【CherryHearts】『1stアルバム発売
記念ワンマンツアー“CherryHearts
Tour 2016”』2016年9月3日 at 表参
道GROUND

取材:吉田可奈

 初の全国ツアーファイナル。ステージに出てきた瞬間から全員がフロアーとギリギリの場所まで駆け寄り一気に煽る。笹宮千穂(Vo)の“かかって来いよトーキョー!”という声にモッシュが起こり、フロアーのテンションも上昇するばかり。何より気持ちが良いのが、全員が自信に満ちていて、最高の笑顔であること。実は名古屋のライヴ直前に笹宮の声が出なくなるという最悪の事態を経験。しかし、他の3人は不安を隠し、“絶対に大丈夫”と励まし、無事名古屋公演を乗り越えたのだ。悔しさや辛さ、さらに責任の重さを感じた4人は確実に大きくなり、より結束を固めた。だからこそ、全ての曲が力強く、休む暇を与えない。楽曲の良さと実力、表現力をスポンジのように吸収していく彼女たちの未来が楽しみで仕方なくなるような、最高のライヴだった。

セットリスト

  1. SE
  2. Hello
  3. ai
  4. Make a LIVE
  5. Another You
  6. Good-Bye
  7. Life goes ON!!
  8. one's dear one
  9. Hi-Jump!!
  10. 青春レジスタンス
  11. PARTY PARTY
  12. Weekend Warrior
  13. My Way
  14. I will be Happy
  15. ねがいごと
  16. <ENCORE>
  17. 黎明カラーパレット
  18. Beautiful Days
  19. Sweet Voice Call
  20. END SE
CherryHearts プロフィール

チェリーハーツ:2013年3月に笹宮、早川を中心に、椎名を迎え東京で結成。15年6月に日向が加入して現体制となる。すでに自主制作でライヴ会場限定シングルを10枚発表し、満を持して12月にシングル「スノーレター」でデビューを果たす。ちなみに全員が高身長で平均身長は166センチ!CherryHearts オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着