L→R 吉田結威(Vo&Gu)、山田義孝(Vo&簡単で不思議な楽器担当)

L→R 吉田結威(Vo&Gu)、山田義孝(Vo&簡単で不思議な楽器担当)

【吉田山田】挑戦のシングルだと思っ
ている

吉田山田が完成させた新曲は爽快感と切なさを併せ持つ夏ソング。彼らにとっては挑戦と冒険の1曲だったようだ。
取材:土内 昇

「夏のペダル」は最初から夏をテーマに作ろうと?

吉田
そうですね。今年の初めぐらいに3枚目のシングルを夏に出すっていう話があって。でも、今まで夏の曲って作ったことがなかったんですよ。夏の曲っていうか、季節感のある曲を避けてた…あえて避けてたわけじゃないけど、結果的に避けていたんですね。季節を過ぎると聴いてもらえなくなるからなのか、普遍的なものを歌いたいからなのか。

では、どんな夏ソングにしようと? 切な系なのですが。

吉田
僕自身、夏にうわ~ってはしゃぎたいタイプではないんですよ。どちらかと言うと、夏って冬よりも切なく感じてしまうんですね。なので、夏の暑い盛りの真っ昼間に、みんなで遊びながら聴く曲っていうよりも…僕の中では田舎の風景の中で全力で自転車をこいでるっていうイメージがありましたね。

アレンジの清涼感も手伝って、自転車に乗っている時の爽快感が、すごく曲の雰囲気に合っていると思いました。

吉田
ようやくパソコンで曲を作れるようになってきたんですよ。アレンジャーさんに“こんな感じのアレンジにしたいんです”って明確に伝えるためにも、ふたりでいろいろ話し合って作ったんで、それを結構取り入れてもらえましたね。だから、自転車の疾走感を感じてもらえたのなら、すごくうれしいです。
山田
あと、この曲はレコーディングしている最中にどんどん変わっていったんですよ。クラップを足したり、歌詞も少し変えたり…題名が決まったのも曲を録ってる時でしたね。
吉田
“シャラリラリ~”というのもレコーディング中に出てきたんですよ。すごく感情が乗っている時に出たフェイクで、それがいいってことになって入れたんです。あと、最後に花火とか風鈴とかの効果音が入っているんですけど、それはすごくチャレンジでした。音楽って何が良いか悪いかなんて分からないから、納得していることが大事だと思うんですね。だから、冒険だったんですけど、入れたかったんです。そういう細かいことだったりするんですけど、自分たちがやりたいことや好きなものは結構盛り込めたと思います。山ちゃんも結構言ってましたね。
山田
今までは分からないことだらけだったので、プロの方にお任せしていたところがあったんですけど、今回はガツガツとやりました。効果音は入れすぎるとコミカルになるって注意されたんですけど、自分たちの“これ、いいと思うんだけどな”って気持ちを押したという感じですね。
吉田
だから、すごく納得のできるものが出来上がりました。僕らが夏を描くとこういう曲になる…自分で言うのも何ですけど、すごく吉田山田らしいと思いますね。
山田
実はタオルを振り回すような曲も作ってみたんですよ。それはそれでそこそこいい曲ができたんですけど、今のふたりの気持ち的には夏の曲はこっちなんでしょうね。

じゃあ、もう季節感のある曲も作れるぞ、と。

吉田
悩みはするんですけど、今までやったことのないことでも、プラス吉田山田を入れることができれば何でもできるのかなっていう自信を得ましたね。今回、初めて振り付けを先生に付けてもらったんですよ。もっとライヴでお客さんとひとつになりたいっていう気持ちが出てきたので。それも挑戦だし…もしかしたらお客さんに“そういうのは嫌だ”と思われるかもしれないけど、挑戦しないと次のステップに行けない気がするんですよ。挑戦のシングルだと思ってるので、吉田山田がひと皮剥けたと思ってもらえればうれしいですね。
「夏のペダル」
    • 「夏のペダル」
    • PCCA-70285
    • 2010.06.30
    • 1000円
吉田山田 プロフィール

ヨシダヤマダ:2009年10月にシングル「ガムシャランナー」でメジャーデビュー。13年12月に放送を開始した『NHKみんなのうた』での「日々」が“泣ける歌”と話題になり、5度の再放送を経てロングセールスを記録。一躍その名を拡げ、YouTubeの再生回数は1,400万回を突破した。19年は3年振り2度目となる全国47都道府県ツアーを開催し、同年11月には中野サンプラザホールにて行なった『吉田山田10周年記念「大感謝祭」』にてデビュー10周年を大団円で締め括った。吉田山田 オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着