【大原櫻子】『大原櫻子 CONCERT TO
UR 2016 〜CARVIVAL〜』2016年10月5
日 at 日本武道館

撮影:川嶋謙吾(田中聖太郎写真事務所)/取材:田中 大

 SEが流れ、観客が掲げたペンライトのピンク色の光が会場全体で美しく瞬いた。そして、ステージ後方の高台に設置されている大きなV型のオブジェがゆっくりと回転し、大原櫻子が登場すると「ステップ」がスタート。バンドサウンドに包まれながら、歌声を響かせる彼女の姿が眩しい。続いて「真夏の太陽」や「勇気と微笑み」なども届けられ、日本武道館はさわやかな熱気で包まれていった。

 今回のライヴの大きな見どころだったのがダンスパフォーマンス。傘を使ったダンスが、まるでミュージカルの一場面のようだった「トレモロレイン」、ダンサーチームとともにキレのいいダンスを繰り広げた「メロディー」、ダイナミックなステップを踏みながら歌声を響かせた「Dear My Dream」…などなど、堂々としたパフォーマンスが披露され、歓声を上げ続けた観客。以前からダンスが大好きだと度々語り、ミュージカル出演も経て一層磨かれた彼女の実力が、ライヴの新たな武器となったことを感じた。そして、ピアノの弾き語りで届けられた「こころ」、エレキギターをパワフルにプレイした「READY GO!」などでも盛り上げたあと、本編は終了してアンコールへ。“ツアーでやってなかった曲をお届けしようと思います”という言葉を経て「ちっぽけな愛のうた」のイントロが奏でられた瞬間、観客は歓喜の声を上げてどよめいた。

 そして、“いつもならアカペラの部分をひとりで歌うけど、今日はみなさんと歌おうと思います”と言い、ラストを飾ったのは「明日も」。広大な日本武道館に大原櫻子と観客の歌声が響き渡り、感動的な空間を作り上げていた。

セットリスト

  1. SE ! CARVIVAL
  2. ステップ
  3. 真夏の太陽
  4. 勇気と微笑み
  5. トレモロレイン
  6. メロディー
  7. DANCE ! CARVIVAL
  8. Dear My Dream
  9. INST ! CARVIVAL
  10. こころ
  11. 君になりたい
  12. サイン
  13. September
  14. READY GO!
  15. My Way
  16. 踊ろう
  17. Scope
  18. <ENCORE>
  19. のり巻きおにぎり
  20. 大好き
  21. ちっぽけな愛のうた
  22. 明日も
大原櫻子 プロフィール

オオハラサクラコ:2013年公開の映画『カノジョは嘘を愛しすぎてる』の全国ヒロインオーディションで5,000人の中から抜擢され、スクリーン&CD同時デビューを果たす。16年に2ndアルバム『V(ビバ)』をリリースし、全18公演の全国ツアーを開催し、ツアーファイナルは自身初となる日本武道館公演(2デイズ)を成功させた。17年5月からは舞台『Little Voice(リトル・ヴォイス)』で初の主演を務め、ソフトバンク2017年度学割キャンペーン新テレビCM『SUPER STUDENT』にも出演した。大原櫻子 オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着