取材:土屋恵介

Sunyaさんは小さい頃から音楽好きだったのですか?

はい。4つ上のお姉ちゃんがクラブDJをやっていて、その影響でブラックミュージックが好きになりましたね。

15歳から音楽活動を始め、17歳の時にはその才能が認められてイギリスに渡ったそうですね。

“武者修行”って感じの、いい経験ができました。日本に帰国してからは、その経験を生かしてクラブやライヴハウスで歌うようになりました。

アーティストとして、どういった音楽を目指そうと?

最初にやり始めたのはR&Bでしたけど、海外に出て、自分はR&Bじゃないと。“ベイべ~”って言葉が似合わない男だって気付かされたからなんですが(笑)。そこから、“自分の音楽には何が大切なのか?”を考えていったら、歌詞だと思ったんです。自分の真骨頂、前向きソングをやりたくてどんどん楽曲を作り出しました。

前向きソングを作るのは、自分が前向きになりたいという気持ちから?

そうです(笑)。自分が前向きじゃないので、僕の歌詞には絶対弱さが入ってますね。あと、欠点を克服したいっていう僕の現在進行形の思いも含まれています。

サウンド面では、どのようなこだわりがあるのですか?

跳ねたビートって、聴いててワクワクしますよね。前作『雨上がり』、本作『Destination』にも、それが入ってます。ポジティブソングは、気分が上がるようにって作っているので。

今話に上がりました2ndシングル「Destination」は、目標に向かって何度でもチャレンジしようという歌詞を、温かいメロディーで歌うミッドチューンですね。

自分は浮き沈みが激しい性格で、落ちた時の自分をどう励ませるかっていうので書いたのがデビュー曲の『雨上がり』だったんです。今、大阪から上京して1年4カ月ですけど、『雨上がり』とともに引っ越してきて、次の前向きソングの代表曲を作りたいと思って、東京に来て4カ月くらいの時にできた曲です。僕自身、都会の波に吸い込まれそうになった時があったんですよ。同じ状況の人っていっぱいいると思うし、そういう人の背中を押せる応援ソングになったらいいなと思ってます。

歌詞の中で特に伝えたかったポイントは?

最近、“生きていることがしんどくなった”と言っている女の子をテレビで見たんです。人間って簡単に死んじゃえるけど、ちゃんと夢を持って頑張ってる人もいる。辛いと思ってる人に対して、生きてることのありがたさ伝えたくて。“生きてる 笑える 当たり前だと思うことでも 幸せなんだと分かった”って言いたくて最後に書いたんです。

日々大変なことはあるけど、それは誰にでもあることだし、乗り越えるのが難しくても頑張ってほしいと。

そうですね。僕も日頃いろんなアーティストと比べられるんです。いろんな意見も言われるけど、心の中では“俺は俺やねん”って思うんです。それってどんな仕事でもありますよね。寿司屋でバイトしてた時も、“彼はビールケース5個運べるけど、Sunyaくんは2個しか運べないね”って言われたり(笑)。でも、“俺は俺なりに頑張ってるよ”って。僕は僕、私は私、自分の色だけはなくしてほしくない、個性を大事にしてほしいなってすごく思います。
Sunya プロフィール

1988年1月18日生まれ、大阪出身。自ら作詞・作曲を手掛け、飾らない言葉でメッセージを伝える新世代シンガー・ソングライターSunya。ゴスペルで鍛え上げられた歌声、本場UKで鍛え上げられたライヴ力、独学で身につけたソング・ライティング。しかしそのヒストリーは決して順風満帆ではない。

9歳までの多感な時期を奄美で過ごし、その後大阪へ引っ越した後、地元のゴスペルクワイアの一員として活動を開始。独学でピアノを弾き始め、ソング・ライティングを身につける。弱冠15歳で活動地をクラブやライヴ会場に変え、関西を拠点に活動をスタートすると同時にトラック・メイキングも手掛けるようになる。そして、数々のメジャー・アーティストのフロント。アクトを務め、途端にSunyaの名前が関西を中心に広がっていく。

そしてたまたまライヴを観たジェフリー・ダニエルに突然話しかけられ、この出会いがアーティスト活動を活性化させる。ジェフリーがSunyaの才能に惚れ込み、ボイトレやライヴなどを共にする。17歳の時、<J-pan soul production.>と契約を交わし、活動の拠点をUKへ移す。ロンドンでボイトレやレコーディングを重ねライヴにも出演。特にイギリス、フランスで開かれたシャラマー復活コンサートでは、唯一の日本人バック・コーラスとして大抜擢された。その後、フル・アルバムを完成させたにも関わらず、レーベルの事情でお蔵入りに。

帰国後、地元・大阪で再びライヴを中心に活動をスタートさせる。ライヴハウスだけでなく、時には難波の商店街など路上でも。そして18歳にしてインディーズ・レーベルと契約を結び、ミニ・アルバムをリリースするも活動が広がらず、20歳で契約を解除。その悔しさをバネにライヴ活動を重ね、08年10月には、大阪Knaveにてワンマン・ライヴを開催し大成功を収めた。そして逆境を跳ね除け、09年6月に<SonyMusic/Ki/oon Records>よりシングル「雨上がり」でメジャー・デビュー。オフィシャルHP
オフィシャルHP
公式サイト(レーベル)

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着