L→R MAa(Dr)、yuya(Ba)、Nobu(Vo&Gu)、KEI(Vo)、Ryo(Gu)、SHIGE(Key)

L→R MAa(Dr)、yuya(Ba)、Nobu(Vo&Gu)、KEI(Vo)、Ryo(Gu)、SHIGE(Key)

【Brand New Vibe】これから飛躍する
ための一枚

1stシングル「JUST GO!!」でのデビューから約1年、ついに完成した1stアルバムはBrand New Vibeらしく、ライヴ感あふれるアツい作品に仕上がっている。
取材:土内 昇

待望のメジャー1stアルバムは、ライヴで感じるBrand New Vibeのアツさがしっかりパッケージされていますね。

KEI
ストックを消化するっていうんじゃなくて、アルバム用に作った曲が多いんですよ。中には昔の曲をリアレンジしたり、ライヴでやっていた曲をアレンジし直して入れたりもしてるんですけど、今できることをやった感じですね。やりたい放題やったっていうか、挑戦したかったことはひと通り挑戦できました。

旬の自分たちを表現したと。でも、そこに過去の曲のリアレンジも入れようと思ったのは?

Nobu
単純に曲のクオリティーを上げたかったんですよ。ライヴではもともとのアレンジでやっているので、アルバムを作るにあたって、歌詞も含めてブラッシュアップしたというか。

では、アルバム用の曲はどんなものを作ろうと?

KEI
「ANTHEM」や「ONE SHOT」はライヴハウスでアツくなるようなものを意識していたし、逆に「キミの名前」はインストアライヴで演奏すると刺さるっていうか…どんな場所であれ、ライヴで演奏することを意識して作ってました。

ライヴを想定していたとはいえ、「ANTHEM」はラテンの要素があったり、「ONE SHOT」は激走するバンドサウンドで攻めていて、楽曲的にはバリエーションがありますよね。

KEI
それがポップスをやっているバンドの醍醐味なのかなって。僕らはポップなものが得意だし、ロックバンドとしてのポテンシャルもある…それこそ鍵盤もいるし、ツインギターでツインヴォーカルだからこそ成せる部分もあると思うし。
Nobu
“COLORS”っていうタイトルも後付けで、全部の曲が並んだ時に振り幅があるアルバムになったなってことで付けたんですよ。6人のそれぞれのカラーが詰まっているっていう意味も含めて、タイトル通りの作品だと思いますね。

それでいて、ちゃんと一本の軸としてライヴがあるという。

KEI
そうですね。さっきから“ライヴ”ってばかり言ってるのは、自分たちがテレビで観ていたアーティストさんや音源をずっと聴いていたアーティストさんとライヴする機会があったり、自分たちと同じぐらいの年齢なのに強力な音楽をやっている連中と対バンしたりすると、すごく刺激になるんですね。で、それと同時に、自分たちの音源や楽曲のクオリティーへの執着心がどんどん上がっていくんですよ。まだまだこれから叩き上げていくバンドだと思っているから、現場で生き残っていくための強いアイテムにしたかったっていうのもあるので。

そんな作品の中で、ピアノ一本をバックにふたりで歌い上げるバラード「Grapefruit Moon」もあって。

KEI
鍵盤がいるからこそベタなことをやってみたくて…SHIGEちゃんの色っぽさを出すっていうか(笑)。
Nobu
アルバムならではですね。新境地っていうか、初めての試みだったんで、すごく面白かったです。ピアノ一本で聴かせるってなると表現力が試されるし。

いろいろな意味で、アツくて、濃いアルバムですね。

Nobu
1曲たりとも聴き逃してほしくないですね。捨て曲はないし。曲順にもこだわっているので、12曲をひとつの作品、ひとつの僕らの軌跡として聴いてほしいです。
KEI
これから飛躍するための一枚ができたっていう感覚ですね。作品というよりも、よりライヴが楽しくなるためのアイテムだと思っているので、このCDを聴いてライヴに来てもらって、“CDよりもライヴのほうがいいよ”って言われたいです。
Brand New Vibe プロフィール

東京都町田市在住。KEI(Vox)、Nobu(Vo&Gt)、Ryo(Gt)、yuya(Ba)、SHIGE(key)、MAa(Dr)の男性6人組からなる、エモーショナル・ポップバンド。2007年10月に前身となるバンドを結成し、2009年12月より現在の形態で活動を開始。インディーズ時代から路上ライヴやインストアライヴを主軸に活動し、女子中学生からの絶大な支持を受け、クチコミで話題となる。2011年5月、メジャーデビューを発表。同年9月、「JUST GO!!」が着うた・着ムービーがユニバーサルモバイル週間ランキング1位を獲得する中、同曲をメジャーデビューシングルとしてリリース。デビュー後も自分達のスタンスを崩すことなく、むしろさらに精力的に路上やインストアを中心としたライヴ活動を行ない、2012年8月に待望の1stアルバム『COLORS』を発表した。メッセージ性の強いKEIの畳み掛けるラップ、Nobuのエモーショナルな美声ヴォーカルの絶妙なコンビネーションが織り成すグルーヴは、一度耳にしたら離れない中毒性を持つ。オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着