【GLAY】『HAPPY SWING 20th Annive
rsary SPECIAL LIVE ~We ♡ Happy
Swing~ Vol.2』2016年7月30日 at 幕
張メッセ国際展示場1・2・3ホール

撮影:岡田裕介/取材:帆苅智之

 2011年以来となる“聖地”幕張へのGLAYの帰還。2日間合わせて約5万6000人を集客と、FCのイベントにもかかわらず、ちょっとしたフェスクラスの動員があるというのは何ともGLAYらしい規模だ。各メンバーが30分ずつ、自身が作曲したナンバーで構成するという4ブロックに分かれたセットリストで、本編だけでも26曲という大ボリューム。JIRO(Ba)のセレクトによる「TIME」は16年振りのライヴ演奏、「neverland」「ストロベリーシェイク」は初披露という超レア楽曲を聴くことができたのもFCイベントならでは、といったところだろうか。ゴリゴリのロックナンバーを排したTAKURO(Gu)セレクト、最新曲「デストピア」から「彼女はゾンビ」まで“らしい”世界観を貫いたHISASHI(Gu)セレクトも聴きどころ満載であったが、今回の話題の中心は2日目のTERU(Vo)セレクトで起こったハプニング(?)であったことは間違いない。“10年後の30周年はベネチアでライヴを行ないたい”と電撃発表。これはまったく打ち合わせにもなかったことらしく、他のメンバー3人が呆気にとられる様子が場内に設置された大型スクリーンでも確認できた。これまた気心の知れたFCメンバーに囲まれていたからTERUの口も軽くなったのだろう。ここまでの20年間、有言実行できたGLAYのことだから、10年後、ベネチアのサン・マルコ広場でのコンサートを実現させるだろうが、これで少なくとも向こう10年のGLAYの活動は約束されたこととなる。これこそがこの日、バンドからファンへの何よりのお土産になったように思う。

セットリスト

  1. HAPPY SWING
  2. TIME
  3. neverland
  4. ストロベリーシェイク
  5. Scoop 
  6. Ruby’s Blanket
  7. 運命論
  8. MUSIC LIFE
  9. HIT THE WORLD CHART!
  10. LOVE SLAVE 
  11. LEVEL DEVIL
  12. YOU MAY DREAM
  13. Lovers change fighters,cool
  14. ACID HEAD
  15. 週末のBaby talk
  16. Lock on you
  17. RainbirD
  18. Little Lovebirds
  19. 疾走れ!ミライ
  20. BLEEZE
  21. デストピア
  22. アイ
  23. 1988
  24. Cynical
  25. 微熱Ⓐgirlサマー
  26. 彼女はゾンビ
  27. <ENCORE>
  28. 超音速デスティニー
  29. 彼女の“Modern…”
GLAY プロフィール

グレイ:1988年にTERUとTAKUROを中心に結成し、94年にシングル「RAIN」でメジャーデビュー。デビュー以降、CDセールス、ライブ動員数など日本の音楽シーンをリードし続け、数々の金字塔を打ち立ててきた。25周年アニバーサリーイヤーの2019年~2020年にかけては『GLAY DEMOCRACY』というテーマを掲げ、7つの公約を発表。メットライフドームでの大型ライブ、15枚目のオリジナルアルバム『NO DEMOCRACY』のリリース、3カ月に渡り全国19公演19万人を動員したアリーナツアーの開催など、さまざまな活動を精力的に展開した。GLAY オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

新着