L→R 奥野翔太(Ba&Cho)、杉本雄治(Piano&Vo)、河邊 徹(Dr&Cho)

L→R 奥野翔太(Ba&Cho)、杉本雄治(Piano&Vo)、河邊 徹(Dr&Cho)

【WEAVER】僕たちの音楽で幸せになっ
てほしい

ピアノの3ピースバンドで、ロックなサウンドとナチュラルなメロディー、繊細な歌詞の世界を描き出す本格派。flumpoolの武道館公演のオープニングアクトに抜擢されるなど、早くも話題沸騰の大型新人バンドが本誌初登場!
取材:宮本英夫

3人は高校の同級生なんですね。

奥野
はい。高校1年の時に、まず僕とヴォーカルの杉本が知り合って、ふたりでバンドを組もうということになったんですよ。で、たまたまクラスで目に付いた河邊がドラムをやったことがあるっていうから一緒にやろうと。
河邊
全然知らない奴に、いきなり“ドラムやったことない?”って誘われました(笑)。中学の音楽の授業で、ドラムをやったことがあったんですよ。

ちなみに、その頃聴いていて影響を受けたバンドというと?

奥野
中学時代に組んでいたバンドでは、ロードオブメジャーの「君がため」とスピッツの「空も飛べるはず」を卒業のイベントでカバーしました。
杉本
俺もロードオブメジャーをやった。
河邊
俺も(笑)。あの頃めっちゃ流行ってたから。
杉本
僕は普段はL’Arc~en~Cielを聴いていて、バンドではMONGOL 800もやりました。
河邊
中学の頃、昼の弁当の時間に校内放送で「天体観測」がよく流れていたのをきっかけにBUMP OF CHICKENが好きになりました。
奥野
BUMP OF CHICKENがいわゆるバンドのイメージで、高校時代はずっとギター2本の4人バンドでした。
杉本
僕がギター&ヴォーカルで。
奥野
伝統ある学校なので、“バンドは不良や”とか言われて結構大変でした。軽音楽部を作る活動をしたり、バンドで文化祭に出るために署名を集めたりしたんですけど。
河邊
3年間、バンドでおいしい思いはできませんでした(笑)。

高校を卒業すると、そのバンドは?

河邊
受験のために一旦休止して、大学生になってまた始めたんですけど、ひとりが東京の大学に行ったので、神戸に帰ってきて練習してライヴしてたんですよ。本当に仲が良くて“4人じゃなきゃ嫌だ”と思っていたんですけど、彼も東京でやりたいことがあったので半年後に脱けて3人になりました。

そこでピアノの3ピースになるんだ。

杉本
母親がピアノの先生だったので触れる機会はあって、小学生の頃は別の先生に習いに行ってました。で、お世話になっていたライヴハウスの店長さんがそれを知っていて、“ピアノの3ピースでやってみたらどうや”って言われて、スタジオに入って猛練習しました。クラシックしか弾いてなかったので、ロックピアノの弾き方が分からなかったんですけど、先輩にベン・フォールズ・ファイヴ、コールドプレイ、ドクター・ジョンとかを教えてもらって、こんなカッコ良いピアノなら3人でいい音楽ができるなと。ライヴをやっても、4人のギターバンドだった頃より全然反応が良かったんですよ。

ピアノがメインでも、ポップというよりはロックな力強さがWEAVERの特徴だと思います。

杉本
そうですね。ピアノだけをやってきた人はあまりパワーコードとか弾かないと思うんですけど、もともとギターでバンドを始めたので、思いきりやってしまえるのがプラスになってると思います。

今回のデビューダウンロードシングルの「白朝夢」は、どんなふうに作った曲ですか?

杉本
ピアノの3ピースになって3~4カ月後に作りました。ちょうど洋楽にハマり出した頃で、洋楽は短いフレーズの中でいいメロディーが多いし、歌詞も乗せやすいし、そういう曲を作りたいと思っていたら、このサビがパッと浮かびました。

白昼夢ではなくて“白朝夢”というのは面白い言葉だけど、歌詞を書いた河邊くんのイメージはどういうものだったのですか?

河邊
曲を聴いた時に、朝の風景が合うと思ったんですよ。そこから広げていって、恋人と上手くいっていない時の気持ちと、それを乗り越えて頑張らなきゃという気持ちを描いてます。

情景の描き方と、心理の描き方がすごく繊細ですね。リアリティーがある。

杉本
情景が浮かぶような歌詞というのは、自分たちの中で意識してますね。1曲を通してひとつの物語を歌えたらいいなと思ってます。
河邊
もともと歌詞はみんなで書いてたんですけど、気が付けば僕が書くことになってましたね。“恋は人を詩人にする”という言葉があるじゃないですか。僕も恋をすると、好きな人への言葉が詩的なイメージで浮かんだりするので、ちょうどいい機会をもらえたと思います。この曲では、恋人と上手くいっていない情景を描いてますけど、最終的には“このままじゃいけない、本当の思いを伝えなくちゃ”という結末になってます。
奥野
この曲に限らず、僕らの強みは歌詞とメロディーの良さなので、ベースはそれを邪魔せずに、サビをドン!と目立たせるような演奏を考えました。

今こうして新しいスタートラインに立って、これからどういう音楽を届けていこうと?

杉本
僕たちの音楽で幸せになってもらったり、心から楽しんでもらえたらいいなと思って音楽をやっているので、とにかく今は楽しくやっていきたいし、そういう気持ちを伝えていきたいです。そこはポジティブにやっていきます。

近未来の夢や目標は?

奥野
夢は際限なくあると思うので、言ってしまうとゴールが近くなるような気がする…な?
河邊
そやな。言い出したらキリがない。
奥野
とにかく、できるだけ多くの人に届けたいです。多くの人に長く聴いてほしいですね。
「白朝夢」
    • 「白朝夢」
    • 2009.10.21
WEAVER プロフィール

ウィーバー:兵庫県出身の3ピースピアノロックバンド。2004年に高校の同級生で結成。09年10月に配信限定シングル「白朝夢」でメジャーデビュー。国内外での活動が活発になる中、14年1月末からロンドンへ留学することを発表し、彼らがリスペクトする音楽の刺激を受けながら、半年間語学の勉学に励み7月に帰国。その間にも6月には初となるベストアルバム『ID』をリリース。17年5月にファッションなどでシーズンアイテムを表す言葉に着目したEP『S/S』、続いて9月にEP『A/W』をリリース。2作のアートワークではファッション誌『NYLON JAPAN』とタッグを組むなど、音楽に止まらない新たな表現にも取り組んでいる。WEAVER オフィシャルHP
Twitter

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着