【the irony】『the irony presents
「the ironical night voi.14」』20
16年5月20日 at TSUTAYA O-Crest

撮影:中山優司/取材:高良美咲

 がむしゃらで、ひたむきな想いがあふれ出したステージは、東京に出てきて6年を経たthe ironyとしての覚悟を示していた。しかし、ただ自分たちだけで歩んできたわけじゃない。アグレッシブなナンバーで手拍子や合唱を煽ったり、涙ながらに心に迫るアクトを繰り広げるライヴの中盤、「sprout」の曲中で“力を貸してくれてありがとう”と言った船津陽史(Vo&Gu)が客席に降り、一番後ろの照明・PA卓に登って客席に向かって歌う場面は、バンドとオーディエンスの体温が通じ合っているように感じた。アンコールでは、工藤伊織(Dr)が覚悟を決めたように“もう引けねーわな”と11月23日に渋谷WWWでワンマンライヴを行なうことを発表。この日のおよそ倍のキャパとなる大舞台に挑むわけだが、心をぐっと引き寄せる力を持つ彼らには距離など関係ないと確信した。

セットリスト

  1. アンバランス
  2. worlds end
  3. Hallelujah
  4. sprout
  5. リグレット
  6. <ENCORE>
  7. 幻影少女
the irony プロフィール

ザ・アイロニー:九州から上京してきたメンバーが出会い、2012年8月に結成。その後、自主制作盤5枚を発表し、全てソールドアウト。下北沢ReGで開催した自身初となるワンマンライヴを大成功に収め、15年4月に1stミニアルバム『明るい未来の証明』で全国デビュー。16年6月、待望の2ndミニアルバム『10億ミリのディスタンス』をリリースした。the irony オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着