【藍井エイル】
どんな闇でも、必ず光は訪れる

一度は歌手という夢を諦めたものの、動画サイトにてその美声を見初められ、デビューを掴んだ藍井エイル。そんな彼女だからこそ歌える新曲「AURORA」は、希望あふれるアップチューン!
取材:吉田可奈

デビューから一年経ちますが、心境の変化はありましたか?

デビュー当時は、ただ“歌いたい”という気持ちだけでがむしゃらに走っていたんです。でも、今は歌えば歌うほどに歌い方や表現の仕方に対して、“もっとこうしたらどうか?”という制作意欲が沸いてきたんですよね。

歌い方に変化があったというのは?

私が歌う時に一番大切にしているのが、感情をぶつけることで、感情の中のきめ細やかさや繊細さなど、もっと深く表現していきたいと思うようになりました。

歌詞も手がけていますが、書き方は変わりましたか?

私自身、デビューするまではネットばかりやっていて家にこもりがちだったんですよ(笑)。なので、歌詞を書く時もカーテンも開けずに、自分の心情ばかり書いていることが多かったんです。でも、もっと聴いてくれる人に気持ちを伝えるためには、情景が浮かぶように書かないとイメージされにくいなと思ったんですよね。それからはカーテンを開け、外の景色を見て歌詞を書くようになったんです。

デビュー当初から考えると、すごい進歩ですね!

おかげで青白かった肌も健康的になった気がします(笑)

(笑)。それも全て“歌いたい”という気持ちから、もっと多くの人に歌を届けたいと思ったからなのでしょうね。

はい。デビュー後に初めてライヴをした時に、この目で聴いてくれる人たちのリアルな反応を見て…私自身、すごく勇気付けられたんです。もちろん、ネットで歌っている時もいろんな反応はいただいていたのですが、ライヴで直接受ける反応っていうのは想像以上で、ひとりひとりの“熱さ”を強く感じたんです。その人たちの表情や声を聞いたおかげで、自然と“もっとこの人たちに届く歌を歌いたい!”と思うようになったんですよね。

素敵な一年を過ごせたわけですね。そして、そんな変化を経て放たれる2ndシングル「AURORA」は、アニメ『機動戦士ガンダムAGE』のオープニングテーマですね。

このお話をいただいた瞬間、本当にビックリしちゃって! アニメファンとしては本当に光栄だし、その分プレッシャーもあるんですけど…これは乗り越えないと(笑)!

この曲にはどんなメッセージを込めたのですか?

“AURORA”は“暁の女神”という意味を持つんです。暁は夜が明ける前の時間のことで、このタイトル通り、今は暗い状況だとしても、朝は必ず訪れて、光をこの手に掴むことができるという想いを込めました。どんな人でも生きていれば辛いことは経験すると思うし、でもそれは必ず乗り越えているとも思うんです。もちろん、悩んでいる最中は辛いけど、どんなことでも必ず光は訪れるということを強く言いたかったんですよね。それに、悩みの闇が深ければ深いほど、人は強くなれると思うんです。

サウンドもすごくドラマチックですね。

このメッセージをしっかり後押ししてくれるような、とってもポジティブなサウンドに仕上がりました。サビまではすごく低いメロディーなんですが、これはまさに悩みの時を表現しているようで。おかげで思い切りサビが映えて、まるで光を放っているような力強さを感じるんですよね。

カラオケで盛り上がりそうですよね。

この前ライヴで披露したんですけど、会場にいるみなさんが盛り上がってくれたのでお墨付きです(笑)。悩んでいる時こそ、この曲を聴いてポジティブになってもらいたいですね!
AURORASME Records
    • 初回生産限定盤(DVD付)
    • SECL-1175~6 1050円
    • 通常盤
    • SECL-1177 1200円
藍井エイル プロフィール

アオイエイル:2011年10月、シングル「MEMORIA」でメジャーデビュー。自身のFACEBOOKページには世界中から50万以上のいいね!が寄せられるなど海外からの支持も大きい。シングル13枚、オリジナル・アルバム3枚を経て、2016年10月にベスト・アルバム『BEST -E-』『BEST -A-』を同時リリース。2016年11月4日(金)・5日(土)に行われた日本武道館公演をもって活動休止。休養を経て、今春より活動再開。藍井エイル オフィシャルHP(アーティスト)
藍井エイル オフィシャルHP(レーベル)
ブログ
Twitter
藍井エイル スタッフTwitter
Facebook
YouTube
Instagram
Wikipedia

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着