【中村舞子】19歳の私が出せるベスト
の“答え”

卓越した歌唱力で、数々の楽曲に参加し注目を集めてきた19歳の女性シンガー・中村舞子が、ついにメジャーデビューアルバムをリリース! 1曲1曲に込められた等身大のメッセージが心に響く。
取材:齊藤 恵

音楽活動はいつごろから始められたのですか?

中学生の時ですね。兄も母も音楽が好きで、みんなで音楽を楽しむような家庭環境で育ったので、当時のいろんな経験を通じて、“自分も音楽で何かしたい!”と心が動かされたんです。それでオーディションを受けたのがきっかけですね。

その後、高校生の時に参加したLGYankeesとの「Because…feat.中村舞子」が話題となり、多くリスナーから支持されてきましたが、そんな方々についにご自身のフルアルバムが届けられますね。制作はいかがでしたか?

今まではいただいた楽曲だったんですけど、今作では自分の本質や思いを明確に伝えていこうという気持ちで、さまざまなコンセプトに沿った楽曲を作りました。本格的に作詞にも挑戦して、全曲書いたんです。現時点での、19歳の私が出せるベストの答えが詰まったものになったので、そういう意味を込めて“Answer”というタイトルにしました。

大事なタイトル曲でもある「The Answer feat. CLIFF EDGE」はCLIFF EDGEとの共演ということですが。

CLIFF EDGEさんのアルバム『Re:BIRTH』でラブコールを受けて『会いたくて、素直になれなくて feat. 中村舞子』でご一緒させていただいた時に、もう3人が大好きになってしまって(笑)。それで今回、自分の作品でも一緒にやりたかったんです。

相思相愛だからこそのドラマチックな曲になりましたね。

この曲を作る時に、“あれが最後だったら”というフレーズを伝えたいというのがまず私の中にあったんです。みんな、毎日、当たり前のように朝を迎えているけど、それって実は当たり前のことじゃなくて…。明日に保証がないからこそ、側にいる人や今思っている気持ち、過ごしている時間を少しでも大切してほしいなと。それに気付くきっかけなればという想いで作りました。気持ちや設定の細部までみんなで意見を言い合いながら、最後まで熱い想いでやりきれましたね。

そんな「The Answer feat. CLIFF EDGE」と次の「Fragile ~あなたがいた...~」は切ないラブソングですね。

最初の2曲は“中村舞子、ここにいるよ”って感じで(笑)、今までの自分のイメージに近いものを打ち出したんです。3曲目以降は“こんな私もいるよ”というところを出しました(笑)。いい意味でみんなを裏切りたかったんですよね。

確かに、「NEXT DOOR ~skit~」以降は雰囲気が変わりますね。今井了介さんが手がけた「BREAK FREE feat. LISA」は新たな一面を思わせるエッジーな仕上がりですね。

この曲は尊敬するLISAさんと共演しているんです。“最近、みんな縛られてるよね”っていう会話から曲作りが始まって、“BREAK FREE”というフレーズが生まれて。“今こそ、自由に!”と言えるような、前向きになれる曲を目指しました。

そして、逗子三兄弟との「Love for You with 中村舞子」のアンサーソングの「Kiss the Sky with 逗子三兄弟」も披露。

この2曲は、サビだけメロディーが一緒なんです。両方聴いた人にしか分からない答えをそ~っと忍ばせてあるので(笑)、ぜひ聴いてほしいですね。

これまでのカラーから新たなものまで多彩な楽曲を楽しむことができて、何より改めてその圧倒的な歌力、歌心を感じられる、聴き応えたっぷりの一枚だと思いました。

今、伝えたい気持ちは全部この中に詰まっています。いろんな私を知っていただいて、応援してもらえたらうれしいですね。
中村舞子 プロフィール

ナカムラマイコ:東京都出身の女性シンガー。1991年6月15日生まれ。日本、フィリピン、スペインのクオーターであり、両親の影響により幼少時から洋楽に親しむ。高校1年生の時に応募した『NO DOUBT tracksオーディション』でグランプリを獲得し、主催者LGYankeesのアルバム『NO DOUBT!!!−NO LIMIT-』に「Because…fest.中村舞子」で参加。同曲の着うたダウンロード数は100万件を突破し、一躍注目を集める。2010年1月、1stアルバム『CURE』でCDデビュー。切なくもストレートな恋愛観と高い歌唱力、パワフルな歌声で話題を呼ぶ。2011年1月、2ndアルバム『Answer』でキングレコードよりメジャーデビューし、同年6月にはミニアルバム『Moment』リリース。翌年ポニーキャニオンに移籍し、アルバム『HEART』とミニアルバム『7→9』の2作を発表。ISSA×SoulJa、NERDHEAD、MAY’S、WISE、Lisa Halimなど、人気アーティストとのコラボレーションも数多く行っており、2013年3月にこれまでのフィーチャリングソングを収録したベストアルバム『INVITED ~Maiko Nakamura featuringBEST~』を発売した。オフィシャルHP
公式サイト(レーベル)
ブログ

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着