【日之内エミ】自分の感じた思いを
素直に歌にして伝えたい

心にストレートに届く、説得力にあふれた歌を聴かせてくれるニューミニアルバム『VOICE』を携え、日之内エミが音楽シーンの表舞台に帰ってきた。
取材:土屋恵介

2008年のアルバム『ME...』から約2年半振りの新作発表となりますが、その間の活動を聞かせてください。

制作環境が変わりましたね。メジャーでの契約が終了したりネガティブなこともあったんですけど…ただ、私ってとことん落ち込んだとしても、すぐに次の行動へ移せるタイプなんですよ。“音楽続けられるのかな?”と悩みましたけど、その翌日には今後どうしていけばいいかを考えたり、曲を書いたりしてました。

悪い状況をもプラスにとらえて進んでいったと。

ほんとそうで、“これもまた良い曲書けるチャンスだ”って思ったりして(笑)。あと、その間に他のアーティストへ楽曲提供したり、プロデュースしたりと新しい挑戦もしたんです。すごく勉強になりましたね。

今までと違う経験を積むことで、ご自身としても日之内エミというアーティストのカラーがより見えたこともあったのではないですか?

ありましたね。前は手探りだったけど、自分のカラーや伝えたいことをしっかり掴めた気がします。私って、まっすぐな性格で、しかも人一倍不器用なんです(笑)。ただ、器用に生きるより、傷付きながらでも自分が信じた道を行ったほうが人生楽しいし、成長できると思っていて。そんな自分の感じたことを素直に歌にして、リスナーに近い視線で伝えたいって思いが強くなりましたね。

まさに今回のミニアルバム『VOICE』は、生きてく上での前向きさ、人間愛の詰まった作品になりましたね。

頭で考えるんじゃなく、感じたことを書いていったら自然とそうなったんです。みんな生きてると絶対何かにぶつかると思うけど、気の持ちようでどうにでも変えていける。せっかくの生命だし、ポジティブに生きたほうが楽しいってことを歌いたくて。歌詞も、恋愛から人生、自分について歌ったり、今までよりバラエティー豊かになりましたね。

歌い方も、高いところを目指して突き進んでいく思いを歌ったポップな「Catch Me!!!」はすごくパワフルですし、過去の恋愛を振り返るバラードの「Diary」ではウィスパーヴォイスと、曲それぞれで違いますよね。

歌に関しても、感情の流れに身を任せて歌ったら、自然といろんな表情が出てきたんですよ。

AZUさんをフィーチャーした「小さな光」では、生きていく道の先を照らすような温かさと力強さがありました。

この曲は、アーティストとしての気持ちが出てます。私って、泥臭くてロックな気がします(笑)。例えば、THE BLUE HEARTSや長渕 剛さんは音楽を通して生き方を見せて、みんなの心の支えになったりしているじゃないですか。それがしっくり来るし、私もそうなっていきたいなって。

頼もしいです(笑)。あと『VOICE』を聴くと、R&Bの枠を超えたアーティストになられたんだなとも感じました。

確かにそうですね。歌に目覚めたきっかけはR&Bだけど、アーティストとして成長していく中で、ロックやいろんな音楽を好きになって、作る曲もどんどんジャンルの枠が外れていった。その曲たちをまとめてるのが、自分の声だったんです。声で人に思いを伝えるだけじゃなく、私は音楽のイメージを膨らませたりもする。私の声は、音楽やる上で一番大事な楽器なんです。そんな気持ちが、タイトルの“VOICE”には込められてますね。
日之内エミ プロフィール

ソウルフルな歌声が魅力の女性ヴォーカリスト。大阪府出身だが、4歳から14歳までの時期を台湾で過ごす。そこで洋楽に目覚めると同時に、日本をはじめアジアの音楽に触れる。帰国後、大阪のインディーズ・バンド、ぶらんこにヴォーカリストとして参加。その後、m-floの☆Takuが開催したオーディションに参加し、見事合格。
02年、☆Takuが主宰するレーベル<Tachytelic Records>より両A面シングル「Magic/World」でメジャー・デビューを飾る。03年には、オーディションで歌った15歳の時の自作曲「Painful」をシングルでリリースした他、1stアルバム『Dramatiques』も発表。また、m-floをはじめとする他アーティストとのコラボレーションも精力的に行っており、SOUL'd OUT、Heartsdales、TERIYAKI BOYZ等の作品でその歌声を聴くことができる。
07年、レーベルを<Venus-B/KING RECORDS>へ移籍し、シングル「O'kay」リリースのタイミングでアーティスト名を本名:日之内絵美から日之内エミに改名。
08年、m-floベストアルバム『Award SuperNova -Loves Best-』の新曲リード曲にLovesアーティストとして参加。また、☆Takuプロデュースによるシングル「愛だけが」をリリースし、穏やかで美しいアコースティック・サウンドが各方面で好評を博す。同年11月のシングル「片想い」に続き、12月には約5年振りとなるアルバム「ME...」をリリース。オフィシャルHP
公式サイト(アーティスト)

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着