【ゆず】『ゆず20周年突入記念弾き語
りライブ「ゆずのみ」』2016年11月2
7日 at 東京ドーム

撮影:神藤 剛、後藤武浩、立脇 卓、中島未来/取材:田山雄士

 ファンとともに作った大量の提灯をバックに、北川悠仁と岩沢厚治がいつもの感じでステージに立っている。「DOME★BOMBAYE 20周年 ver.」で《今日は来てくれてDOME(どうも)ありがとう》なんて歌うたび、ドームは実家みたいな空気になり、距離がみるみる縮まっていく。これが、ゆずのライヴであり、コミュニケーション。学生、主婦、社会人、フリーター、子供などなど集まった5万人も、彼らの歌でホッとひと息つきにきたかのよう。そんなデビュー20周年突入記念弾き語り公演の2日目。客席とトークを楽しみつつ、路上時代の曲が届けられた前半は、“ゆずっこ”にはとりわけ嬉しくてたまらない。北川のタンバリン、岩沢のアコギ&ハーモニカ姿は不変の真理ゆえか、なんだかすごく安心する。

  “スーパーリズムファクト囃子くん”“家紋くん”といった小道具的楽器を用いたり、「LOVE&PEACH」では北川りゅうちぇる&岩沢ピコ太郎のコスプレ映像があったりと、お茶目に魅せる一方、「飛べない鳥」「心のままに」の凛としたパフォーマンスで素直に感動させてもくれる。ソロコーナー後、ステージには巨大燈籠が出現! ふたりはその中央部で、喜びを噛み締めるように「虹」「友達の唄」を熱唱した。「少年」で歌っている通り、ゆずは“今自分にできることをひたすらに流されずにやってきた”のが伝わってくる。オカ柳徹子(岡村隆史)ら『めちゃイケ』メンバー全員がサプライズ乱入の「夏色」で、会場はさらにお祭り騒ぎ! 20周年に向け、同番組のテーマ曲制作、オールタイムベストの発売、初のドームツアー開催もアナウンスされたのだった。

セットリスト

  1. 春一番
  2. DOME★BOMBAYE 20周年 ver.
  3. いこう
  4. 待ちぼうけ
  5. 贈る詩
  6. 春風
  7. 連呼
  8. 3番線
  9. Go★Go!! サウナ
  10. 飛べない鳥
  11. 心のままに
  12. おっちゃんの唄(岩沢ソロ)
  13. ねぇ(北川ソロ)
  14. 栄光の架橋
  15. 友達の唄
  16. OLA!!
  17. LOVE & PEACH
  18. 少年
  19. 夏色
  20. <ENCORE>
  21. 嗚呼、青春の日々
  22. 友 ~旅立ちの時~
  23. サヨナラバス
  24. 雨のち晴レルヤ
  25. 蛍の光
  26. てっぺん
ゆず プロフィール

ゆず:1996年3月に結成。横浜、伊勢佐木町を中心に路上ライヴを行なう中、98年6月にリリースした1stシングル「夏色」で脚光を浴び、その後も「栄光の架橋」「虹」とヒット曲を世に送り出す。等身大の視点から投げ掛けられるリアルな歌詞、センチメンタルで清涼感のあるメロディー、それらを包み込む素朴で温もりを帯びた音色で多くのファンを魅了し続けている。ゆず オフィシャルHP
TOY'S FACTORY
ゆず オフィシャルFacebook
ゆず オフィシャルTwitter
ゆず オフィシャルYouTube
Wikipedia

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着