【松下優也】自由じゃないから
自分の力で飛び立ちたい

6月に1stアルバムをリリースしたばかりの松下優也が、タイプの違う3曲を揃えたシングルをリリース。20歳になった彼にとって“bird=自由”とは、どういうものなのだろうか。
取材:大庭利恵

表題曲の「bird」は、自由をテーマにした大人っぽい世界観ですよね。

僕も大人っぽいなと思ってるんですけど、実はデビュー前からある曲で、歌も2年前のテイクを使ってるんです。

ということは、18歳のときに?

はい。自由って人間にとって永遠のテーマだと思うので、18歳のころの僕と今の僕では解釈は多少違うけど、当時の淡々とした歌声が、この曲にはぴったりだと思ったんで、そのまま使おうと思って。

18歳の自由と、20歳になった現在の松下くんの自由には、どういう違いがある?

20歳という年齢って、いろんなことが自由になるじゃないですか。僕、お酒に興味がなかったんで、20歳の誕生日にいいお酒を飲ませてほしいってお願いしたいんですよ。僕が最初に飲んだ酒はドンペリだって言いたくて(笑)。それ以来、飲んでないんですけど、そういうふうに世間からの規制が解かれるってことは、逆に責任を持たなきゃいけないんだなって思いましたね。ただ、それは現実的な部分で、気持ち的なところでは15歳のときから同じです。

15歳といえば、N.Y.に留学したころですよね。

そう。N.Y.に行ったとき、自分ってなんてちっぽけなんだと思ったんです。それと似たような意味で、空を見上げると、自分は地球というちっぽけな惑星の中に閉じ込められてるような気がするんですね。自分の足ではこの場所から飛び立つことはできないんだなって。

普通は、そこから飛び立ちたくて空を見るものだけど、逆に自分の無力さを感じてしまうの?

冒頭に“花も木も僕らも悲しい”っていう歌詞がありますけど、全部一緒なんだなって思うんです。結局、地面に繋がれている。かと言って、それに悲観するわけじゃなく、だからこそ自分の力でポジティブになろうとするってところがいちばん伝えたい部分です。

カップリングの「4Seasons」は、アップテンポなダンスチューン、「L.o.L」はR&Bという、まったく違うタイプの楽曲が収録されてますよね。

そうですね。『4Seasons』は、最初に聴いたときから早くライヴで歌いたいって思った曲でした。振りがついたら、すごく楽しいだろうと思ったし、実際、盛り上がる曲になってるんですね。『L.o.L』は、これまで僕がやってきたR&Bの流れを感じてもらえる1曲になってると思います。

ジャケットも白バージョン、黒バージョンとありますが、ひとつの枠に収まらず、いろんな自分を見せていきたいということで?

6月に1stアルバムもリリースして、『黒執事』という人気のあるミュージカルに出演させてもらったり、いろんなイベントやライヴで経験を積んだからこそできた3曲だとは思うんですけど、いろんな面を見せようと、自分から作り込んでいるというよりは、自然とそうなってきてる気がしますね。どんな曲を歌っていてもR&Bの“匂い”を感じさせられるのが本当のR&Bシンガーだと思っているので、僕自身が成長していく中で必要だから、こうやって形になってるんじゃないかなって思います。たくさんの人の記憶に残るような一枚になればいいなと思ってます。
松下優也 プロフィール

1990年5月24日生まれ、兵庫出身。俳優、そしてR&Bシンガーとして活躍する松下優也。小学6年生の時に、大阪の音楽学校“キャレスボーカル&ダンススクール”に入学し、ゴスペルなど洋楽を中心にヴォーカルを学ぶ。中学3年生の時に受験を巡り母親と衝突。ソウル・ミュージックに魅せられ、ニューヨークへ単身渡米した。帰国後、進学を望んでいた母親を説得し、中学卒業後は高校には進学せず、音楽の勉強に専念する。

05年、EXILE、柴咲コウ、CHEMISTRYなどのヒット曲を手掛けるJin Nakamuraに見出され、デビューに向け、楽曲制作をスタート。そして08年11月、<EPIC Records>より有線問い合わせチャート1位を獲得した1stシングル「foolish foolish」でデビュー。09年6月に東京と大阪で開催されたワンマン・ライヴ『Independence』は、シングル2枚のみのリリースにも関わらず両日共にソールド・アウトとなった。大阪を中心として自ら企画するライヴ・イベント『HEAVYRHYTHM』も行い、積極的にライヴ活動を展開している。10年6月には1stアルバム『I AM ME』をリリース。オフィシャルHP
公式サイト(レーベル)

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着