【MY FIRST STORY】『We're Just Wa
iting 4 You Tour 2016 Final at BU
DOKAN』2016年11月18日 at 日本武道

撮影:Kohei Suzuki/取材:荒金良介

 結成から約5年、ついに彼らが日本武道館のステージに立った。当然すぐチケットは完売になったものの、バンドにとってこの5年間がいかに濃く、長い道のりであったことか…。この日はそんな積年の思いが爆発した、とんでもなくエモーショナルなライヴだった。

 Hiro(Vo)、Teru(Gu)、Nob(Ba)、Kid'z(Dr)が回転式の360度ステージに姿を現し、凄まじい火柱の演出とともに「Nothing in The Story」でスタート。序盤はヒリヒリした激情的な演奏で攻め続け、びっしりと埋まった日本武道館をシンガロング&熱狂の渦に引き込んでいく。それから実写映像による物語風のスクリーンを流し、「Missing You」を皮切りにバラード調の曲調が続き、メランコリーな旋律にも心を根こそぎ奪われた。中盤にKid'zのドラム台がせり上がり、熱きバンドセッションを挟むと、ステージ上でメンバーはますます躍動的に動き、ショーは佳境へと突入。バンドの名付け人に捧げた「Someday」では大合唱が起き、終盤に「Second Limit」「不可逆リプレイス」とアンセム曲を投下すると、曲中に5年後に東京ドーム公演に立つこと、さらにHiroの実兄のバンド名を叫ぶ予想外の展開もあり、心底驚かされた。

 また、アンコールでは2015年末をもってバンドを離脱していたSho(Gu)が登場し、場内には悲鳴に似た歓声が沸く。5人による重厚な演奏を響かせると、“最初で最後”と前置きして、家族に向けた「Home」を熱唱。Hiroは大粒の涙を流しながら、その場でうずくまるシーンもあり、ここに集まった観客と“僕だけの物語”を全てシェアする劇的な締め括りで幕を終えた。後にも先にも二度と観ることができないであろう、人間ドラマ炸裂の初日本武道館公演だった。

セットリスト

  1. SE Weapons
  2. Nothing In The Story
  3. ALONE
  4. 最終回STORY
  5. Last Call
  6. 悪戯フィクション
  7. Black Rail
  8. Smash Out!!
  9. Missing You
  10. One Light
  11. 君の唄
  12. 「花」 -0714-
  13. Love Letter
  14. monologue
  15. 虚言NEUROSE
  16. The Story Is My Life
  17. "BOOM"
  18. 失踪FLAME
  19. The Puzzle
  20. モノクロエフェクター
  21. Someday
  22. Tomorrowland
  23. Second Limit
  24. 不可逆リプレイス
  25. <ENCORE>
  26. ALONE
  27. We're Just Waiting 4 You
  28. Home

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着