【OLDCODEX】『“Veni Vidi” in BU
DOKAN 2016』2016年2月10日 at 日本
武道館

撮影:達川範一、坂田貴広/取材:榑林史章

 OLDCODEXが、日本武道館2デイズライヴ『“Veni Vidi” in BUDOKAN 2016』を開催した。公演は、シングル「Aching Horns」に収録された「Reminder」の、ダークで神秘的なイントロで始まった。一転唸りを上げるようなギターとTa_2(Vo)の叫び声が爆発すると、深く混沌とした世界へと突き落とされた感覚になる。パイプが剥き出しになった廃工場のようなセット。その壁面には大きく“Veni Vidi”と、何かを訴えかけるような荒々しいロゴ。孤独と不安が渦巻く暗闇の中で、OLDCODEXの音楽だけが希望の光のように差し込んできた。

 “敵は自分自身。今日は戦って勝ちに行くぞ!”とTa_2。スタンドマイクを横に倒して頭を振りながら歌い、曲によっては跪き祈るようにマイクを握る。YORKE.(Painter)は、両手を広げながらステップを踏み、軽やかに筆を走らせた。この日は、実にリラックスした様子でライヴを展開したふたり。Ta_2は“3週間前に骨折して、人生初の入院と手術。いいネタになった”と、自身に起きたアクシデントを笑い話に。メリハリが効いたセットリストは“たまにはこんな曲を”と、約5年前のナンバー「carving for」や、「VISION」「fool K」など懐かしい曲も披露。キャッチーさを持った「reel」や「Where I Stand」では、会場が一体となった大合唱になった。中盤の「optimistic negative thing」では、途中で打ち込みに変わるところで音が止まるアクシデントもあったが、そんなことは意に介さずという様子。一層高まったバンド感を武器に、幾多のピンチをチャンスに変えながら武道館に新たな爪痕を残した。

セットリスト

  1. Reminder
  2. Get Up To Go
  3. physical
  4. Feed A
  5. Seek your turn
  6. Landscape
  7. craving for
  8. night flight
  9. Harsh Wind
  10. Lantana
  11. optimistic negative thing
  12. Elephant over
  13. Aching Horns
  14. VISION
  15. fool K
  16. Rage on
  17. reel
  18. Where I stand
  19. Bitter Aspiration
  20. Eyes in chase
  21. <ENCORE>
  22. WALK
  23. カタルリズム
OLDCODEX プロフィール

2009年に結成。ラウド、ダンス、パンク等の様々な要素を取り込んだサウンド、それにインスパイアされながらアートワークを作り出すペインティングにより、観る者、聴く者の、五感を刺激する作品を打ち出している。TVアニメシリーズの主題歌を担当することも多く、『SERVAMP』『GOD EATER』『黒子のバスケ』『Free!』シリーズ等、タイアップは多岐にわたる。ライヴではYORKE.自らが制作に携わる巨大なセットという名のアートを背負い、その存在感を見せつけている。そして、バックドロップにも必ず手を加えるので、常に作り手の体温が感じられることも特徴のひとつ。15年に初の日本武道館公演、18年2月には横浜アリーナ公演を行なうなど国内を中心としつつ、アメリカ・台湾・中国・韓国・シンガポールでもライヴを敢行するなど、ワールドワイドな活動を展開している。OLDCODEX オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

新着