【井手綾香】輝きを放つには信じる心
が大切

1stアルバムから約4カ月、早くも届いたニューシングルは収録曲全てにタイアップが付いた意欲作。それぞれの楽曲の制作背景を本人に語ってもらった。
取材:石田博嗣

「つばさ」は前シングル「ヒカリ」に続き、パンテーンTVCMソングなのですが、どんな曲を作ろうと?

女性の強さと美しさがテーマなんです。パンテーンは“輝き”という言葉が大きなテーマとしてあるのですが、私はその輝きを放つには強い心や体、そして信じる心が大切だと思っていて。その先にある美しさ…やっぱり、何事も頑張ってる人の姿は美しいですし、“強さ”というパワーをもらうので、そのまま楽曲にできたらと思い、このメロディーと歌詞が生まれました。

《揺れる胸の水面に 架かる虹》というフレーズがありますが、モチーフはCMに出演されている寺川 綾選手ですか?

寺川選手のいち女性としての美しさ、強さが泳ぐ姿で飛び込んできたんです。なので、そのままの美しさを描きました。

《信じるチカラが 輝かせる》というフレーズも印象的だったのですが、夢を掴むには自分を信じることが大事だと?

そうですね。夢を掴むためには、自分自身をちゃんと信じてあげることが大切だと思います。私も自分自身を信じて、歌を歌う道へ一歩一歩、歩みを進めることができたと思ってます。

広がりがあるというか、羽ばたく感じがサウンドにあるのですが、どんな気持ちで歌入れに臨んだのでしょうか?

私自身がひとりの女性として、自分自身にも、そしておこがましいですけど、この曲が今から頑張ろうって何かに向かっている人にとって、応援のひとつになることを想って歌いました。

2曲目「眩しく優しく強く」はフジテレビ系『めざにゅ~』のテーマソングですが、まさに“朝”や“一日の始まり”、“太陽の光”がテーマとなっているのかなと。

そうなんです。朝、目を覚ました瞬間からゆっくりと体を起こしていく中で、今日も一日頑張ろう!って。今日という一日を過ごすにあたって、優しい気持ちでこれから出会うもの全てに向かう…心を強く持って歩みを進めよう!という朝の決意を歌ってます。

3曲目「ヒトミ色」はめざましムービーの『にゃんこTHE MOVIE 5』の主題歌ですが、この曲については?

私は宮崎の端っこで生まれ育ち、本当に自然豊かなところだったので動物が大好きなんですね。一緒に共存している意識がすごくあって。もちろん、猫ちゃんも大好きで。先に映像を拝見して、その中で映し出されている人と猫との言葉ではない会話…そのヒトミを通じて話している映像に、私自身すごく共感してあっと言う間に曲に向かうことができました。

で、言葉は嘘を付くけど、ヒトミは真実を映し出すと?

そうなんです。言葉では人と猫は会話できないですけど、猫のヒトミを覗くと、なんだか気持ちを見透かされている気がして。“何を考えてるか分ってるんだよ!”って。私もそうですし、映像に広がっている人と猫とのふれあいは本当にそう思えるんです。楽しさも悲しみも、猫のヒトミには映し出されてるなって。

そんな3曲を収めた本作は1stアルバムからの第一歩でもあるわけですが、どんな作品が作れた実感がありますか?

1stアルバムを制作していた時はまだ高校生だったんですけど、もう“高校生シンガーソングライター”という肩書もなくなって(笑)、私自身、ようやくシンガーソングライターという道の入口に立つことができたと思うんです。もっともっと自分を磨いて、もっともっと私が伝えたいと強く想う気持ちを歌にしていきたい!と思っていて、そんな私自身の決意も表題曲の『つばさ』には乗せています。
井手綾香 プロフィール

イデアヤカ:宮崎県出身の20歳。アメリカ人の母と日本人の父を持ち、4歳からピアノを始める。2011年3月にメジャーデビューし、翌年4月に発表した1stアルバム『atelier』がロングセールスを記録中。13年7月には両A面シングル「235/消えてなくなれ、夕暮れ」を発売した。オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

新着