【中村一義】『RockでなしRockn’Ro
ll2016~海賊大祝祭~』2016年5月31
日 at 赤坂BLITZ

撮影:緒車寿一/取材:山口智男

 新たに組んだバンド“海賊”とともに作り上げた、4年振りのアルバム『海賊盤』を引っ提げて各地を回ったツアーのファイナル公演。コロコロと鳴るバンジョーの軽やかな音色と“オーオー”というアンセミックなコーラスに胸が躍る『海賊盤』のオープニングナンバー「スカイライン」でライヴはスタート。“東京! ファイナルだぞ、ファイナルってことはファイナルだ全部出しましょう!”と声をかけ、『海賊盤』の曲に加え、デビュー曲「犬と猫」他、代表曲の数々を2時間にわたって披露。バラード風にアレンジした「セブンスター」で観客をうっとりさせた中村は“いい曲だね”と笑った。往年のフォーク、ロック、ソウルミュージックの影響を下敷きにしながら、それらを中村節として聴かせる才能を改めてアピールしながら、結局、アンコールでは中村を含め、総勢9名がステージに上がった。これだけ大所帯になると家族、いや、民族っぽくなると中村は以前語っていたが、バカみたいな音のデカさ、メンバー間のボケとツッコミの阿吽の呼吸、それぞれに立ったメンバーのキャラ、そしてそんなメンバーたちの奔放さを目の当たりにしてしまうと、“海賊”というバンド名は言い得て妙。新しいバンドに“海賊”と名付けた中村の気持ちがよく分かった。最高のメンバーを見つけることもミュージシャンの才能のひとつだ。“クラップ、コーラス、シャウトが重要。なるだけ参加しようぜ!”と呼びかけ、観客も海賊のメンバーに巻き込もうとしたこの日の試みは大成功。最後にはバンドも観客もひとつになり、“大祝祭”というタイトルが相応しいジョイフルな熱気に会場全体が包まれていた。

セットリスト

  1. スカイライン
  2. ロックンロール
  3. ロザリオ
  4. アドワン
  5. MAD/MUD
  6. GTR.
  7. 世界は笑う JAM
  8. 世界は笑う
  9. いつだってそうさ JAM
  10. いつだってそうさ
  11. セブンスター(カップリングver.)
  12. 犬と猫
  13. ジュビリー
  14. 大海賊時代
  15. 1,2,3
  16. ショートホープ
  17. キャノンボール
  18. <ENCORE>
  19. 魂の子守唄
  20. ビクターズ
中村一義 プロフィール

ナカムラカズヨシ:1975年2月18日、東京都江戸川区生まれのシンガーソングライター。97年、シングル「犬と猫/ここにいる」でデビュー。セルフプロデュースしたデビューアルバム『金字塔』は独特の日本語の歌詞と卓越したポップセンスが日本のミュージックシーンに大きなインパクトを与えた。以来、ソロ、そして6人編成のバンド“100s(hyaku-shiki)”としても精力的に作品をリリースしている。中村一義 オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着