L→R 金野倫仁(Ba)、伊東賢佑(Dr)、鈴木雄太(Vo&Gu)

L→R 金野倫仁(Ba)、伊東賢佑(Dr)、鈴木雄太(Vo&Gu)

【Prague】音楽シーンに一石を投じる
アルバム

これまでにアニメ『銀魂』のオープニングテーマ「Light Infection」などを手がけてきたPragueが、待望の1stアルバムをリリース。豊富な音楽知識に裏付けられたサウンドと、文学的な表現の歌詞が、巧みな罠を張りめぐらす、確信(核心)的な作品に仕上がった。
取材:榑林史章

今回のアルバムで最も意識したことは?

鈴木
僕が個人的にこだわったのは、曲のタイトルです。最初にぽんと目に飛び込んでくる言葉をすごく考えました。アルバムのタイトルなんかもそうですね。

アルバムタイトル“Perspective”に込めた想いは?

金野
意味は“透視図”。語感や字面が好きで、いつか使いたいと思っていて。表面的な部分を見るのではなく、音楽シーンを内側までを深く見透かした上で作ったという意味合いで付けました。意味は後付けですけど(苦笑)。でも、今の時代に対して、ちゃんと意味のあるアルバムになったと思っています。
鈴木
音楽シーンに一石を投じるアルバムです!

伊東さんが意識したのは?

伊東
自分たちの音という部分ですね。ストリングスなど他の楽器や、シンセなどデジタルを一切入れずにやり遂げたという部分。それは同時に自信にもなっています。

代わりにエフェクターを多用したとか?

金野
むしろ極端に少ないと思いますよ。
鈴木
曲調がバリエーションに富んでいるから、音色まで変えたら統率が取れなくなると思ったんです。でも、面白いのはアンプを差し替えている程度で、楽器は変わってないのに曲調によって全然違って聴こえるんですよね。

金野さんは?

金野
僕は意識したと言うか、デビューからの1年弱で引き際みたいなものも学びました。良い意味で、ちょっとは大人になることも必要だと感じた。自分を殺さず、大人の世界でやっていく、そういう気持ちもあったというか。だから、ちゃんとできた!という満足感がありますね。

逆にちゃんとできないかも、という不安もあった?

鈴木
とにかく曲調が多種多様なので、これをどうひとつにパッケージするかはすごく悩みましたよね。本当にアルバムとして成立するかという不安もあって。最後の最後まで、どういう聴後感になるのか想像付かなかったし。それこそ、本当になんの脈絡もない、ただ曲を集めただけのアルバムになってしまうのが怖かった。そんな不安の中で作った曲や、不安を払いのけるために作った曲もあります。
伊東
今回はストックの中から選んで収録したというものではないんです。まず、シングルを3枚出すタイミングで制作した楽曲があって。で、去年末にミーティングを何度も重ねて、自分たちについてディスカッションした。その上で、2月にアルバム用のレコーディング期間を設け、新たにいくつか曲を作っていきました。「遮光」「日照り雨」「シェイカーラブ」が最も新しい曲になります。

ミーティングでは具体的にどんな話を?

鈴木
自分たちはどういうバンドで、何をやるべきか? それをまとめ上げる言葉は? どういう曲を収録するか?…ですね。
伊東
例えば「遮光」という曲は、そのミーティングによって、自分たちの特徴や長所、個々の持ち味を再確認したからこそできた楽曲だと思っています。

「遮光」は途中でダブになる展開も面白い。

金野
8ビートを弾き続けるカッコ良さもあるけど、こういう展開も本当に楽しいんですよね。気持ち的につんのめった感じで演奏するという部分でもチャレンジでした。

リズムという点では、「バタフライ」はダンスとロックが融合し、巧妙なアレンジも実にPragueらしい。

伊東
マイケル・ジャクソンの「ビリー・ジーン」をたまたま聴いていて、影響受けました。結果的に、全然違う曲調になったけど(笑)。そういう気持ちが根底にあって、できていった曲です。
鈴木
僕はこの頃、ジャミロクワイを聴いていて、16分音符のリズミカルなメロディーを乗せて歌いたいと思ってて。
金野
僕はひたすらYMOを聴いていた。みんなエグめのダンスミュージックを聴いていたところが共通していて、波長が合った結果、こういう曲になったという感じです。

デビューから現在までの成長過程での、その時々のさまざまな表情が収録されたアルバムですね。マニアックなものからキャッチーなものまで、多彩な音楽性が巧みに取り込まれていて、実にバラエティーに富んだ作品になりましたね。

鈴木
最初は18曲収録しようと言っていたくらいで。

それだけ自信のある曲ばかりだった?

鈴木
そうですね。でも、スタッフからさすがにそれはないと言われて(苦笑)。
金野
例え推し曲でもアルバム全体の流れが崩れるなら、入れないほうがいいという考えかたでセレクトしたので。
鈴木
だから、シングル曲であってもシングルの時とは違った聴こえかたになっていると思います。

どういう人に聴いてもらえたらうれしいですか?

鈴木
引っかかる部分はたくさんあるので、俺はこの部分が好きとか、そういう意見をたくさん聞きたいですね。
伊東
24歳の僕らの現実をそのままぶち込んだので、同年代の反応や感想もすごく気になります。
金野
例えば有名なアーティストがたまたまこのアルバムを聴いて、“すげえバンドがいるぞ!”と声をかけてくれたらうれしいですね。これ、ほんと正直な気持ちです(笑)。
『Perspective』
    • 『Perspective』
    • KSCL-1606
    • 3059円
Prague プロフィール

鈴木雄太(vo&g)、金野倫仁(b)、伊東賢佑(dr)から成る関東出身のモダン・スリーピース・ロック・バンド、Prague(プラハ)。高校で3年間同じクラス、軽音楽部、プライベートも一緒にいた腐れ縁の鈴木と伊東の二人が、同じ音楽専門学校に進み、06年に金野と出会い結成。

自主制作盤を2枚出したところでレコード会社の目にとまり、09年9月に<キューンレコード>から1stシングル「Slow Down」でメジャー・デビュー。ジャンルを跨ぎながらもスタイルの海に溺れることなく軽やかに舞おうとするバンド・スタンスが特徴である。オフィシャルHP
公式サイト(レーベル)
公式サイト(アーティスト)

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着