【SUPER BEAVER】『SUPER BEAVER 10
周年〆 「都会のラクダSP 〜スーパー
フィーバー〜」』2016年4月10日 at
Zepp DiverCity Tokyo

撮影:Suzuki Kouhei、青木カズロー、MAYUMI -kiss it bitter-/取材:山口智男

 昨年11月の赤坂BLITZからさらに自身のワンマン史上における最大キャパを更新した今回のZepp DiverCity Tokyo公演。それにもかかわらず、“ライヴハウスの距離感だけは忘れたくない”と渋谷龍太(Vo)も言っていたように、200人とかぐらいのライヴハウスでやりたい放題に暴れまわっている勢いのまま乗り込んできたようなところが痛快だった。結成から10年。物分かりが良くなったわけでも、変に洗練されたわけでもなく、彼らが未だに自分たちの真摯な想いを剥き出しにしながら懸命に生きることを歌い続けていることに感激。ロックバンドはやっぱりそうでなきゃ。今年1月より3カ月連続でリリースしたシングルの3曲をはじめ、自主レーベルを立ち上げてからのレパートリーを中心にメジャーデビューシングルだった「深呼吸」他の懐かしい曲も披露。曲の前後だけでは足りずに曲間でも曲に込めた想いを語らずにいられないのは、伝えたいことがありすぎるからだ。「うるさい」ではステージの前に下ろした紗幕に映像と歌詞を映し出すという大バコならではの演出でも客席を沸かせたが、“歌詞も”というところが彼ららしい。どんだけ伝えたいんだ。暑苦しい…いや、熱い想いに胸を打たれた。時間をかけ、着実に歩みを進めてきた自分たちをラクダに例えた彼らが“これからはもっとスピードを上げていく”と宣言。そして、アンコールで6月1日に新しいアルバム『27』をリリースして、全国ツアーを行なうことを発表すると、『27』から早速、「秘密」を披露。10周年記念の締め括りが新たなスタートであることをアピールした。

セットリスト

  1. 361°
  2. 鼓動
  3. 言えって
  4. ことば
  5. 歓びの明日に
  6. あなた
  7. シアワセ
  8. 深呼吸
  9. らしさ
  10. 日常サイクル
  11. your song
  12. 人として
  13. 青い春
  14. ルール
  15. うるさい
  16. 証明
  17. 東京流星群
  18. ありがとう
  19. 愛する
  20. <ENCORE>
  21. 秘密
  22. ILP
SUPER BEAVER プロフィール

東京出身4人組ロックバンド。メジャーデビューから自主レーベル設立まで様々な経験をしつつも、 [NOiD]に所属してから人気が再熱。2018年4月30日には、日本武道館での単独公演を開催し、即完売で約10,000人を魅了した。同年6月30日には2年ぶりとなるフルアルバム「歓声前夜」をリリースし、過去最高のセールスを記録。ツアーも全公演即日完売。インディーズバンドながら、カンテレ・フジテレビ系10月連続ドラマ「僕らは奇跡でできている」の主題歌に「予感」が抜擢。2019年3月よりバンド初となるホール公演を含む全国ツアーを開催し、全公演ソールドアウトを記録。2019 年11 月には、神戸ワールド記念ホール 2Days と2020 年1 月に国立代々木競技場第一体育館でのワンマン公演も即完売。4月8日にメジャー再契約を表明し、ニューシングル「ハイライト / ひとりで生きていたならば」のリリースを発表。2020 年9 月からはライブハウス、ホールをワンマンで周り、さらに仙台ゼビオアリーナ2Days、大阪城ホール、日本ガイシホールとアリーナ公演も決定。12 月にはツアーファイナルとして横浜アリーナ2Daysを控えている。今最も注目のロックバンド。SUPER BEAVER オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

新着