【寿君】『寿君ワンマンLIVE in TOK
YO』2016年6月4日 at 代官山UNIT

取材:高良美咲

 オープニングアクトのLIFE STYLEに呼び込まれて登場した寿君は、コール&レスポンスやシンガロングといったコミュニケーションで一気にオーディエンスとの距離を縮める。また、笑いを誘う関西ノリのMCも、寿君を身近に感じられる要素のひとつ。そこからレゲエを軸に、会場の熱気を誘うダンスナンバー、夏を彷彿させる爽快なナンバーはもちろん、リリックをじっくりと聴かせるミディアムナンバーといった、活動10周年を迎える彼ならではの振り幅で会場を熱狂の渦に。また、NEO HERO、FIO、HISATOMI、MUNEHIROといったゆかりの深いアーティストをそれぞれシークレットゲストに迎えて繰り広げた豪華なセッションも観どころだった。そして、東京初ワンマンであるこの日、秋からの全国ワンマンツアーを発表! この盛り上がりが全国区のものになるであろうことは、ステージ、オーディエンス全てが笑顔にあふれている景色が物語っていた。

セットリスト

  1. BASS MASTER RIDDIM
  2. Think & Growing
  3. BUSS A BLANK
  4. RIDDIM ISLAND
  5. オレトオレバ
  6. BRANDNEW DAY
  7. ミチニイキル
  8. Sing a Song for you
  9. ALL NIGHT LONG
  10. 太陽 feat.NEO HERO
  11. FRONT TOP(NEO HEROソロ)
  12. SUMMER LOVE
  13. FALL END LOVE
  14. ハニーちゃん
  15. ついのひと。feat.FIO
  16. 灼熱のDESIER
  17. SEASON IN SUMMER
  18. ENDLESS SUMMER
  19. YAH SO NICE
  20. GOLDEN TAG feat.HISATOMI
  21. SIT DOWN PON IT feat.HISATOMI
  22. LONG DISTANCE feat.MUNEHIRO
  23. Ai no Uta feat.MUNEHIRO
  24. オレガヤレバ
  25. Who Dare Wins〜イドムモノヘ〜
  26. ANYTHING GOES
  27. SPECIAL THANX
  28. <ENCORE>
  29. Believe in myself
  30. ISLAND LOVE
  31. ほんならね
寿君 プロフィール

コトブキクン:2006年に出身地である奈良県でマイクを握り始め、2010年に“寿君”に改名。iTunesランキングやオリコンなどで上位を果たすなどインディーズで数々の記録を残し、YouTubeにアップされたPVは現在100万再生超えが10曲に到達! 20代を中心にその影響力も大きい。寿君 オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着