L→R MATSUMURA(Vo&Ba)、BOUBACAR(Gu)、ANZAI(Vo&Gu)、HIROSHI(Dr)

L→R MATSUMURA(Vo&Ba)、BOUBACAR(Gu)、ANZAI(Vo&Gu)、HIROSHI(Dr)

約8カ月というスパンで届けられたニューアルバムは、前作『Keep on smashing blue,』と対となる連携作。前作との違いなど、新作について4人に訊く!
取材:土内 昇

“変わらないために変わり続ける”をテーマに掲げた、前作と2枚でひと作品のようなアルバムが完成したわけですが、最初から2枚に分けて出そうと?

ANZAI
はじめに前作と今作とは連携作にしようっていうのはありましたね。今までは先にテーマを決めないでアルバムを作ってきたんですけど、今回は先にテーマを決めて…って、それに束縛されるわけじゃないんですけど、そういうニュアンスのアプローチでアルバムを作っていこうよって。

前作と今作の楽曲の振り分けのポイントは?

ANZAI
どちらにも似たような曲が入っているのは面白くないから、毛色が違うものを振り分けたりしてました。前作はLAST ALLIANCEのギラギラとして尖った感じのもので、今作はその鬱屈したものが開けるような…トンネルから光に向かっていく感じのものになればいいねって話し合いながら。

前作はLAST ALLIANCEのコアな部分が出ていて、今作は広角的でポップな印象もあったのですが。

BOUBACAR
前作よりも今作の方が歌とかメロディーにスポットが当たっていると思うので、自ずとそういう印象になるでしょうね。でも、それは結果的なものです。

楽曲的には前作と同じ時期に作っているせいか、今作でも歌詞にはバンドのコアな部分を感じました。

ANZAI
歳をとるごとに、枚数を重ねるごとに、逆に青臭い歌詞になっている気はしますね。1stや2ndの頃は“こうなってやる!”って未来を見ていたけど、今は過去を見ている感じがあるんですよ。それは回想するんじゃなくてね。

当時のがむしゃらに頑張っている気持ちを素直に歌えるようになったのかもしれないですね。

MATSUMURA
歳のせいですね(笑)。普通の生活の中でも若い頃って“ありがとう”や“ごめんね”とかが言えなかったするけど、歳をとると自然に言えるようになるじゃないですか。それに近いものがあるというか、今だから素直に歌えるんですよね。

そんな2作品を作り終えた、今のバンドのテンションは?

ANZAI
いい感じだと思いますね。ここ2年間はアルバム2枚の制作に突っ走ってきたんで、ひと段落したというか、やり終えた充実感があるし、この後のツアーに対するワクワク感も入り混じっていて…大変なことになってるんじゃないですかね(笑)。
HIROSHI
もうライヴのことしか考えてないです(笑)。連携作だったってのもあるし、各自がツアーを想定してアルバムの制作に入っていたと思うから、今はアルバムの曲がどうライヴで映えるのかってのが楽しみですね。

いい意味での原点回帰ができた感覚もありますか?

ANZAI
特にないですね。まだまだ先を見ているので。
MATSUMURA
集大成的なものになるのかなと思っていたんですけど、出来上がってみたら新しいものになってましたからね。確かに、僕、歌詞に関しては1stを意識していたんですよ。僕の周りの人間は1stが一番分かりやすいって言うんで、意識してストレートに…1stに戻るっていうわけじゃないですけど、伝達方法をシンプルにしたから、原点回帰っていう印象を受ける人もいるかもしれないですね。でも、逆にサウンドは今までの経験を踏襲しているから、ぜひヘッドフォンで聴いてほしいんですよ。よく聴いてみると、シンプルなんだけどいろんなことをやってますからね。一音一音が面白いし、また新しいものができたなって。
LAST ALLIANCE プロフィール

02年結成。ANZAI(vo&g)、MATSUMURA(vo&b)、SHINGO CHANCE!(g)、HIROSHI(dr)の4人から成るスピリチュアル・ロック・バンド、LAST ALLIANCE。スピリチュアルなヴォ−カルが交錯するツイン・ヴォーカルという独特なバンド編成もさることながら、エモーショナルかつメロディアスな楽曲の中に、異質なまでのポピュラリティを見出したメロディ、叙情的でメッセージ性の強い歌詞で卓越したアーティスト性を放つ。

インディーズ・シーンでの活動を経て、07年11月に<VAP>より6thシングル「Signal 004」でメジャー・デビュー。その後もコンスタントにシングル&アルバムをリリース、近年では、日本最大の邦楽フェス『ROCK IN JAPAN FES.』や10-FEET主催の『京都大作戦』に出演するなど、圧巻のパフォーマンスで数々のライヴハウスを熱狂させており、ロック・シーンでは今最もブレイクに近いアーティストとして周囲の期待を集めている。そして10年10月にはフル・アルバム『Keep on smashing blue,』をリリース。LAST ALLIANCE Official Website
オフィシャルHP
公式サイト(レーベル)

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着