【杏窪彌(アンアミン)】『全員集合
!キネマ倶楽部で「ジャイアントパン
ダにのってみたい」リリース記念ワン
マンライブ』2016年8月5日 at キネマ
倶楽部

撮影:小泉紗麻理/取材:高良美咲

 キネマ倶楽部のレトロな雰囲気、ステージ上に吊るされた赤い提灯、そして懐かしのポップスが流れている場内、それは日常を忘れてしまうような異空間。そんな中、細身のシャイボーイによる前説で紹介されたMIN(Vo)が登場し、ひとりで「ジャイアントパンダにのってみたい」を歌う。続いてバンドメンバー3人が登場すると、緩急彩り豊かな楽曲で楽しませてくれた。中盤はMINと玲生(Gu)のふたりによるステージ。その中で青春ロックな新曲「ともだちのフリ」で杏窪彌の新境地を感じさせ、再びメンバー4人が揃った終盤戦では、異国情緒の中に懐かしさを感じさせる杏窪彌の世界を色濃く魅せた。アンコールはバンドでの「ジャイアントパンダにのってみたい」。“杏窪彌は私たち(4人)だけではありません”という言葉の意味は、笑顔で踊っている観客たちが一番感じ取っていたはずだ。

セットリスト

  1. ジャイアントパンダにのってみたい
  2. 歴史 de DANCE
  3. アイアイヤー
  4. チャイナタウン抗争、恋愛沙汰
  5. セプテンバー台湾
  6. とんがり諸島
  7. 台湾海峡冬景色
  8. 東京ぽくない東京
  9. 箱根にしようか
  10. トムヤムクンに片思い中
  11. チョコリチョコリチョコレート
  12. ともだちのフリ
  13. 老爸(らうばー)
  14. なんとかの谷
  15. はじめての中華
  16. ひみつのみつ
  17. キョンシーがやってくる!
  18. 夏天(しゃーてん)
  19. 不夜城アンアミン
  20. <ENCORE>
  21. ジャイアントパンダにのってみたい
杏窪彌 プロフィール

アンアミン:台湾からやってきた謎の少女MINを擁する、東洋一のネオ歌謡バンド。観光気分で懐かしい未来を歌う、東洋一のネオ歌謡。手作りで販売しているデモCDは2,000枚以上を売上げ、2014年には大型音楽フェス『Augasta Camp』のオープニングアクトを務めた。16年6月15日、2nd ミニアルバム『ジャイアントパンダにのってみたい』をリリースする。杏窪彌 オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着