【グッドモーニングアメリカ】『グッ
ドモーニングアメリカTOUR 2016』20
16年4月24日 at 新木場STUDIO COAST

撮影:佐藤広理/取材:石角友香

 バンドにとっての成功のかたちはバンドの数だけあるんじゃないか? そんなことを思ったツアーファイナル。昨年11月の日本武道館公演にはある種の達成感と悔しさが残ったようだが、だからこそ再びバンドがチャレンジャーでありサバイバーとして、それ以降を闘い、楽しむのかが今回の焦点。結果、そんなことはバンド自身がもっとも表現できるわけで、かつてない引き締まったテンションで3~4曲ごとのブロックをまるで演奏という意志の塊のように刻み込んでくる気迫に総毛立った。4人の表情もいい。特に後半は圧巻で、金廣真悟(Vo&Gu)が“人生やり直したくなる時もあるかもしれないけど、なんかそれじゃそれまでの人生がもったいないじゃないか”という意味のMCを述べ、それより全てを抱えながら現状を超えていこうとする意志を込めた「突破していこう」の披露、熊本を始めとし、今、九州地方で不安な日々を過ごす友人たちに会場一体となり、終わりのない“頑張れ!”をシンガロングした「友よ」で体現したグッドモーニングアメリカというバンドの愚直なまでのエールの送り方。声も尽きんばかりに発される、それは掛け値なしのパワーを生むことをこの日、目の当たりにした。そして、不安や自分への疑いも抱えて生きることそのものを共有する「inトーキョーシティ」を本編ラストの前に配置したこともいかにもグドモらしかった。アンコールでは11月に地元・八王子でアリーナクラスの主宰フェスを開催することも発表。仲間や地元を切り離して成長はない、そんなスタンスが彼らならではの成功への鍵と見た。

セットリスト

  1. ディスポップサバイバー
  2. キャッチアンドリリース
  3. 境界を越えて
  4. アウトサイダー
  5. コピペ
  6. 言葉にならない
  7. ハローハローハロー
  8. 雨ニモ風ニモ負ケズ
  9. 拝啓、ツラツストラ
  10. 雨の日
  11. ウォールペーパーミュージックじゃ踊りたくないぜ
  12. ビッグバン 
  13. ロールプレイングゲーム
  14. アブラカタブラ
  15. 突破していこう
  16. 低気圧の夜
  17. イチ、ニッ、サンでジャンプ
  18. 友よ
  19. 空ばかり見ていた
  20. inトーキョーシティ
  21. 一陽来複
  22. <ENCORE>
  23. for better,for worse
  24. 未来へのスパイラル
グッドモーニングアメリカ プロフィール

グッドモーニングアメリカ:ギターロック、メロコアなどを融合した音楽性、圧倒的なライヴパフォーマンスによって急激に注目度を高め、13年5月に発表したメジャーデビュー作でもある1stフルアルバム『未来へのスパイラル』がオリコンチャート11位を記録。15年11月には初の日本武道館公演を成功させ、18年はバンド結成10周年アニバーサリー企画『グッドモーニングアメリカからの10くらいの恩返し』を打ち立て、さまざまな企画にトライしている。グッドモーニングアメリカ オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着