【ALL OFF】『ALL OFF Major Debut
Anniversary One-Man Live Tour!!!』
2016年2月20日 at TSUTAYA O-WEST

撮影:白石達也/取材:山口智男

 ひと言で言い表すなら、さらなる可能性を印象付けるライヴだった。結成から11年、昨年11月にメジャーデビューしたことをきっかけに活動のフィールドを広げ始めている5人組、ALL OFF。その彼らがこの2月、大阪、名古屋と回ってきた『ALL OFF Major Debut Anniversary One-Man Live Tour!!!』のファイナルとなる東京公演。“最前列にはいつもの顔がいる。その後ろには俺らのライヴの盛り上げ隊長。さらにその後ろにはアニメをきっかけに来てくれた人たちや大人たち(関係者)がいる。客層がこんなカオスなバンドは他にいない(笑)”とso-hey(Vo)も言っていたように今回のツアーは彼ら自身にとっても、メジャーデビューをきっかけに自分たちの音楽が確実に広がっていることが感じられるものになったに違いない。

 ライヴはTVアニメ『ヘヴィーオブジェクト』オープニングテーマに起用されたメジャー1stシングル「One More Chance!!」でスタート。早速、会場を埋めたファンが手拍子でいきなり熱演を観せるバンドを歓迎。“行こうぜ! 行こうよ。行こうよ。今日はとことん行こうぜ!!”とso-heyがスタンディングの客席に声をかけ、熱気が一気に会場全体を包み込んでいった。

“オ~~!!”という掛け声からのジャンプが気持ち良い「Yeah!!」をはじめ、新しめの曲で序盤を一気に盛り上げたバンドは中盤、普段のライヴではなかなかできない古い曲――1stアルバム『From Midnight To Sunshine』収録のエモーショナルなメタルナンバー「Find Yourself」を“(バンドの)歯車が回り始めるきっかけになった曲”という思い出とともに演奏すると、それまでの流れからは一転、「Wake Me Up When The Nightmare Is Done」「Dancing All Night」「風鈴」をじっくりと聴かせた。

 昔からのファンならご存知のように、いわゆるラウドロックのシーンに軸足を置きながら、EDMの要素を取り入れたダンスナンバーやシンガロング必至のアンセム、そしてバラードもレパートリーに持つバンドだ。そんな楽曲の多彩さはそのまま客層にも反映されている。so-hey曰くカオスな客層がひとつになって盛り上がるのは、終始so-heyがシンガロングやジャンプを呼びかけたり、手拍子やタオル回しを求めたり、曲ごとにライヴに参加する楽しみ方を伝え、ライヴハウスに不慣れな人たちも含め、オーディエンスを導いているからだ。客層の幅広さに加え、女性ファンが多い理由はそんなところにもあるに違いない。だから、大丈夫。アニメをきっかけにALL OFFや彼らのライヴに興味を持った人たちもどんどんライヴに足を運んだほうがいい。

 会場に入る時、観客ひとりひとりに配った光るブレスレットの色で組み分けした青組とピンク組にシンガロングの声の大きさを競わせ、さらに盛り上げたダンスチューンの「Party Anthem」から始まった後半戦はモッシュ、クラウドサーフィンを誘うロックナンバーの数々を畳み掛けた。そしてmALL OFFの多彩な魅力が1曲に凝縮された「Seet Seet Crazy」、ALL OFF流のディスコナンバー「Just Tonight」の2曲で客席の盛り上がりは最高潮に――。ここで一旦終わって、アンコールにつなげるというやり方もあっただろう。しかし、アンコールができる力や曲を残すことを潔しとしない彼らは“この光景が当たり前だとは思っていません。いつもありがとうございます。(お客さん)ひとりひとりを愛しています”(so-hey)と感謝の気持ちを述べると、歌を聴かせる3曲を演奏して、ダメ押しで客席を盛り上げた。ラストを飾ったのは、“命を削って書いた”(so-hey)という「One More Chance!!」に代わって、『ヘヴィーオブジェクト』のオープニングテーマに起用された最新シングル「Never Gave Up」だった。

 新旧のレパートリーをテンポよく披露した1時間40分。キャッチーな魅力を持った曲のクオリティーの高さと誠実に音楽作りに取り組む熱意を改めて実感。この盛り上がりはもっと、もっと大きなものできるはずだ。

セットリスト

  1. One More Chance!!
  2. Rising Up
  3. Fly Away
  4. Yeah!!
  5. C'mon C'mon
  6. Make a Smile
  7. Higher
  8. Find Yourself
  9. Wake Me Up When The Nightmare Is Done
  10. Dancing All Night
  11. 風鈴
  12. Party Anthem
  13. Fly Fly Fly
  14. Young Hearts
  15. Carry On
  16. キセキノチカラ
  17. Sweet Sweet Crazy
  18. Just Tonight
  19. My Life
  20. Say Goodbye
  21. Never Gave Up
ALL OFF プロフィール

オールオフ:2004年結成の5人組バンド。カリフォルニア育ちのso-heyが巧みに英語と日本語を使い分けて歌い、楽曲はどんなシーンにも違和感なく溶け込む絶妙なバランス感覚を持つ。キャッチーなメロディーと圧倒的なライヴパフォーマンスで『ROCK IN JAPAN FESTIVAL』にも出演を果たした。10年間に及ぶ活動でバンドとして考えられる限りのありとあらゆる挫折と遠回りを糧にして、15年11月、シングル「One More Chance!!」でTVアニメ『ヘヴィーオブジェクト』のオープニングテーマに抜擢されたのを機にメジャーデビューを果たした。ALL OFF オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着