取材:宮本英夫

ニューシングル「Gravity」はどんな曲ですか?

1月に『Music is the key』というアルバムをリリースして、いろんなことに気付けたんです。日本語の歌詞とか、幅広いジャンルを吸収して広がったUNCHAINの世界とか、そういうものを引っ提げてツアーに出て、それもまたUNCHAINを大きく変えてくれました。でも、世界が広がったおかげで“次はどうしようか?”という迷いもあったんですよ。それで原点に戻って考えてみると、UNCHAINがデビューする前はもっとパンクの要素もあって、気持ち的にも反骨心があったんですね。最近はそれが少し薄れてきたかな?という思いがあって、もっと自分の本性を見せるために、よりヘヴィなものを目指して曲を作りました。

確かに、今まで以上に激しくロックしてますよね。

ゾクゾクする感じ、ドキドキする感じ、欲望剥き出しでガーッと行く部分が今は足りないんじゃないかと思ったので。歌い方もラフで、演奏もほぼ一発録りに近い感じでやってます。“せーの”でやったものが最高だと思うので、そこにだんだん近づいていってると思いますね。

歌詞はどうですか?

より素の自分らしさが出たんじゃないかなと思います。これまでのUNCHAINは、キラキラした光を描くような歌詞が多かったんですけど、影があるからこそ光を描きたいという願望が出てくるわけで、その影の部分を歌うというか、より自分に近いところから言葉が出てきてると思います。

カップリング「Music」は対照的に明るくグルーヴィーな曲ですね。

『Gravity』が“陰”とすれば『Music』は“陽”。どっちも僕の中にあるものだし、表現方法が違うだけです。

3曲目「Train In Vain」はクラッシュのカバーですね。

昔、よくクラッシュの曲とかをカバーしてたんですよ。新しい自分というか、もともとの自分というか、そこが面白いと思ってやってみました。

ボーナストラックとして5曲も入っているライヴ音源もすごいです。特にラスト「You Over You」の曲中での谷川さんの熱い叫びにはビックリしました。

あんなに叫ぶようになったのは今回のツアーからです。もっと自分をさらけ出したいと思っていて、ステージでは生身の自分を見てほしかったんですよね。

これから、どんな活動をしていこうと?

ライヴでも音源でも、勢いや熱さを重視したものを目指していきたいです。夏フェスでウルフルズやエレカシを観てめっちゃ感動したんですけど、それは技術というよりも生き様とか、経験を積み重ねて身に付けたオーラとか、そういうところに感動するのかなと思ったので。そのためには自分ももっといろんな経験をしないといけないし…実は、10月から東京進出を予定しているんですよ。今の生活を捨てて、ずっと一緒にいたスタッフとも別れて。『Gravity』というのは、今まで自分がいた世界の“Gravity=重力”を振り切って新天地で頑張るという思いも込めてます。目的を果たすためにもう一回スタートすることは、UNCHAINでもっと上を目指すためには必要なことだと思うので。『Gravity』にはそういう思いが詰まっています。
UNCHAIN プロフィール

1996年に結成された京都出身のロック・バンド。2005年6月、1stミニ・アルバム『the space of the sense』でインディーズ・デビュー。2007年1月には、3rdミニ・アルバム『departure』でメジャー進出を果たす。ロック、ポップスはもちろん、ジャズやR&B、ソウル、ファンクなどさまざまなサウンドを飲み込み、独自のグルーヴで奏でる美メロ・ナンバーの数々。そして、愛や孤独を歌った切ない詞世界が話題を呼ぶ。2008年3月にリリースした1stフル・アルバム『rapture』は、全編英詞でグルーヴ・ロックの一つの完成形とも言うべき傑作となり、各方面から絶賛される。同年秋からは11月に「Across The Sky」、12月に「stillness in the wind」、2009年1月に「Brighter Days」とバンド史上初の日本語詞によるシングル3部作をリリース。2010年7月、3rdアルバム『Hello, Young Souls!!』を発表。2011年4月には、UNCHAINの2大ルーツであるロックとソウルをコンパイルしたコンセプト・ベスト・アルバム『Rock Flavour』と『Soul Flavour』を同時リリース。2013年2月にカヴァー・アルバム『Love & Groove Delivery』を発表すると、2014年2月に第二弾『Love & Groove Delivery Vol.2』、そしてデビュー10周年を迎えた2015年にも2月に第三弾『Love & Groove Delivery Vol.3』をリリースした。また、2015年6月には014年グラミー賞を受賞したサウンドエンジニア Sadaharu Yagiを迎え、L.Aでレコーディングした初のリメイク・ベスト・アルバム『10fold』を発表。2016年3月には8枚目のフル・アルバム『with time』をリリース。UNCHAIN Official Website
Facebook
Twitter

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着