L→R 吉田結威(Gu&Vo)、山田義孝(Vo)

L→R 吉田結威(Gu&Vo)、山田義孝(Vo)

2012年の活動の口火を切るニューシングルが完成! そこにはふたりの現在の気持ちであり、メッセージが込められている。
取材:石田博嗣

震災後はなかなか曲が作れなかったと言ってましたが、「カケラ」は最近作った曲になるのですか?

山田
最新の曲ですね。震災以降、初めてのワンマンツアーとかあったんですけど、ライヴで昔の曲を歌うと何か物足りなさを感じるようになってしまって…やっぱり、今の気持ちをどんどん歌っていかないといけないって思ったんです。
吉田
ライヴって曲間にMCをするじゃないですか。そのMCで物足りない部分をフォローするようなかたちになってるなって、ツアー中に思ったんですよ。それじゃいけないと。言いたいことはMCじゃなくて、曲にして伝えないといけないと思ったんで、ツアーが終わってすぐに曲を作り始めたんです。何が物足りないのかを模索して作った曲の中の一曲ですね。

昔の曲を歌って物足りなく感じるようになった原因は?

吉田
震災の影響なのか、単純に年齢を重ねて感じることなのかは自分たちでは判断できないんですけど、2011年というのは震災のこともあるし、その被災地に歌いに行かせてもらって心の動きみたいなものもあるので、自分たちの歴史の中でとても大きな分岐点であることは間違いないですね。

では、「カケラ」はどんな曲を作ろうと?

吉田
誰しも少年少女の頃があったと思うんですけど、人がどうやって大人になっていくのかを考えた時に、深い絶望を知って、その絶望の中に愛っていうすごく漠然としたものを見つけて、そこから歩き出す時に人って大人になるって思ったんですね。それを恋愛に置き換えると、すごく好きで、ずっと一緒にいたくて、想いも共有してひとつになりたいと思うのに、絶対になれないということに気付いて絶望した時、そこで初めて愛に気付く…“受け入れる”というか。そこにこそ希望があるし、そこが大事なんだって。それを表現したかったんですよ。
山田
ずっと僕は“押し出せ、押し出せ、ネガティブ押し出せ!”って言い続けてきたんですけど、ポジティブやネガティブだけじゃない部分がたくさんある…矛盾することが多いんですよね。傷付け合うし、絶望することが多いのに、なんで一緒にいたいと思うんだろうって。そういう言葉にできない気持ちをかたちにしたかったというか。

人は絶望を知って大人になるっていうのは、ジャジーで渋いアレンジが印象的なカップリングの「風と雲と虹」の中でも歌われていますよね。

吉田
そうなんですよね。大きなテーマとしては、今回のシングルって一本筋が通ってますね。でも、不思議なことに、この曲はだいぶ前に作ったんですよ。ほとんど歌詞も変えてないんです。周りのスタッフの評判が良くて、今回入れることになったんですけど、デモの時とはアレンジをガラッと変えました。アレンジで化けましたね。
山田
この曲って聴いた時に不思議な感じになるんですよ。淡い気持ちであり、スカッとした気持ちであり…「カケラ」は恋から愛に変わる途中で、この曲は少年から大人に変わる途中っていうのが歌詞に描かれているんですけど、楽曲の中にも子供っぽさと大人っぽさがあって、そこが僕は好きなんですよね。
吉田
自分たちの計算を飛び越えたアレンジになりましたね。「カケラ」は昔から僕らのことをよく知っているアレンジャーさんだったんですけど、この曲は“はじめまして”の方だったんですよ。そういう化学変化を楽しもうっていうテーマで今は曲を作っているので、今後の作品を楽しみにしていただきたいですね。
「カケラ」
    • 「カケラ」
    • PCCA-3529
    • 2012.01.25
    • 1700円
吉田山田 プロフィール

ヨシダヤマダ:2009年10月にシングル「ガムシャランナー」でメジャーデビュー。13年12月に放送を開始した『NHKみんなのうた』での「日々」が“泣ける歌”と話題になり、5度の再放送を経てロングセールスを記録。一躍その名を拡げ、YouTubeの再生回数は1,400万回を突破した。19年は3年振り2度目となる全国47都道府県ツアーを開催し、同年11月には中野サンプラザホールにて行なった『吉田山田10周年記念「大感謝祭」』にてデビュー10周年を大団円で締め括った。吉田山田 オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着