取材:石田博嗣

第2章の一歩目を観てほしい

ドラマに出演されてましたが、どんな収穫がありました?

やっぱり大御所さんばかりだし、みんなめっちゃすごいんですよ。初心を忘れてない…自分がなぜお芝居をやりたいと思ったのか、その核みたいなものをブレずにずっと持ってるんですよね。そういう人の演技には、自分への自信が表れてるじゃないですか。それが説得力にもなるし。僕が誰かを応援するような歌詞を歌った時に、自分に自信を持ってるのと持ってないとでは、伝わり方が全然変わってくると思うんですよ。だから、そんな周りのすごい人たちを観ることによって、自分と向き合えましたね。ほんまに、やって良かったと思います。

なるほど。では、新作の「青い夢」のことをうかがいたいのですが、どんな曲を作ろうとしたのですか?

もともとは“がむしゃらに夢に向って走ってる”っていうテーマが自分の中にあったんですけど、『家庭教師ヒットマン REBORN!』のエンディングに決まって、歌詞を差し替えたんです。前に『すべり台』という曲を使ってもらったんで、その時とは違うこと…その時に挑戦しなかったこと、その時には考えてなかったことを、今回はやりたいと思ったんですね。アニメで流れるってことは映像も一緒に流れるってことだから、すごくイメージが沸きやすいのに、前回は僕が書きたいようにしか書かなくて、“森 翼を知ってもらいたい”としか考えてなかったんですよ。だから、改めて『REBORN!』の漫画を読んだんです。そしたら主人公が僕と性格的に似ていて…すごく不器用なんですよ(笑)。だから、森 翼の歌なんだけど、聴いてる人が主人公のキャラクターを想像できる歌にしようと思って。“がむしゃらに夢に向って走ってる”っていうテーマに、“いつまで走らないといけないのかな? 夢に期限はあるのかな?”や“誰のために走ってるのか?”って、“なぜ走らないといけないのか?”という視点も加えたというか。僕もね、自分だけのことしか考えないで音楽をやってきてたら、ここまでやってこれなかったと思うんですよ。いろんな人に支えてもらったし、その人たちを大事にしたいと思ってるからここまで来れたんで、“これから先はどういうふうに走っていくのか?”ということを考えて歌詞を書き直したんです。

そんな歌詞の“汗と涙は裏切らない 見えてきた”という言葉が印象的でした。“見えてきた”と言い切っているところが。

不安な時ほど、はっきりしたことを言ってほしいんですよね。デビュー2年目の新たなスタートということもあって、みんなを引っ張っていきたいっていう気持ちがあるというか…サビ前で“止まるな 行け”って言ってるし。確かに、ここまで言い切ってることってなかったですよね。

そういう意味でも、今作で第2章が幕開ける感じですね。

そうですね。今回、全部新曲なんですよ。今の自分に自信があるから、全部新曲にしたし、今の自分を観てほしいというか…第2章幕開けの、その一歩目を観てほしくて。やっぱりね、何かを発信する時に“昔の僕も知ってよ”って思ってるようだと、僕が今行きたいと思ってるところには行けないと思うんですよ。自信を持って今の自分を発信して、みんなに“次はどんな曲なのかな? 楽しみやな”と思ってもらうのと一緒なぐらいに、“この人、昔はどんなんだったのかな?”と思ってもらうことができないと、僕が目指しているところには行けないと思うんです。今回、そういうことに対しても、初めて挑戦しましたね。
森 翼 プロフィール

1985年5月3日生まれ、大阪府出身。中学3年生の頃、家出したことをきっかけに音楽と出会う。中古楽器屋でギターを購入し、曲作りを始める。高校の時には、2人組で西宮や三宮、梅田などでストリート・ライヴを開始。夏休みには東京行きなどを含む約1ヶ月のヒッチハイク・ツアーを行い、その後もストリート・ライヴで着実にファンを増やしながら、初のワンマン・ライヴを梅田バナナホールで開催し大成功を収める。

08年5月に1stシングル「雨傘物語/オレンジの街」でメジャー・デビュー。個性的な歌声と天性のキャラクターが各方面で話題とり、7月には映画『愛流通センター』で役者デビューを果たし活動の幅を拡げる。そして、同年11月に発売された2ndシングル「すべり台」がテレビ東京系アニメ『家庭教師ヒットマンREBORN!』のエンディング・テーマに抜擢され、スマッシュ・ヒットを記録。
09年3月には1stアルバム『コワイモノシラズ』をリリース。さらに役者としてテレビ朝日系ドラマ『京都地検の女』に出演、意外に重要な役どころからお茶の間にも森翼という名前を知らしめた。森 翼 Official Website
公式サイト(レーベル)

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

編集部おすすめ インタビュー

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着