【中ノ森文子】カラッと、ギラッと、
ギザッとした、汚い音

解散から3年半。中ノ森BANDの中ノ森文子が、アルバム『Follow me!!』でソロデビューを果たす。エレクトロポップからバラードまで幅広いトラックと、奔放な歌詞は聴き応えたっぷり!
取材:高橋美穂

ソロ第一弾として、どういう音源を作りたいっていうイメージはあったのですか?

音源って“これならライヴハウスが似合うね”や“これならクラブで流れてそうだよね”っていうイメージで作ったりすると思うんです。そこから、生楽器をどれくらい入れるか、打ち込みをどれくらい入れるか、とか調整していくと思うんですけど、今回はあえて両方が似合う音楽にしたかったんです。それって、バンドの時はできないことじゃないですか。どこで流れても違和感なく、みんなが楽しめる音楽っていうのが今回のテーマでしたね。

じゃあ、中ノ森さんご自身が好きな音楽は?

結構いろんな音楽を聴くんですけど、この人が好きっていうよりは、この音楽が好きっていう聴き方なんですよね。だから、ジャンルは関係なくって。あと、“朝起きて、お茶を飲む時はクラシック”っていうように、場面に応じて聴きたい音楽も変わりますし。だから、絶対これとはこだわらず、気分や場所に合った音楽をやれればいいと思っています。

だから、今作も振り幅が広いんですね。

そうですね。でも、自分から出てきていたり、自分がチョイスしているものなので、振り幅は広いけど、何か統一されている感じで仕上がったとは思います。

資料には“心から自信を持って最高と言えるのは人生でこのアルバムが初めて”ってコメントしてますね。ということは、制作にもがっちり食い込んだのですか?

そうですね。いろんな挑戦をしていて。マイクを曲によって変えたり、外国人作家を迎えたりしたんです。人間味を出したかったんですよ。やらされている感じじゃなくて、私はこんな人で、こんな歌を歌って、こんな曲をチョイスするから、こういうライヴになるっていうことが分かる、人間性と音楽が一致しているものを作りたかったんです。

聴いていて、特にエレクトロチューンに関して、カラッと明るい感じが日本っぽくないって思いました。

あぁ、今回の音作りの狙いにカラッと、あえて汚い音を作りたいっていうのがあったんですよ。今、みんな綺麗な音に持っていきたがるじゃないですか、特に日本は。でも、綺麗な音がいい音なわけじゃないじゃん!って。それが曲にはまればいいですけど。だから、今回はカラッとしていて、ギラッとしていて、ギザッとしている、汚い音なんですよね。曲によっても変えていますけど。

そういうことを、音楽を聴く時に研究したりしますか?

いや、いい意味で何も考えないで聴いてますよ。仕事的に聴いちゃうと、みんなと違うところにいっちゃうので。みんなと同じように音を楽しんで、作っています。

それが、他にない音楽性を生んでいるんだと思います。

良かった(笑)。さっき言ったように、自分と音楽をつなげたからこそ、誰にも似なかったと思うんですよね。

この後はツアーも楽しみですね。

そうですね。今回、ライヴに来てほしくて作ったアルバムなので。でも、中ノ森BANDをイメージしてくると180度違うと思います。良いも悪いも振り切っているというか。バンドの曲も、歌わなきゃとは考えていなくて。ソロになったから、もっと楽しんでいくよ!っていう。楽器を持って歌わない曲も多いし、ほとんど踊っていますから(笑)
中ノ森文子 プロフィール

ナカノモリアヤコ:中ノ森BANDとして数々の栄光を築いてきた中ノ森文子がバンド解散後、遂に始動。アルバム『Follow me!!』でソロデビューを果たす。オフィシャルHP
公式サイト(アーティスト)

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着