L→R 晃(Gu)、怜(Vo)、圭(Gu)

L→R 晃(Gu)、怜(Vo)、圭(Gu)

【バロック】ありのままでいいやって
思えた

シングル「キズナ」「たとえば君と僕」やインディーズ時のヒット曲も含むアルバム『ノンフィクション』と過去曲をまとめたベストアルバム『Complete Collection 2001-2004』を同時リリース。新作はどこから聴いてもバロックだと言う怜(Vo)に話を訊いた。
取材:山本弘子

これまでに発売されたヒットシングルも数多く収録されたニューアルバム『ノンフィクション』は失ったり、傷付いたり しながらも未来に向かう意志が感じられて、明度の高いキラキラした作品になったなって。

シングル3枚(2011年完全復活第一弾シングル)を同時発売した頃に、1年を通して発売した曲を全部集めて今のバロックのシングルベストみたいなアルバムをインディーズのうちに出したいねって話してたんですよ。その後、万ちゃん(万作/Ba)がいなくなったりとか、今のレコード会社と一緒にやることになったり、いろんなことがあって、発売はずれ込んじゃったんですけど、どれがシングルになってもおかしくないという意味での姿勢は変わってないと思います。

じゃあ、“ノンフィクション”というタイトルも以前から決まっていたのですか?

レコーディングに入る前には決まってましたね。善いことも悪いことも含めて波瀾万丈なのがウチらだし、その時の想いを嘘つかないで発信し続けてるから“ノンフィクション”でいいんじゃない?って。

赤坂BLITZのライヴで披露した1曲目の「魔女と林檎」はファンタジーとリアルが混ざり合う世界観がバロックらしいんだけど、突き抜けてて、音作りはダイナミックで。

ノリ的には大味なんだけど、この曲が今のバロックのライヴのヒントになってると思う。これからの自分たちの始まりになる曲だねってメンバーと話していた曲。歌詞は最初、友情をテーマに書いていたんだけど、そこに空想の物語風な描写も加えて、友情にも恋愛にも捉えられるようにしました。

それとロックンロールなギターがカッコ良い「ナカユビタテル」はライヴのMCで、17歳の夏のことを書いた曲みたいなことを言ってましたよね。

みんな“17歳”って聞こえたみたいなんだけど、実は“十七の日”って歌っている曲で、赤レンガ倉庫でのライヴ(2011年7月17日に行なわれた完全無料ライヴ。7年振りに4人がバロックとしてステージに立った)のことを歌った曲。あの日、見た光景、感じた想いを全て詰め込みたかったので、日にちまで入れちゃいました。忘れたくなかったから。

なるほど。「何千何万何億の君への想い」はメンバーやファンのことを思って書いた歌詞だとか。

かなり前から存在していた曲で、この曲に詰め込もうと思ったのはバロックを再始動させた時のメンバーへの想いや、バンドやバロッカー(ファン)への想い。これまで見た光景や今の光景、全部を書きたくて、何十回も書き直して。

それだけ大事に思って書いたってことですよね。

アルバムに入れるのも悩んだぐらい。曲を大切にしすぎちゃいけないのかもしれないけど、“君”への想いが強すぎて。

そんな大切な気持ちや忘れたくない衝動を表現しつつ、ポップに昇華している曲たちの集合体だなと。

そこはバンドで曲をもんでいくうちにそうなるのかなって。編曲は圭(Gu)がやっているので、バランスもいいのかも。

それにしても、本当にアルバムは久しぶりで。

(笑)。フルアルバムとしては『sug life』(2004年)っていうコンセプトアルバムを出して以来ですからね。今回はどこを切り取ってもバロックの名刺代わりの一枚になればいいなって。初めて聴く人たちにも届きやすい曲たちだと思うし。

活動休止して動いてなかった期間があったからこそ、みんなが成長してこのアルバムが生まれたんだと思うし。

うん。当時のひねくれたクソ生意気な俺たちだったら、作ってないですね(笑)。ジャケットが俺ひとりっていうのが、どうしても慣れないですけどね。

実際、ジャケットの写真には驚きました。

俺もビックリしましたよ(笑)。自分がCD 屋に行ったら、裏返しちゃうかも(笑)。今までいつも写真は全て俺がジャッジしてたんですけど、今回は信頼しているチームに任せたんです。なんか、自然体になれたのかもしれないですね。取材してる今もそうだけど、歌録りも悩みに悩んで歌ってたのが、今はその日に思った気持ちをまんま歌えればいいやって。

ずいぶん心境の変化があったんですね。

ですね。今は前しか見てないし、自由でありたいっていうのがそもそもバロックのテーマだったじゃんって。何年も葛藤して自分さえ疑った時期もあったけど、そのまんまでいいんだなって。もともと俺、バンドに人生、捧げてますもん。

そのいい感じ、アルバムにもライヴにも出てますよ。“これしかできないから歌うよ”っていう。

そう、そう。4月からスタートするvistlipとの2マンツアーも世代を超えて刺激し合って楽しみたい。

3月のライヴは晃くん(Gu)が不参加だったけど、そのことについて話せるのは、まだ先のこと?

うん。現状はライヴのMCや公式HPで発表した通り。病気とかじゃないですから。言いたいことは歌や音に乗せたけど、心配させてしまっているなら早く伝えたいですね。とにかく今はまだまだ、面白いことできそうな気持ちでいます!
『ノンフィクション』2013年04月03日発売WARNER MUSIC JAPAN
    • 初回限定盤A(DVD 付)
    • WPZL-30559〜60 4500円
    • ※豪華フォトブックレットパッケージ仕様
    • 初回限定盤B(DVD 付)
    • WPZL-30561〜2 3800円
    • 通常盤
    • WPCL-11367 3150円
バロック プロフィール

バロック:2001年、結成。スタイリッシュなファッションとポジティブな音楽性は瞬く間にインディーズシーンを席巻し、03年7月にシングル「我伐道」でメジャーデビューを果たすと、同年に日本武道館での単独公演も成功させる。翌年12月25日Zepp Tokyoにて解散するも、約7年の充電期間を経て、11年7月に横浜赤レンガ倉庫野外特設ステージにてフリーライヴを行ない、9月28日には復活を発表! 12年1月に完全復活第一弾シングル3タイトル「凛然アイデンティティ」「teeny-tiny star」「モノドラマ」を同時発売し、同年12月12日にはワーナーミュージック・ジャパンより1stシングル「キズナ」をリリースした。オフィシャルHP

kannivalism プロフィール

05年12月、10代の頃にそれぞれが数組のバンド活動を経験し、圭(g)、怜(vo)、裕地(b)の3人が再結集して結成されたビジュアル系ミクスチャー・ロック・バンド、kannivalism。結成後間もなく、名古屋・新宿でシークレット・ライヴを行い、06年3月に新木場STUDIO COASTで行われた『independence-D 2006』に出演した際には入場規制がかかる程多くのファンが集まった。

06年4月、1stミニ・アルバム『奏功 humority』でインディーズ・デビュー。そこから約5ヶ月という猛スピードで、<avex trax>より1stシングル「リトリ」でメジャー・デビューを飾った。07年2月に1stフル・アルバム『Nu age.』をリリースし、初の全国ツアーでも大成功を収め、シングル作品を順調にリリースしていた最中、怜(vo)の適応障害による入院のため08年1月をもって活動休止を発表。

その後1年7ヶ月を経て、怜(vo)の回復を機に活動再開を宣言。さらに新メンバーとして光也(dr)を迎え、バンドとして再スタートを切った。 メンバーの音楽的志向、音楽的バック・グラウンドは幅広くそれぞれ異なるが、それを自由奔放にクロス・オーバーさせ作る楽曲はジャンルレス&新感覚なものだ。オフィシャルHP
公式サイト(レーベル)

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着