【浅井健一】俺の歌を真正面から聴い
てほしい

2年振りのソロ名義での活動を開始した浅井健一が、「FRIENDLY」「Mad Surfer」と2ヶ月連続のシングルリリースで、新境地を提示。歌が光る会心作だ。
取材:今井智子

昨年はSHERBETSで精力的に活動されていましたが、この夏からはソロ名義にシフトですか?

なんか、そういうことです。先のことは分かりません。ただ前に向かって歩いてるってだけで。みんな、自分の人生がどうなるか分かってないでしょう?

それはそうですけど、SHERBETSはお休みということで。

うん。

6thアルバム『MIRACLE』が完成した時には、“SHERBETSがミラクルなんだ”とおっしゃってましたよね。

それは変わらないと思う。

“次のことを考えている”ともおっしゃっていたのですが。

そんなこと言ったっけ?

はい。

大したことじゃないと思うよ(笑)

2009年に入り、「FRIENDLY」「Mad Surfer」とシングルを2カ月続けて発表されますが、これは曲がどんどんできているということで?

それもあるけど、盛り上げようと思って(笑)。続けて出したら盛り上がるかなと思ったんだけど。『FRIENDLY』は2年くらい前にできてた曲なんだ。

盛り上げようというわりに、しっとりと聴かせる曲ですね。

バイオリンがいいでしょ?

はい。どのようにこの曲はできたんですか?

家でギター弾いてたら、ふっとできた。

タイトルから、友情を歌ったものかと。

うん…家で“自分は何をやってんだ?”って思ったりするじゃん。そんなこんなで、どんどん進んでいくのが人生で。

自問しながら?

するんですか?

私もしますね。

やっぱり、“愛”しとらんといかんね。

主題は愛ですか? それとも自分は何をやっているのかと?

それはそうさ。“何やっとるのか?”と思うよ。

浅井さんには珍しい歌詞ですね。

そんなことない、歌ってるよ(笑)。でも、面白い友達がいると、それが薄れるのよ(笑)

「Mad Surfer」も、気の置けない仲間とのサーフライフという感じで。

うん。そういうの楽しいじゃん。カッコ良いでしょ。

ライヴでも、今回のバンドはツインギターなので、ドライブが効いててカッコ良いですね。

カップリングの『SPRING SNOW』も大好きな曲だから、みんなに聴いてほしいなと思ってる。

今回のバンドはどうですか?

すごいことになると思うよ。深沼(元昭)くんは真面目だね。でも、面白い。中条(卓)くんのベースは最高。俺の分かんないリズムを持ってる。すげえと思う。椎野(恭一)さんのドラム、どこまでも声が出る。デカい人だな。(岡村)未央ちゃんもお茶目だし。みんな最高だよ。一生懸命やるから、見とって。

もちろんです。新しいバンドで新曲をやる気分は?

お客さんがうれしい顔してるから、それが全て。俺の歌が、どんだけのパワーがあるか分からんけど、聴いてほしい、真正面から。音でみんながつながればいい。
Mad Surfer
    • Mad Surfer
    • 通常盤
    • BVCL 22
    • 1020円
浅井健一 プロフィール

日本ロック史にその名を刻む、Blankey Jet Cityの元ヴォーカリスト&ギタリストにしてメイン・ソングライター。その活躍はもはやここで言及するまでもなかろう。00年5月のグループ解散以降、自主レーベル<SEXY STONES RECORDS>を設立、SHERBETSで荒削りなロックンロールを鳴らし、AJICOではUAとのコラボレートが実現。次々と新境地を切り拓きファンをエキサイトさせた。02年からは新バンド“JUDE”を結成するが、その立ち位置はあくまで自由であり、『FUJI ROCK FESTIVAL'02』では浅井健一名義でステージに立ち話題となった。JUDEやSHERBETSの活動と並行しながら、06年からは本格的に浅井健一名義で活動を開始。敢えて<BMG>というメジャー・レーベルに復帰しファンを驚かせた。だが彼の才能は音だけにとどまらない。ジャケットのアートワークはもちろん、レーベル設立後は画集・詩集・絵本などを次々と出版、個展も開催されるなどマルチな才能を発揮している。もともと汚れ無き純粋な心を歌い続けてきた彼だが、絵や詩などを発表することでますます歌も純化されているような気がする。次はどんなアクションを起こすのか、一番気になる男と言えるだろう。浅井健一オフィシャルサイト
公式サイト(レーベル)

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着