【ねごと】『お口ぽかーん!?〜つま
り2マンツアー2016〜』2016年4月4日
at TSUTAYA O-EAST

撮影:AZUSA TAKADA/取材:清水素子

 Brian the Sun、雨のパレード、フレデリック、女王蜂と、メンバー曰く“気になってて、しっかりツーマンで対バンしたい相手”と回った全国5公演。最終日の対バン相手であるパスピエは、昨年末に武道館ワンマンを成功させた勢いそのままに、大胡田なつきがキャラの立った歌声とパフォーマンスで所狭しと客席を煽動。先攻としての役目と存在感をがっちり示すと、その熱気を主催者ねごとがダンサブルなグルーブに変えてゆく。バンドセッションから幕開けた1曲目「DESTINY」ではキュートで繊細な音符が鮮やかに跳ね、手拍子で始まった「シンクロマニカ」に続けば沙田瑞紀(Gu)は激しく頭を振り、心地良いビートを鳴らす藤咲佑(Ba)とともにステージ上を大きく躍動。バンドが全身で音楽を楽しんでいるさまがヒシヒシと伝わってくる。時にドリーミングに、時にフロアーとコール&レスポンスを繰り広げてロックに迫りながらも、もっとも驚かされたのが流れるようなライヴ展開。曲間を有機的につないだ結果、オーディエンスの心に高まる想いを自然発生させ、涼やかな「カロン」では、すし詰めのフロアーから拳があがるという、信じられない光景を生み出した。新曲2曲でも、片や前に出た蒼山幸子(Vo&Key)が光るパッドを掲げてクールに誘い、片や澤村小夜子がテクニカルなドラミングで押しまくって、ひと筋縄ではいかない音楽性を披露。ミラーボールが回る「endless」では幻想的な世界観に4人の音が生々しく重なって、見事に“ねごと”という星座を形作る。その光がますます輝きを増すであろうことは、アンコールでの大合唱と一体感が証明していた。

セットリスト

  1. 【パスピエ】
  2. 1.トキノワ
  3. 2.とおりゃんせ
  4. 3.裏の裏
  5. 4.チャイナタウン
  6. 5.フィーバー
  7. 6.蜘蛛の糸
  8. 7.シネマ
  9. 8.MATATABISTEP
  10. 【ねごと】
  11. 1.DESTINY(long ver.)
  12. 2.シンクロマニカ
  13. 3.真夜中のアンセム
  14. 4.未来航路
  15. 5.黄昏のラプソディ
  16. 6.GREAT CITY KIDS
  17. 7.カロン
  18. 8.新曲
  19. 9.新曲
  20. 10.ループ
  21. 11.nameless
  22. 12.透明な魚
  23. 13.endless
  24. <ENCORE>
  25. 1.sharp♯
  26. 2.憧憬
ねごと プロフィール

ねごと:『閃光ライオット 2008』(SonyMusic × TOKYO FM『SCHOOL OF LOCK!』)で審査員特別賞を受賞したガールズロックバンド。10年9月、1stミニアルバム『Hello!"Z"』でメジャーデビュー。蒼山幸子の透明感あふれる唯一無二の歌声と、オルタナティブなロックエッセンスを軸にエレクトロサウンドを融合し、ポップでファンタジックな世界を作り出す。ねごと オフィシャルHP
SonyMusic

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』