L→R 上野啓示(Gu&Vo)、成瀬篤志(Key)

L→R 上野啓示(Gu&Vo)、成瀬篤志(Key)

【カミナリグモ】自分たちにふさわし
いアルバム

the pillowsの山中さわおを迎えた「ローカル線」でメジャー進出を果たしたカミナリグモが、1stメジャーアルバム『BRAIN MAGIC SHOW』を完成させた。バンド感、ライヴ感に満ちた本作について、本人たちは“やりたいことができた”と語る。
取材:土内 昇

ライヴを彷彿させるアルバムですね。それは鈴木 淳さん(the pillowsサポートベース)や森 信行さん(ex.くるり)がサポートに入るようになったことも影響しています?

成瀬
淳さんと森さんに出会って、一緒にプリプロからレコーディングまでやったことで新しい発見があったというか…そういうものが曲にも表れていると思いますね。
上野
今まで単純にいい曲を書こうとか、聴いた時に感動する曲を書こうとかに意識があったんですけど、ライヴをイメージできる曲を作ろうというのがそもそもあって、その上で鈴木さんや森さんとかが手を貸してくれたので、タイミングが良かったというか…ライヴをイメージできる曲を作ろうというモチベーションだけがあってもミュージシャンが揃わなかったら、今回のアルバムはできてなかったと思うんですね。だから、もともとの自分たちのモチベーションがあった上で、強力なリズム隊がサポートしてくれたっていう感じです。

そういう部分での一番大きな変化は?

成瀬
今まで上モノで何とかしようという意識だったものが、ベースとドラムだけで十分にフックになっているので、上モノはシンプルで明確なものであればいいっていうものになったというか…ベースとドラムの気持ちいいリズムにメロディーがシンプルに乗るっていうことを核にして作ってましたね。

その中でも「mission to mars」と「Red Baseball」は自由度が高いというか、他の曲と少しテイストが違いますよね。

成瀬
「mission to mars」はインストが1曲あればいいねって話をしてて、淳さんの家でノリで作ったというか…
上野
最初に淳さんがリフを弾き始めて、それに合わせて鍵盤とギターが入って、その途中の展開のフレーズを僕が出したら、それにみんなも乗ってきたっていう。そういう作りかたって今までなかったんで、すごく新鮮でしたね。

今までセッションで作ったことがなかったと?

上野
ないです。「Red Baseball」も2時間ほどで…別の曲をプリプロしている時に、その曲をプロデュースしてくれた山中さわおさんに“カミナリグモは名曲しかないから、ふざけた曲を作らないといけない”って言われて、ほんと勢いで作ったので、さわおさんが何だかんだ言っているうちに終わったみたいな。

そういう意味では、今回のアルバムはバンドで作れたし、セッションでも曲を作ったりして、自分たちの中にあった壁がひとつ壊せたという手応えもありますか?

上野
そうですね。今までもバンドサウンドでやりたかったけど、メンバーの編成上できなかったから、制限っていうか、そこから逆算してアレンジするというルールがあって…でも、そうやって曲を作っていたこと自体がそもそもおかしいっていうか、ルールっていうのは邪魔なものだったんだんだなって。
成瀬
逆に“バンドでできる”という新しいルールが生まれた…聴いた人が気軽にコピーできるという部分も含めて“バンドでできる”っていうルールができたところがありますね。
上野
うん。ライヴでの再現性っていう部分で、前よりもこだわりが強くなりましたね。そもそもライヴをイメージして曲を作っているから当然なんでしょうけど。だから、今回は自分たちが考えられるベスト…それはリズム隊にいいミュージシャンが揃って、プロデューサーにさわおさんが付いてくれて、その中で自分たちのやりたいことができたということで、自分たちにふさわしいアルバムになったと思います。
カミナリグモ プロフィール

カミナリグモ:2002年に上野を中心に活動開始。弾き語り、バンドなど形態にとらわれずに活動を続け、07年にサポートだった成瀬が正式加入。独特の歌声と詩世界、サウンドの空気感が聴く者を魅了する。オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着