【mini】“絶対に幸せになってやる”

っていう強さ

これぞ、最新型のエレクトロ・ポップ・ダンスミュージック! 同世代のリスナーへ向けたリアル・メッセージとともに、miniの新たなサウンドを開拓した2ndシングルが登場だ。
取材:道明利友

タイトルからして“女子力”全開ですね(笑)。

はい!(笑) “GiRLS SPiRiT”ですから。女の子のパワーはすごいですからね、やっぱり。草食男子が流行ってるっていうのもあると思うんですけど、今の男の子、ちょっと力が弱いなって感じることも…(笑)

男子としては、身につまされます…(笑)。でも、本当に今回の曲はすごく強いメッセージがこもっているなっていう印象です。どんな思いから誕生した曲なんですか?

例えば、先生とか親に怒られてムカついたとか、自分の夢をどうやって叶えたらいいか分からないとか…。心のモヤモヤみたいなものが、みんな生きてるなかでそれぞれにあると思うんですね。そういう、誰しもが持ってるモヤモヤを吹っ飛ばせる起爆剤みたいな曲が作りたかったんです。で、“絶対に幸せになってやる”っていう歌詞が、サビの最後に入ってるんですけど。“幸せになりたい”じゃなくて“絶対に幸せになってやる”っていう強さみたいなところから、“GiRLS SPiRiT”ってタイトルも浮かんだんです。

“幸せになりたい”だと願望で、“幸せになってやる”だと決意というか。強いニュアンスですよね。

私は歌手になるっていう夢を持って昔からやってきて、でもそれが上手くいかない時期も長くて。“こんなにやってるのになんで私は上手くいかないんだよ…”みたいな経験が私にもあって、これを聴いてくれる人も同じような経験はそれぞれあるんじゃないかと思うんですよね。そういう気持ちから始まって、曲の頭でいきなり歌ってるんですけど…。“大丈夫だから!”みたいな(笑)。人は誰でも悩むし、でも、それを越えたあとには気づかないうちに強くなってて。昨日を振り返ったら、あんなに辛かったことが大丈夫になってるとかっていうことが大人になっていくなかであると思うから、そういうことは私自身が感じたリアルな経験からも伝えたいなって思うんですよ。

2曲目の「Dear Friend」はポップなテイスト、3曲目の「Baby baBy」はギターをフィーチャーしたロックなテイストで。サウンド的には、エレクトロを軸にしていろいろなベクトルに広がっているなっていう印象でした。

「GiRLS SPiRiT」みたいなエレクトロなダンスミュージックとか、R&Bやヒップホップとかのクラブミュージックだったりとか、逆にすごいポップな歌謡曲って言われるようなものだったりとか…。miniっていう人が真ん中にいて、そこにいろんなものを引っ張ってきて取り入れた結果というか。で、例えば…サウンドはすごいクラブテイストで普通の女の子にはちょっと分かりにくいかもしれないから、そのぶん歌詞は分かりやすくしようとか。自分が伝えたいメッセージはこうだからサウンドはこうっていうふうに、その都度パワーバランスを考えながらやってる感覚ですね。やっぱり、私自身がそういうところでいろんな経験をしてきたっていうこともあって、いまどきの若い女の子たちにメッセージを伝えたいってすごく思ってるんですよ。あと、中学生とか高校生の子たちはクラブには入れないじゃないですか。でも、私はもうそういうところを通ってきた結果、今のこういうスタイルがやれていて。そういう中からできてくる音楽で、若い子たちをminiの世界に引っ張れたらいいなとは思ってるんですけどね。
mini プロフィール

1985年3月12日生まれ、東京都出身の女性シンガー、mini。幼い頃、ミュージカル『Annie』を見て、ステージに立つことを決意。12歳にして初ステージを経験し、その後も自身が作詞する楽曲にてライヴ活動を展開する。17歳になり、シンガーとしての認知度を高めるため、モデル業もこなし、各雑誌に登場し始める。

また、自身が社長としてモデル事務所を立ち上げ、ギャル系コミュニティの中で一目置かれる存在となるなか、GReeeeNのプロデューサー兼High Speed Boyzのヴォーカルを務めるJIN、ロック・ナンバーからエレクトロ系サウンドまで幅広いジャンルの楽曲を得意としているサウンド・プロデューサーnishi-kenと出会い、アーティスト“mini”を作り上げるチームが完成。

満を持して、10年3月に<avex trax>より1stシングル「Are U Ready?」でデビュー。「自分を信じ続けて諦めなければ、夢は必ず叶う——。」そう自分に言い聞かせてきた彼女の歌詞は、同性からの共感を得る範囲に収まらず、前向きに、次のステップへ向かう背中を押す存在として支持を集めている。オフィシャルHP
オフィシャルHP
公式サイト(レーベル)

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着