写真右上より時計回り 井上雄太(Ba&Cho)、大久保良一(Vo&Gu)、永田利之(Gu&Cho)、雨宮鉄也(Dr)

写真右上より時計回り 井上雄太(Ba&Cho)、大久保良一(Vo&Gu)、永田利之(Gu&Cho)、雨宮鉄也(Dr)

【QWAI】自分たちの核が
削ぎ落とされて表現されている

シングル「サヨナラの空」でのデビュー以来、約2年間の活動の集大成とも呼べるメジャー1stフルアルバムを完成させたQWAI。“人の心を少しでも動かしたい”…そんな思いを強く込めて生み出された楽曲たちについて、メンバーの熱き心情を探る!
取材:道明利友

ついに完成したメジャー1stフルアルバムだけあって、改めて聴いてみても感慨深いのではないですか?

大久保
そうですね。まさに、俺たちの年表みたいな作品になったなって。インディーズ時代のフルアルバム『シキサイ』を出してからこのアルバムへ辿り着くまで、本当にいろんなことがあって…もちろん嬉しいこともあったし、逆に苦しいこともたくさんありましたけど、その『シキサイ』を作った時にあった“これは絶対カッコ良い!”“これだけは曲げられない!”っていうものが今はいい意味で若干かたちが変わってきたりしていて、自分たちの成長の証だなって俺は思えるんですよ。
永田
この『約束』というアルバムを完成させた今、『シキサイ』を改めて聴いてみると、若いなぁって感じたり(笑)。当時の自分たちの感情がそのまま出ているし、いい部分もたくさん感じたんですけど、やっぱりそこからのスキルアップというか、いろいろな面での成長を僕も感じましたね。
井上
たくさんの経験を積んで、いろんなものに影響されてきて…でも、自分たちの内面とかコアな部分が削ぎ落とされて表現できてるなって感じたんですよ。今回のアルバムは、自分たちひとりひとりの内面と正面から向き合ってできた音だったり、言葉が詰め込まれてるんで、“QWAIの4人の核”がしっかりあって。

具体的には、『シキサイ』の頃と比べると、どんな部分がいい意味でかたちが変わったと感じているのですか?

雨宮
例えば、中盤で展開がガラッと変わる「スパイラル」とかに表れてる、曲の中でちょっと遊んでみよう!みたいな感覚ですかね。新しい発想がいろいろ生まれてくるようになったのは、いい意味で変わった部分かもしれないです。他にも、タイトルが謎の郵便番号の曲があったり(笑)。

「〒400-0044」ですね。山梨県甲府市上小河原町っていう、みなさんの地元の郵便番号をタイトルにした(笑)。

雨宮
はい(笑)。これは、僕らが育った山梨県にあるKAZOO HALLっていうライヴハウスの郵便番号なんですよ。
井上
そういう遊び心もふんだんに盛り込めた作品だと思います。もともと、“楽器で遊ぶ”みたいな感覚で何でも試してみるのが好きな4人なんで。“これ、他の人が聴いたらダサいって感じるかな…”みたいなことは考えず、その時やりたいことを素直にやろうっていう、思い切った勇気みたいなのを得られたからこそ、実験的な曲もやれたと思うんです。
大久保
あと、「最後の30分」ではストリングスを初めて使ったんですけど、これもいい変化だと思いますね。それこそ『シキサイ』の頃だったら、“バンドにストリングスはいらないよ!”って頑なになって、こういうアプローチは絶対やってなかったです。だけど今は、“これをやってみたら聴いてる人にもっと伝わるだろうな”って感じたなら、自分たちの中にある変に頑なな部分を削ぎ落としてやってみようって。素直になれた部分はあります。

いい変化とともにある、QWAIの“コアな部分”を改めて言葉にするとしたらどうですか?

大久保
それは、やっぱり…自分たちの情けない部分も歌う。女々しい部分も歌う。そういうものを包み隠さないで歌うことが、QWAIの核だと思いますね。
井上
僕らは変な話、“希望を持とうぜ!”みたいなことをストレートに発するタイプではないと思うんですよ。だからこそ、自分たちの内面にあるものを削ぎ落として自分という人間と真正面から向き合った時に、そういう部分も曝け出していいんだって思えた。
雨宮
人としてのパーソナルな部分っていうかね。何かへの不安、自分の中にある嫌いな部分だとか…そういうものを歌ってしまうことで、自分も聴いている人も楽になるんじゃないかなってようやく気付けたんです。ただのひとりの人間として、持っているものをドロッと出すみたいなことがこのバンドの核なのかなって。
永田
そうだね。僕も、今までは自分に対して“俺はダメだ…”って、ただただふさぎ込んでしまっていたんですけど、“ダメだったらダメでもいいじゃないか!”ってポジティブに考えられるようになって。で、その“ダメでもいいじゃないか”って前を向くことができる、未来へ向かっていく「約束」っていう曲でアルバムの最後を締めるのも、僕はすごいいいなって思うんですよ。
大久保
今年の3月にShibuya O-WESTでワンマンライヴをやったんですけど、それを決めた時は、今までの自分たちの歴史の中でも一番大きい会場でのワンマンだったということで、不安がすごくあったんですよ。でも、そのライヴでQWAIというバンドを判断される部分もあるかもしれないけど、“やれることはやったよね!”って笑顔でステージに立てたら俺たちカッコ良いじゃん!って思えた時に、この「約束」を作ったんです。だから、この歌詞を持っていった時はメンバーにちょっとビックリされてしまって。“もしかして、こいつ解散しようとしてるのかな”って(笑)。
雨宮
(笑)。俺らの生い立ちじゃないですけど、俺たちの何年かの旅路と曲が重なってるよなって。でも、最後はまた笑顔で会おうっていう、まさに“約束”の曲なんですよね。

不安や葛藤、さまざまな感情が表れていますけど、その先には笑顔が待っているっていう。最終的にはポジティブな方向に感情が向かっているんですよね。

永田
そうなんです。本当にちょっとだけでもいいから外に出てみようかなとか、前に進んでみようかなとか。本当にちょっとだけでもいいから、人の心を動かして、背中を押せる曲になったら良いですね。
雨宮
デビューシングルの「サヨナラの空」も、言ってしまえば暗い曲だと思うんです。けど、最後には“花となれ”って言っていたり。この曲も、アルバムの他の曲にも、“未来に向かっていこうぜ”っていう葛藤交じりの前向きな気持ちが随所に託されていると思います。
Qwai プロフィール

山梨県甲府市出身の4人組ロックバンド。2006年4月にバンド結成。
ちなみにバンド名Qwaiは、甲府の名称“甲斐の国”の“甲斐”をもじった造語。
インディーズ時代は、CDの発売と並行して年間100本のライブを行い、各レコード会社やマスコミから注目を浴び、2010年2月にシングル「サヨナラの空」でSony Music Recordsよりメジャー・デビュー。
メジャー初となるミニアルバム「メランコリー」を3月2日(水)に発売決定。
レミオロメンに続く山梨県出身のロックバンドとして注目されているオフィシャルHP
オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着