取材:高木智史

表題曲の「RESHINE」は前作の「Circle」とは違った重たくて渋いサウンドが耳を惹きますね。

Wakai
「Circle」は人とのつながりを意識した優しい曲だったので、今回は突き刺すような力強い曲をやろうと思っていたんです。でも、その突き刺すようなものって俺ら的に何なのかと突き詰めていったら、出てきたのが、力強さもありつつ、メロディーやコード進行のちょっとした切なさだったという。これがNUBOなりの直進形なのかなと。
tommy
あと、言葉だったり歌を一旦なしで考えても成り立っているものというか。音だけでも踊れてしまうような、心を鷲掴みにしてしまうようなものを作りたいねって話してたんですよね。

それと“RESHINE”は造語なんですよね。

tommy
“RESHINE”という言葉も歌詞もイメージは5年前くらいからあった内容なんです。いい楽器のアンサンブルが見えていて、この内容がぴったりはまるなと思ってまとめていった感じですね。

tommyさんの歌詞は前向きなメッセージを込めているけど、どこか哀愁みたいなものを感じます。

tommy
基本的にそんなに前向きな人間ではないから(笑)。僕はネガティブなものとか先が見えない不安、それをどうポジティブなものに変えるかというところに一番興味があるんです。そこに力を感じて、それを表現したいんです。どの曲もその矢印というか、これがNUBOのベクトルだと思います。

同じくヴォーカリストである、一成さんはtommyさんの歌詞をどう捉えていますか。

一成
俺はポジティブな人間に思われがちなんですけど、ネガティブな部分は人にとって絶対あるわけで。だからtommyの書く歌詞は歌っててグッとくるし、良いなと思います…。
tommy
良いなって(笑)。小学生の夏休みの日記みたい(笑)。性格的にも全然違うので、一成から歌詞に関して良いヒントをもらえる時もあるし。基本的にあんまり言ってはこないんだけど、大事なところで“ここは変えないでくれ”とかひと言入れてくれて、結果うまく進んだことがたくさんあるんですよね。だから、きっと僕より受け皿の広い人間だと思うんですよ。

4曲目の「Sometimes」の“頑張りすぎないで”というメッセージは、ライヴ中でもtommyさんがMCでよく話していることですよね。

tommy
そうですね。歌詞だけで言えば個人的に一番好きですね。他の曲は自分にも言ってる部分もあるけど、この曲のメッセージは完全に人に伝えたくて書いた歌詞です。

そしてリリース後、またツアーに旅立つNUBOですが、ライヴバンドであるNUBOにとってライヴとは?

tommy
う~ん…一本百万円くらいする水みたいな。なきゃ死んじゃうし、当たり前みたいにあってほしいものだけど、すごく贅沢なものというか。自分にとって生きてく上で大切なもので、ライヴハウスは大切な場所です。
Wakai
音楽をやっているということを実感できるものですね。
一成
おもちゃみたいなものですね。NUBOの曲がおもちゃのようなもので、ライヴハウスという公園みたいなところでみんなと遊ぶという感じ。だから、ライヴハウスって暗いとか恐いとかイメージが悪いかもしれないですけど、公園みたいな場所だから、もっと気軽に遊びにきてほしいですね。
NUBO プロフィール

ヌーボ:2002年、横浜にて結成。07年9月1stミニアルバム『花咲く バイ・ザ・ミュージック』でデビュー。2カ月で全国46カ所を回るツアーを行なうなど、ライヴハウス叩き上げのロックバンドである。 オフィシャルHP
オフィシャルHP
公式サイト(アーティスト)
公式サイト(アーティスト)

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着