL)を迎えての新体制となる。結成20周年となる19年には、4月に12枚目のアルバムとなる『plusequal』を発表。LUNKHEAD オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着