L→R 佑聖(Gu)、揺紗(Vo)、ユウダイ(Dr)、そらお(Ba)、淳(Gu)

L→R 佑聖(Gu)、揺紗(Vo)、ユウダイ(Dr)、そらお(Ba)、淳(Gu)

ポジティブでメロディックな楽曲で多くのファンから支持されている THE KIDDIEがシングル「smile.」で満を持してデビュー!
取材:土内 昇

2007年に揺紗くんとユウダイくんが中心となって結成されたそうですが、どんなバンドをやりたいと?

ユウダイ
音楽的な部分に関しては特になかったんですけど、基本的には歌が立っていて、歌詞がポジティブで、元気なバンドをやりたいっていうことでメンバー探しをしましたね。

インディーズで8枚のシングルを出しているのですが、ハードロックばりにリフで攻め立てるものもあれば、4つ打ちや打ち込みのものまであって、かなり雑食的ですよね。

揺紗
バンド名の“THE KIDDIE”って“子供”っていう意味なんですけど、子供の精神っていうか、やりたいことをやるっていう…だから、音楽面にしてもジャンルにとらわれずに、一曲一曲をより良くすることしか考えてないんですよ。
ユウダイ
メロディー重視というか、アレンジは飾りだと思っているので、逆にそこで自由に遊びたいと思ってますね。

なるほど。では、今回のメジャーデビューシングルとなる「smile.」ですが、まずどんな曲を作ろうとしたのですか?

揺紗
シンプルで軽やかで…サラッとしたギターロックを作りたいと思って作りました。
ユウダイ
サビの覚えやすさとかから、これは絶対にリード曲だなって思いましたね。プロデューサーの元JUDY AND MARYの恩田快人さんの力も借りて、ストリングスが入ったりしてスケール感が出て、ドラマチックになりました。

なぜ、恩田さんにプロデュースをお願いしようと?

ユウダイ
今までは自分たちだけでやってきたんですけど、「smile.」の前に出したアルバム『SINGLE COLLECTION』で初心に返ったんで、次のステップということで。揺紗くんが恩田さんを指名したら、ラッキーにも承諾してもらえたっていう。
揺紗
僕らが中学生ぐらいの頃ってJUDY AND MARYが一番クレイジーなバンドだったんで(笑)。でも、歌詞ひとつにしても“こういうアレンジにすれば、この言葉が活きてくる”って歌を大事にしてくれて…“そこまでこだわるのか!”って感じでプロフェッショナルだなって思いましたね。いろいろ教わったし、すごく勉強になりました。

歌詞はネガティブなことも書いていて、自分と対峙して正直に書いているという感じだったのですが。

揺紗
作って書く人もいると思うんですけど、僕は苦手なんでできることをやってるだけですね。恥ずかしいんですけど(笑)。
ユウダイ
“あぁ、こういうことを考えてるんだ”って新発見がありますよ(笑)。

このデビューシングルはTHE KIDDIEらしいものができたという感じですか?

揺紗
そうですね。初めてTHE KIDDIEを聴く人が増えると思うんですけど、“THE KIDDIEってこんなバンドなんだ”って思ってもらってもいいものができたので満足してます。
ユウダイ
それに加え、今まで聴いてくれていた人に対しても新しい試みがいっぱいあるし、飽きない一枚になったと思います。

最後に、メジャーでやってみたいことは?

揺紗
チャート番組を観てハラハラしたいんですよ。“あ~、ランキングが下がった”って(笑)。
ユウダイ
それ、やりたいことか?(笑) 僕はよりたくさんの人に聴いてもらいたいのと、より大きなところでライヴをやったりして、ロック好きだけじゃなく、普通の人にも聴いてもらえるバンドになりたいですね。
THE KIDDIE プロフィール

07年5月にヴィジュアル系バンド華族のメンバーだった揺紗(vo)とユウダイ(dr)を中心として、華族のメンバー淳(g)、ユウダイの知り合いだったそらお(b)、そらおの紹介から佑聖(g)が加わり結成。

7月に目黒鹿鳴館にて行われた初のライヴ・イベント『ヘヴンのお祭り★天まで飛ぼう!!〜関東近郊編〜』よりTHE KIDDIEとしての活動を開始。09年より4thシングル「NOAH」を皮切りにコンスタントなリリース活動を行った結果、急激に認知度が高まるきっかけとなった。バンドの持ち味である楽曲が高く評価され、そのメロディックで歌をきちんと聴かせるバンド・サウンドは、一躍各方面より高い支持を受ける。その容姿の魅力も手伝い、ヴィジュアル系ジャンルを中心にファンが増え続け、ライヴは各地ソールド・アウトを続けている。

10年3月には、インディーズ集大成ともいえるシングル・ベスト・アルバム『SINGLE COLLECTION』をリリースし、年度末に開催されたワンマン・ツアー『THE KIDDIE TOUR 2010【Hi-FiVE】』のファイナル公演となったLIQUIDROOM ebisuで、メジャー・デビューを発表。同年7月に<キングレコード>よりシングル「smile.」でメジャー・デビュー。今後、大きく飛躍を遂げるバンドと期待されている。オフィシャルHP
公式サイト(レーベル)

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。