【Sunya】リアルな歩みから生まれた

曲に共感してほしい

ストレートな思いを歌う若きシンガーソングライターSunyaが、デビューから3年の歩みとこれからを見せる、待望の1stフルアルバム『DRAMA』を完成させた。渾身の一枚に込めた、彼の熱い思いを訊く!
取材:土屋恵介

ついにリリースされる1stフルアルバム『DRAMA』には3年前のデビューシングル「雨上がり」から新曲が詰まっていて、Sunyaくんのこれまでの歩みと、新たな側面が見れる作品になりましたね。

はい。アルバムを作る時、僕は最初“REAL”ってタイトルにしようかと思ってたんですけど、スタッフさんと話していくうちに“DRAMA”がいいなって思ったんです。自分が歩いてきたリアルなこと、成長ぶりがドラマになるような作品になったらいいなと思いました。

まず、1曲目の「青空キャンパス」はハイトーンな歌から入る、今までで一番爽快感の高いナンバーですね。歌詞はSunyaくんらしく、夢を追う人を応援する気持ちが込められていて。

今まで僕はミドルテンポの曲が多くて、ライヴでお客さんと一体となれるアップテンポの曲がなかったんですよ。ノリノリで楽しみたいって思いも強くなってきて、みんなで騒げる、だけどメッセージ性のある前向きソングを作りたかったんです。

これまで、女性ヴォーカルのAZUさん、中村舞子さんと共演してきましたが、今回は新たに菅原紗由理さんをフィーチャー。「ずっとずっと二人で… feat. 菅原紗由理」はアコースティックなサウンドと明るいメロディーが印象的なラブソングですね。

菅原さんの声が好きで、いつかコラボしたかったんです。ヴォーカルの伸びがすごいし、とにかく歌が上手くて、ほんと感動しました。この曲は、地元の友だちが結婚ブームで、ずっと一緒にいるってテーマの約束の歌が書きたいなって思ったことがきっかけでできたんです。サザンオールスターズの『真夏の果実』がすごく好きで、きれいな曲に泥臭い歌詞が乗ってる歌っていいなと思って、その現代版のシーサイドにピッタリなラブソングになりましたね。

不器用な男の熱い想いがかなり出てますね。

ですね(笑)。僕が不器用なんで(笑)。不器用な男の人の気持ちを代弁するような曲になったらいいなって。菅原さんともこの曲を育てていきたいねって話してました。

「You’re the only one」はかなりキラキラなハウスチューンで、歌詞はピアノや友だちのことが書かれた、Sunyaくん自身の過去の話がリアルに歌われてますね。

これも、アップテンポが欲しくて作った曲なんです。もともとは《きっときっと大丈夫~》って歌詞がなかったんですよ。今年の1月17日に阪神・淡路大震災のチャリティーライヴが神戸であって、震災を忘れちゃいけない、絆をみんなに知ってもらおうって西灘小学校で授業をやらせてもらったんですね。その時にピアノを使って即興で作った曲を生徒のみんなと一緒に歌ったんでけど、そのフレーズを入れて完成した曲なんです。昔の僕はスポーツばっかりやってて、趣味がピアノだけで、殺風景な部屋にはバイトして買ったキーボードだけがあって…でも、それを親友が“カッコ良いやんけ”って言ってくれて。その言葉がすごく励みになったんです。僕の思い出の言葉が入ってるし、ほんと大好きな曲です。

「遠恋歌」「遠恋歌2 ~キミに会いに行くよ~」が並ぶと、ストーリー性、意味合いがより深くなりますね。

『遠恋歌』って今でも新しく聴いてくれる人が多いんです。僕としては、かなり情けない気持ちを書いてるし…不思議ですよね(笑)。あと、遠恋が多いのか、北海道で人気が高いらしく、今もラジオでガンガンかけてもらってて。知り合いの北海道の人に“北海道の遠恋のアンセムになってます”と言われました(笑)。知らない間に曲がひとり歩きしてるのがうれしいなって。

それは作者冥利に尽きますよね。「君サクラ」はシンプルなサウンドで、遠くにいる人の想いを感じるグッと響く曲でした。

これは、デビュー前に原曲を作っていたものなんです。最初はおばあちゃんを思って書いた曲だったんですけど、上京して親と離れる寂しさ、親や身近な人への感謝…プラス遠恋する人にも届いたらいいなって。聴く人によって解釈が変わって聴いてもらえる曲になったらうれしいなって思って仕上げました。

そして、本編ラストに「走り出して 走り出して」が入ると、夢に向かってくイメージのアルバムという印象になりますね。

全体を通して、前向きソングがあってラブソングがあって、人の出会いと別れを経験して強くなっていくような、ほんとドラマが見えるものになったかなと思ってますね。

あと、ボーナストラックとして収録されてる「少年トラウマ~明日の君へ~」は、改めて心にザクッとくる強い曲だなと感じました。

この曲は、今聴いても泣けますね。ほんとに明日生きるのがしんどいって人に届いてほしいって作った歌だし、アルバムの流れに入れるのは違うなって。シングルで出す時の状況、スタッフさんへの感謝、内容含めてアーティストとして成長させてくれた曲なんです。辛い時に聴いて助けになればっていう、すごくパーソナルで特別な、これからも大事に歌っていきたい曲です。

ジャケットの鍵は、心の扉を開けるものですよね。

はい。一曲一曲のドラマを鍵に例えて、怖れずに扉を開けて歩いていくって意味がこもってますね。

では、そんな『DRAMA』に対しての今の想いを聞かせてください。

人それぞれ『DRAMA』に対するイメージは違うと思うんですけど、もともと僕は華やかなものが好きなわけじゃなく、畳の上で曲を作るようなアーティストになりたいと思ってるし、特別な人間じゃないんです。普通の24歳なんですよ。同世代のみんなと同じく恋もするし、失恋ばっかするし(笑)。等身大の思いを込めた曲ばかりなので、そこに共感してもらえるとうれしいですね。欲を言えば、年上の方にも、“こんなことあったな…。コイツ、頑張ってるな”と思ってもらえる作品になればいいなと思ってます。
Sunya プロフィール

1988年1月18日生まれ、大阪出身。自ら作詞・作曲を手掛け、飾らない言葉でメッセージを伝える新世代シンガー・ソングライターSunya。ゴスペルで鍛え上げられた歌声、本場UKで鍛え上げられたライヴ力、独学で身につけたソング・ライティング。しかしそのヒストリーは決して順風満帆ではない。

9歳までの多感な時期を奄美で過ごし、その後大阪へ引っ越した後、地元のゴスペルクワイアの一員として活動を開始。独学でピアノを弾き始め、ソング・ライティングを身につける。弱冠15歳で活動地をクラブやライヴ会場に変え、関西を拠点に活動をスタートすると同時にトラック・メイキングも手掛けるようになる。そして、数々のメジャー・アーティストのフロント。アクトを務め、途端にSunyaの名前が関西を中心に広がっていく。

そしてたまたまライヴを観たジェフリー・ダニエルに突然話しかけられ、この出会いがアーティスト活動を活性化させる。ジェフリーがSunyaの才能に惚れ込み、ボイトレやライヴなどを共にする。17歳の時、<J-pan soul production.>と契約を交わし、活動の拠点をUKへ移す。ロンドンでボイトレやレコーディングを重ねライヴにも出演。特にイギリス、フランスで開かれたシャラマー復活コンサートでは、唯一の日本人バック・コーラスとして大抜擢された。その後、フル・アルバムを完成させたにも関わらず、レーベルの事情でお蔵入りに。

帰国後、地元・大阪で再びライヴを中心に活動をスタートさせる。ライヴハウスだけでなく、時には難波の商店街など路上でも。そして18歳にしてインディーズ・レーベルと契約を結び、ミニ・アルバムをリリースするも活動が広がらず、20歳で契約を解除。その悔しさをバネにライヴ活動を重ね、08年10月には、大阪Knaveにてワンマン・ライヴを開催し大成功を収めた。そして逆境を跳ね除け、09年6月に<SonyMusic/Ki/oon Records>よりシングル「雨上がり」でメジャー・デビュー。オフィシャルHP
オフィシャルHP
公式サイト(レーベル)

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着