L→R 鳥居塚尚人(Ba)、葛西一茂(Dr)、津久井恒仁(Vo&Gu)、久保田庸友(Gu)

L→R 鳥居塚尚人(Ba)、葛西一茂(Dr)、津久井恒仁(Vo&Gu)、久保田庸友(Gu)

【ammoflight】過去を振り返ることで
見えてくる未来

小田原出身のJ-ピュア・ロックバンドがメジャー進出! デビューシングル「桜グラフィティ」について4人が語ってくれる。
取材:石田博嗣

デビュー曲に「桜グラフィティ」を選んだ理由というのは?

津久井
これから勝負していくフィールドに出るにあたって、自分たちを1曲で表せる曲を一枚目に出したほうがいいんじゃないかってことになって、この曲になりました。ライヴでもよくやっていたし…前身となる曲になるんですけど、もっといろんな人に聴いてもらえる曲にしたいってことでアレンジをやり直して、歌詞も少し書き直しました。
久保田
尺も長かったんですよ。6分ぐらいあったのかな?

リアレンジはシライシ紗トリさんと話し合いながら?

葛西
そうですね。各々で意見を出し合ったんですけど、びっくりするアイデアをもらったり…やっぱり、尺が短くなったことが大きいですね。自分たちがやりたいことを全部詰め込んで、あの尺だったから、もっと凝縮できるとは思っていなかったので。
鳥居塚
あと、判断力ですかね。どっちがいいか悩んでいる時に、“こっちがいいんじゃない?”ってアドバイスしてくれて。第三者がいることですごく助かりました。

シライシさんとは最初にどんなことを話し合いました?

津久井
他の曲もそうなんですけど、伝えやすい方法…音の作り方だと歌を立たせることだったり、楽曲としてのパンチ力を出すことを意識したり、歌詞だったら間接的な表現を直接的なものに変えたり。今までできていなかったことができるようになったのは、すごく大きいですね。奥が深いなって(笑)。

もともと「桜グラフィティ」は、どんな曲を作ろうと?

津久井
“大切な人と交わした約束”というのがテーマになってるんですけど、新しい場面に進まないといけないのに不安になったり、心細くなったりした時に、支えになるような曲を作りたかったんです。僕がなかなか前に一歩を踏み出せなかった時に、昔のことを思い出して、大切な人が頑張っている姿が浮かんできたので、今居る場所は違えどお互い頑張ってやっていきたいねっていう気持ちを込めて作りました。

確かに、“約束”や“未来”がキーワードになってますね。

津久井
過去を振り返ることで見えてくる未来っていうことで…まぁ、生きるって大変ですからね(笑)。
葛西
歌詞には共感しましたね。大学を卒業して1年ぐらい経った頃だったんですけど、卒業の時を思い出した。それぞれがそれぞれの夢を目指していたと思うんですけど、その時に改めてこの歌詞を読んで、頑張らないとなって背中を押されたというか。自分でも背中を押されるほど、人の背中を押す何かしらの力を持った曲だと思うので、たくさんの人に聴いてもらって、何かの励みになればなって思いますね。

本作が出来上がって、どんな手応えがありますか?

久保田
ammoflightの音楽っていうものを胸を張って出せる、そういうものが出来上がったなって。しかも、いろんな人に対して聴きやすいものになってるから、自分たちのやりたいことができて手応えもあるし、いいものができたと思っています。

では、メジャーでやってみたいことはどんなことですか?

津久井
広い会場で規模の大きなライヴをやってみたいです。
鳥居塚
やりたいことはいっぱいあるんですけど、個人的には自分でも曲を作ったり、ベース以外の楽器とか、いろんなことにチャレンジしていきたいですね。
葛西
たくさんの人に聴いてもらいたいし、観てもらいたいんで、テレビとかいろんなメディアに出ていきたいですね。
久保田
時代に爪痕を残す!
桜グラフィティ
    • 桜グラフィティ
    • 通常盤
    • VICL-36686
    • 1000円
アンモフライト プロフィール

アンモフライト:2008年3月結成。小田原出身の4人組バンド。キャッチーなポップサウンドと、日常に埋もれがちな幸せや普遍的な思いを描いた歌詞の世界観は、“J-ピュアロック”と称される。2012年3月にシングル「桜グラフィティ」でメジャーデビューを果たした。オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着