L→R 吉田昇吾(Dr)、佐藤将文(Gu&Cho)、谷川正憲(Vo&Gu)、谷 浩彰(Ba&Cho)

L→R 吉田昇吾(Dr)、佐藤将文(Gu&Cho)、谷川正憲(Vo&Gu)、谷 浩彰(Ba&Cho)

劇的に進化し続けるUNCHAINの“今”を切り取った、大きなステップとなるニューシングルが完成。谷川正憲(Vo&Gu)が語る“これから向かう方向性”とは?
取材:宮本英夫

大阪から東京へ拠点を移して、新たな第一歩となるシングルが完成しましたね。

『The World Is Yours』の原曲は2ndアルバムの『Music is the key』を作っている時にできたもので、ツアー中にアレンジしたんですけど、今までのUNCHAINらしさが抜けていないということで一旦止まってたんですよ。そのあと『Gravity』というシングルができて、その気持ちでもう一回リアレンジしてできた曲です。サビはポップですけどAメロに変拍子が入っていたり、ポップだけどポップだけでは終わらない、ロックだけどロックだけでは終わらない感じが出せた曲だと思います。

これだけ複雑なアレンジをやっても、マニアックになるのではなく、独特な軽やかさがあるのがUNCHAINらしさだと思います。

普通じゃなくて分かりにくいところを、ポップに聴いてもらえるのはすごくうれしいですね。今、意識しているのは“UNCHAINの個性って何だろう?”ということで、インディーズからメジャーになって、日本語に挑戦して、作品を作るたびに技術も向上したし、いろんな音楽の知識も増えてきて、だからこそ1曲ごとにジャンルが分かれている『Music is the key』みたいなアルバムができたと思っていて。でも、それはプロとしては普通のことであって、やっと人並みになったと思うんですね。

あ~、なるほど。

その上で“UNCHAINの個性って何だろう?”って考えた時に、インディーズでの1枚目や2枚目はすごい個性的だと思ったんです。その2枚が2in1で今回リマスタリングされたアルバムがシングルと同時に出るんですけど、改めて聴くとアレンジや音楽の混ざり具合がすごく面白いと思う部分がいっぱいあって、そこが次のステップに行くためのヒントになるんじゃないかと。それを『Music is the key』でできた土台の上に乗せると次のUNCHAINが見えてくると思って、そこに向かって行ってるのが今回のシングルです。6曲(初回盤)とも、そういう感じが見えてるんじゃないかと思います。

確かにそうですね。REACHのカバー「TAKES ME BACK」を含めて、UNCHAINの独特の深くて軽やかなミクスチャー感がすごくよく出てると思います。

ミニアルバム的な感じで聴いてもらえればうれしいですね。特に2曲目の『Higher』はこの中で一番、3rdアルバムに向けての方向性に近いものじゃないかと思っているんですよ。踊れてテンションが高い部分もあるんですけど、Aメロはちょっとジャジーで、変拍子もすごい入ってて。“こんなポップなのに、分かりにくいところがあって面白い”と言わせたいです(笑)。そういうところがUNCHAINの個性だと思うので、その辺を聴いてほしいです。

そして、3月末からは過去の全てのオリジナル曲に新曲を加えた『54songs/3days』というスペシャルライヴが東名阪で開催されますね。

ただ全曲やるのではなく、この3日間でしかやらないという覚悟で本気で54曲やってみて、“UNCHAINとはどういうバンドなのか?”をもう一回再確認したいと思ってます。全ては次のアルバムに向けて、UNCHAINの個性をはっきりと見せるものにしたいと思います。
UNCHAIN プロフィール

1996年に結成された京都出身のロック・バンド。2005年6月、1stミニ・アルバム『the space of the sense』でインディーズ・デビュー。2007年1月には、3rdミニ・アルバム『departure』でメジャー進出を果たす。ロック、ポップスはもちろん、ジャズやR&B、ソウル、ファンクなどさまざまなサウンドを飲み込み、独自のグルーヴで奏でる美メロ・ナンバーの数々。そして、愛や孤独を歌った切ない詞世界が話題を呼ぶ。2008年3月にリリースした1stフル・アルバム『rapture』は、全編英詞でグルーヴ・ロックの一つの完成形とも言うべき傑作となり、各方面から絶賛される。同年秋からは11月に「Across The Sky」、12月に「stillness in the wind」、2009年1月に「Brighter Days」とバンド史上初の日本語詞によるシングル3部作をリリース。2010年7月、3rdアルバム『Hello, Young Souls!!』を発表。2011年4月には、UNCHAINの2大ルーツであるロックとソウルをコンパイルしたコンセプト・ベスト・アルバム『Rock Flavour』と『Soul Flavour』を同時リリース。2013年2月にカヴァー・アルバム『Love & Groove Delivery』を発表すると、2014年2月に第二弾『Love & Groove Delivery Vol.2』、そしてデビュー10周年を迎えた2015年にも2月に第三弾『Love & Groove Delivery Vol.3』をリリースした。また、2015年6月には014年グラミー賞を受賞したサウンドエンジニア Sadaharu Yagiを迎え、L.Aでレコーディングした初のリメイク・ベスト・アルバム『10fold』を発表。2016年3月には8枚目のフル・アルバム『with time』をリリース。UNCHAIN Official Website
Facebook
Twitter

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着