【フジファブリック】『フジフレンド
パーク2016』2016年7月7日 at Zepp
DiverCity Tokyo

撮影:木村泰之/取材:山口智男

 3年目の開催となったフジファブリックによる自主企画2マンライヴ。その最終日となる東京2日目は山内総一郎(Vo&Gu)曰く、“念願”のKANA‐BOONとの共演が実現した。ともにお互いの印象や両者の交流にまつわるエピソードを語りながら熱演を披露。

 某イベントでフジファブリックの曲をカバーしたこともあるというKANA‐BOONは、“一発目からぶっとばしていきたいと思います”という谷口 鮪(Vo&Gu)の言葉通り、いきなりシンガロングを誘った「なんでもねだり」から、2本のギターによるアグレッシブかつシャープなアンサンブルでガツンとした印象を残しながら、「盛者必衰の理、お断り」といった人気曲をたたみかけ、フジファブリックのファンの気持ちもぐいぐいと掴んでいった。

 そんな熱演に刺激されたのか、バンドを迎えるファンの拍手に応えるように“イエーイ!”と山内があげた雄叫びから演奏に雪崩れこんだフジファブリックは、七夕を意識して星にまつわる曲を多めに選んだ上で、「Surfer King」「バタアシParty Night」など、エキセントリックな魅力やダンサブルなサウンドをアピールする新旧さまざまな楽曲で最後までファンを楽しませた。

 アンコールでは谷口を招き、彼が選んだ「銀河」をセッション。山内と谷口が激しいギターのカッティングを応酬したことで、曲が持つパンクディスコなテイストがより滲み出た共演は、他ではなかなか観られないものであったことに加え、含蓄を含んだ絶妙な選曲という意味でも貴重なものとなったことは言うまでもない。後輩バンドとの共演を心底、楽しんだ山内は言った。“来年もやりたいなぁ!”。

セットリスト

  1. 【KANA-BOON】
  2. 1.なんでもねだり
  3. 2.机上、綴る、思想
  4. 3.1.2. step to you
  5. 4.結晶星
  6. 5.クローン
  7. 6.ウォーリーヒーロー
  8. 7.盛者必衰の理、お断り
  9. 8.フルドライブ
  10. 9.ないものねだり
  11. 10.シルエット
  12. 【フジファブリック】
  13. 1.虹
  14. 2.Surfer King
  15. 3.星降る夜になったら
  16. 4.ポラリス
  17. 5.Green Bird
  18. 6.Suger!!
  19. 7.夜明けのBEAT
  20. 8.バタアシParty Night
  21. 9.TEENAGER
  22. <ENCORE>
  23. 1.銀河
  24. 2.STAR
KANA-BOON プロフィール

カナブーン:大阪・堺出身のロックバンド。2012年に開催された『キューン20イヤーズオーディション』にて4,000組の応募者の中から見事優勝し、13年9月に1stシングル「盛者必衰の理、お断り」でメジャーデビュー。14年8月には地元大阪で野外凱旋ライヴを行ない、デビューから1年足らずでありながら16,000人超を動員。15年には大阪城ホールと日本武道館での単独公演を、16年には初の海外公演を含む全21公演の全国ツアーを敢行し大成功を収めた。そして、18年にメジャーデビュー5周年を迎え、5シーズンにわたる5リリース・5イベントを企画し、現在遂行中!KANA-BOON オフィシャルHP

フジファブリック プロフィール

フジファブリック:2000年、志村正彦を中心に結成。09年に志村が急逝し、11年夏より山内総一郎、金澤ダイスケ、加藤慎一のメンバー3人体制にて新たに始動。普遍性と抒情性、キャッチーなメロディーとエネルギーあふれるサウンドで独自の世界観を放つシーン屈指の個性派ロックバンド。「銀河」、「茜色の夕日」、「若者のすべて」などの代表曲を送り出し、『モテキ』TVドラマ版主題歌、映画版オープニングテーマとして連続起用された。数多くのアニメ主題歌も担当。18年には映画『ここは退屈迎えに来て』主題歌、そして劇伴を担当。19年にデビュー15周年を迎えアルバム2作を発表。同年10月に大阪城ホール単独公演を大成功させた。21年2月にシングル「楽園」、3月に11枚目となるアルバム『I Love You』を発表し、11月にダブルタイアップシングル「君を見つけてしまったから/音の庭」をリリースする。フジファブリック オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着