L→R 庄村聡泰(Dr)、磯部寛之(Ba&Cho)、川上洋平 (Vo&Gu)、白井眞輝(Gu&Cho)

L→R 庄村聡泰(Dr)、磯部寛之(Ba&Cho)、川上洋平 (Vo&Gu)、白井眞輝(Gu&Cho)

【[Champagne]】テーマに捉われずに
作れたので 聴く人にもいろんな想像
をしてほしい

アルバム『Me No Do Karate.』を掲げ、初の日本武道館公演を含む全国ツアーを敢行中の[Champagne]。最新型サウンドで聴かせるシングル「Run Away / Oblivion」は、飛躍の年となった1年を締め括るに相応しい一枚だ。同作について川上洋平(Vo&Gu)に訊いた。
取材:フジジュン

現在、ツアー真っ最中の[Champagne]。取材している本日は、台湾ライヴを終えたばかりという。

台湾は2回目だったんですけど、お客さんも増えて、盛り上がってくれて。“わっ、シンガロングしてる”と思いながらライヴをやってたんですけど、すごく良かったですね。僕らもツアーの一環として、日本と変わらない気持ちでライヴができたし、香港とか、アジアの他の地域から来てくれている人もいて、まだまだ広がれるなという可能性も感じました。

はたから見ていると、2013年の[Champagne]は外に向けて強く発信できている印象があって。今年は存在や楽曲を熱心なロックファン以外にも届けられたと思うのですが。

おっしゃる通りだと思いますし、それは今年に限らず強く意識していて。[Champagne]はレコード会社はインディーズですけど、インディーズライクな思想はないので。もっとドデカいことしたいし、ロックファン以外にも伝わる音楽をやってると思っていて。それが叶い始めたのが今年だったと思うんです。

シングル3枚、アルバム1枚と作品的にもハイペースながら、充実した作品を残すことができましたね。

アルバムは今回、どう聴こえるのか? どう届くのか?という外からの視点をすごく意識して。今までの作品と明らかに違うのは音の作りで。ヘッドホンで聴いたり、家で聴いたり、いろんな聴き方をすると思うんですけど、なるべく僕たちの思い通りの音で届いてほしいと思って挑んだし、かなり納得できる作品になったと思うんです。それはライヴも同様で、フェスやツアーでも音の発信だけでなく、届くところまで責任が持てるようになったのは、あのレコーディングがあったからだと思っていて。一番後ろまで、感動を薄れず届けるにはどうしたらいいか?というところまで考えられるようになって。2013年はバンドにとっても、一番大事な年になったと思います。

現在敢行中のツアーの手応えはいかがですか?

今回、新しいスタッフとツアーに挑んで、やっぱり言葉で伝えてどうにかなるものではないので、ツアーを重ねるうちにだんだん分かり合えていけてる感じで。この前のZepp Tokyoでは、かなりピークに達せたと思っていて。日本武道館に関しても、正直、“デカいのが待ってるな”とこの1年、ずっと意識していたし、スタッフとの連携もできてきたので、絶対に良いライヴになるだろうと確信しています。

これまで積み重ねてきたものが今年、ひとつずつ実を結んできて、そこから武道館へとつながる物語もありますよね。

そうですね。そこで、もちろん武道館が最終目的ではないし、むしろそこから始まるくらいに思ってて。武道館をやって初めて、人に“ミュージシャンです”と言えるかな?と思うんです。1回目の武道館は記念みたいなところもあるので、大事なのは2回目、3回目に即完できるか?ということ。そのためにも1回目から、“収まり切らなかったね”と言われるくらい充実したライヴをやる必要があると思っています。

そのためにももっと広い層に[Champagne]の音楽を届ける必要があるわけですが。今回のシングルもファンには新鮮に聴こえるし、知らない層まで響く作品になりましたね。

ライヴではすでに演奏してるんですけど、“届きやすい曲だな”というのは感じますね。最初に演った時から手が挙がって、今までのシングルと違う感触があったし、自然と体が動くリズムがあるのがすごく良かったなって。作ってる段階で、“踊らせる曲が作りたい”という気持ちがあったんですけど、みんなやってる4つ打ちはイヤだったんで、“どうにか打ち込みのリズムパターンを使わず、新しいリズムで踊らせてくれないか?”とドラムの聡泰くんと話して。結果、ノレるんだけど、ちゃんとロックしてるリズムになったと思います。

テーマを持って、ツアーとは違った文脈で作った曲なのかと思ったんですけど、話を聞くとそうでもなさそうですね。

アルバム楽曲を自分のものとした上での着手だったんで、アルバムからツアーの流れは汲んでると思います。それにタイアップは付いてるけど、テーマを持って作った曲ではなくて。「Run Away」も「Oblivion」も、ありがたいことに“自由に作ってください”と言われて。“NIKE+のタイアップだから、バラードはないな”くらいは考えたけど、[Champagne]の新曲を作る気持ちで純粋に挑みました。「Run Away」は最初、ジョギングをしてる時に出てきたメロディーに歌詞を乗せて。

言われると分かりますね。サビのハイトーンが、ジョギングしてる時の高揚感や解放感に近かったり。

あるかもしれないですね(笑)。ジョギングは引っ越しをして、街を覚えるために始めたんですけど。新しい風景に視覚が刺激されるし、心地良い孤独感もあって、作曲にすごく向いてるんです。そこで最初は風景画みたいな曲にしようと思ったんですけど、その奥にある考えも出てきて、それがうまくハマったんで家に帰って書きとめて。テーマに捉われずに作れたので、聴く人にもいろんな想像をしてほしいですね。

「Oblivion」は対照的に、グッと抑えた感情が、聴き手に考える隙を与えてくれる曲だと思いました。

この曲は最初の《He was a boy》の一文から、どんどん紐解いていった感じだったんですけど、自分には珍しくストーリー性のある歌詞になってます。ひとりの少年に自分の想いを託して、その物語を眺めている感覚だったんです。どこかアメリカの荒野っぽい、カウボーイっぽい感じがなんとなくして。都会っぽい「Run Away」と並べた時、埃っぽい田舎の感じがするってところは対照的かもしれないですね。

最後に武道館も控えた、来年の展望を聞かせてください。

武道館以降もツアーは続きますが、それが終わったら制作に集中したいと思ってて。本当の意味で勢いだけでは通用しなくなると思うので、今ある隙間をしっかり埋めた上で、新しい楽曲をお披露目したいと思ってます。来年の[Champagne]にも期待してください。
「Run Away / Oblivion」
    • 「Run Away / Oblivion」
    • RX-083
    • 2013.12.25
    • 1365円
[Champagne] プロフィール

シャンペイン:2001年、川上洋平(Vo/Gt)を中心に大学で結成されたロックバンド。バンド名はオアシスの「シャンペン・スーパーノヴァ」から拝借。また、前後に“[ ]”を付けた理由はバンドのロゴをラベルのようにしたかったため。2007年11月、シングル「温度差」を発表し、本格始動。2009年5月、自主制作でアルバム『Provocation to Noble Artists』を発表。2010年1月、インディーズレーベルから1stアルバム『Where's My Potato?』をリリース。同年7月には、1stシングル「city」を発表。精力的に音源を発表し続ける中、英詞・日本語詞を滑らかに歌い分けるヴォーカルとエモーショナルなロックサウンドがじわじわと評判を呼ぶようになり、ライヴハウスでの集客も加速度的に増していく。2011年2月には2ndアルバム『I Wanna Go To Hawaii.』、2012年4月には3rdアルバム『Schwarzenegger』、2013年6月には4thアルバム『Me No Do Karate.』とコンスタントにアルバムを発表。同年7月にインディーズながらテレビ朝日『ミュージックステーション』への出演を果たし、2014年3月には武道館での単独公演を開催する。オフィシャルHP
[Champagne]Official Twitter
[Champagne]Official Facebook
川上洋平 Official Blog

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着