作品ごとにさまざまなことに挑戦し、新たな一面を見せてくれるNoa。当然のように4枚目となるニューアルバムでも、多くのことに挑戦したという。
取材:石田博嗣

4枚目のアルバムが完成しましたが、レーベルの移籍もあったし、前作と制作に入る前の気持ちも違いました?

やはり移籍第一弾ということで、プレッシャーがすごく大きかったですね。でも、気持ちを新たに頑張らないと!って感じでした。あとはいつも通りっていうか…アルバムを作るたびに新しいことに挑戦するってことを意識していて、今までにやったことのないものを結構取り入れましたね。

制作に入る前にプロデューサーのLGYankeesのHIROさんやDJ NO.2さんともいろいろ話し合って?

制作中もずっと話し合ってました。例えば、フィーチャーリングの人選はHIROさんと話し合って決めるんですけど、“このアーティストとこういうテーマの曲を歌おう”とか。歌い方もレコーディングする時に、“もっと切なく”とか“もうちょっとNoaちゃんのニャンニャンの部分を出して(笑)”って、No.2さんだからこそできるディレクションで制作したり。

フィーチャリング曲では、「Just Love feat. 吉見一星, SO-TA」はシンガー3人でのコラボなんですね。

シンガーとのフィーチャリングとなるとふたりでのコラボが多いので、3人というのは新しかったですね。でも、すごくまとまったと思うんですよ。吉見一星くんは東京にいるので、SO-TAくんとふたりで“ここはこういうふうに歌おう”とか話し合って、一星くんの部分はSO-TAくんが“こういうふうに歌ってください”って作って歌ってもらいました。

「Freeway feat. ITACHI」では、すごい早口のヴォーカルに挑戦されていますが。

これは今までで一番早口でなかろうかっていう曲ですね(笑)。レコーディングの時も噛んでしまって何回もや録り直したりしたんですけど、録り終わってみると、すごく爽快感があって気持ち良い曲だなって。ライヴで歌ってみたいですね。それもまた挑戦なんでしょうけど(笑)

フィーチャリングじゃない曲は、よりパーソナルな自分を出したという感じですか?

そうですね。自分が経験してきたことだったりが反映されているというか。『I』で歌っていることは全部私が過ごしてきた人生だし。あと、『Honey』はアルバムも4枚目で、それなりに年齢も重ねてきたから、女性らしいっていうか、セクシーな部分を出してもいいかなと思って挑戦した曲ですね。

楽曲的に印象的だったのが、やはり「願い」なのですが。

初めてストリングスを生音で入れていただいたし、初めて黒人の方のコーラス隊が入ってくれて、音に関することにもすごくこだわった一曲ですね。何も言われずに聴いたら普通のラブソングなんですけど、実は秘めたストーリーがあるんですよ。3月11日の東日本大震災…私も宮城県在住なので、周りに大切な人を亡くされた方が結構多くて、そういう方々の気持ちを代弁するような曲を書きたいと思って、こういう歌詞になったんです。震災以降は数カ月何もすることができなかった…元気を与えないといけない立場なのに何もできなかったっていうもどかしさがあったんですけど、今になってやっとかたちにすることができました。

今回のアルバムが完成した時、どんな気持ちでしたか?

いろんなことに挑戦したので、かたちになって良かったなって(笑)。制作期間も短かったので、不安もあったんですけど、みなさんに協力してもらってまとまったっていうか。新しいNoaが見れる一枚になったので、ぜひチェックしてもらいたいですね。
『N』2011年12月07日発売Venus-B /KING RECORDS
    • 初回盤(DVD 付)
    • KICS-91734 2500円
    • KICS-1734 2200円
Noa プロフィール

宮城県登米市出身、仙台を拠点に活動する女性シンガー。幼少の頃よりピアノを習い、歌が好きな母親の影響を受けて育つ。2008年12月、1stアルバム『LUCY LOVE』をリリース。収録曲の「信じてる」、「KO.A.KU.MAⅡ feat.MAICHI」、「Peace My Life feat.山猿」が話題となり、デビューアルバムにして5.5万枚を売り上げる。2009年8月に2ndアルバム『LUCY LOVE -SEASONⅡ-』、2010年8月には3rdアルバム『Noaism』とコンスタントにアルバムをリリース。11年12月、<キングレコード>移籍第1弾作品として4thアルバム『N』を発表。12年7月には、ベストアルバム『Noa’s LOVE』をリリースした。天性の歌声、磨きあげられた歌唱力、直情的なリリックが改めて評価され、自身最高位となるオリコン・ウィークリーチャート7位を記録し、着うた・着うたフル・RBTの累計ダウンロード数は350万を突破。2013年7月には、アルバムタイトルに“アーティストとしての新章幕開け”の意味を込めた5thアルバム『Molt』をリリースした。オフィシャルHP(レーベル)
Noa Official Twitter

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着